債務整理を依頼するとき失敗しない弁護士・司法書士事務所選びの方法

借金の返済が苦しくなり、実際に債務整理をしたいと思っても、友人や家族に、借金の相談をすることはハードルが高いと感じる方も多いと思います。

借金問題で困ったら司法書士や弁護士に債務整理を依頼して解決するのが一般的ですが、専門家の知り合いがいない場合は、ご自身で信頼できる弁護士事務所や司法書士事務所を探す必要があります。
では、なにを基準に信頼できる事務所と判断すればいいのでしょうか?

中には困っている相談者に多額の費用を請求するような悪徳弁護士が存在することも事実です。
債務整理をする目的は借金生活を立て直し、人生を再スタートさせることです。
結果的に返済が楽にならなかった、借金問題が解決しなかった場合は債務整理に失敗したことになります。
まずは依頼する事務所選びの段階で、気を付けるべきポイントをまとめましたので確認してから相談してください。

債務整理を依頼する専門家を選ぶコツ

債務整理の実績がある事務所かどうか

依頼先の選び方の1つ目のポイントは、依頼する司法書士事務所や弁護士事務所に債務整理の実績があるかどうかをチェックすること。
債務整理を得意とする事務所と債務整理の経験がない事務所があるため注意が必要です。

ホームページを見て、その事務所の強みを確認します。
ホームページを開設しているところでは、得意な分野やどのようなスタンスで業務に応じているかの姿勢が記載されており、得意な分野はその他の分野よりも多くの分量が割かれていることが一般的です。
また、得意分野についてはQ&A形式で情報がまとめられていることもあるでしょう。

依頼者からの問い合わせが多くある分野については、依頼者がどのような情報を求めているかを理解しているので、ホームページ上の情報も充実しています。

どれだけ貸金業者の情報を知っていて交渉力があるかどうか

貸金業者との交渉力があるかどうかも重要なポイントです。
貸金業者の情報を把握していて、債務をどれだけ減らすことができるか、分割回数を増やして月々の負担を軽くできるかなどの知識面だけでなく、実績やノウハウも豊富かどうかをチェックしましょう。

費用がわかりやすいか

弁護士や司法書士に支払う報酬や必要経費をきちんと説明してくれるかどうか確認項目です。
事務所によっては、報酬の総額が分かりにくいところがあります。
着手金や、途中経過の段階で発生する報酬など、報酬体系はさまざまです。
報酬の総額が明確になっている事務所を選ぶようにすればトラブルを未然に防ぐことができます
一括払いなのか分割払いなのかといった支払い方法についても確認しましょう。

杉山事務所に債務整理を依頼した場合の費用を見る

費用が相場と比べて高すぎないか

報酬が適正な金額であるかどうかは、依頼する際に最も気になる点かもしれません。
債務整理の報酬は各事務所で異なります。
適正な相場が存在するのでほかの事務所と比べて極端に高いところに依頼してしまうことのないようしましょう。

たとえば、司法書士連合会の基準だと、任意整理の場合は1件5万円を超える報酬は「不適正かつ不当な額」であるとされています。
債務整理の種類によって、報酬の相場は異なりますのであらかじめ複数の事務所の料金表を見ておくとよいでしょう。
相場を知っておけば、悪質な事務所を避けることができます。

きちんと時間をとって話を聞いてくれるか

実際に足を運んで相談をしてみるのも大事なポイントです。
何人か弁護士や司法書士が在籍している事務所の場合は、その分野に強い人が話を聞いてくれるかどうか、きちんと手続きの流れや費用を説明してくれるかも重要なポイントです。
実際に自分自身が専門家と会って相談することで悪質な事務所を避けることができます。

デメリットやリスクもきちんと説明してくれるかどうか

債務整理のどの手続きを選択すればよいのか。
それぞれの方法を選択した場合のデメリットやリスクを説明してくれるかどうかも、相談者に対する事務所の姿勢が表れる部分です。

債務整理の手続きや解決方法を、分かりやすく親身になって提示してくれるかどうか、自分に合う事務所かどうかが分かります。

依頼したあとの流れやスケジュールを提示してくれるかどうか

依頼した後の流れを事前に説明してくれるかどうかは、スムーズな債務整理には欠かせません。
説明が不十分だと、連絡がないことにストレスを感じてしまうことにもなりかねませんので、事前に全体のスケジュール感を確認しておくのが望ましいでしょう。

相談しやすいか

無料相談ができるかどうかや、メール対応をおこなっているかどうかだけでなく、司法書士や弁護士との相性面の相談のしやすさも重要です。

仕事をしている場合、平日の昼間に相談に行くのは難しいので、利用しやすい時間帯に相談できる体制が整っているかもチェックしましょう。
家から距離がありすぎても、面談に都合が悪いのであまりにも遠方にある事務所は避けた方が無難です。

問い合わせの方法は、ホームページでも電話でも構いません。
気になる点や不明点などを質問することで、債務整理に必要な知識があるかどうかを確認することができます。
依頼することになった場合、自分が利用しやすい連絡手段で意思疎通をはかれるかどうかの確認になるだけでなく、問い合わせに対する反応を見ることで、自分との相性やレスポンスの早さを知ることができます

要望を尊重してくれるか

事務所の利益や都合を優先するのではなく、相談者の要望に真摯に向き合ってくれるかどうかは依頼するかどうかを決める重要なポイントです。
依頼者の状況に合わせた提案をしてくれるかどうかは専門家選びで最も重視する点といっても過言ではありません。

相談者の要望を聞き入れることがむずかしい場合は、納得のできる説明がしてもらえるか、代替案を提示してくれるかが依頼するかの判断基準となります。

まずは直接相談をしてみる

インターネットでもある程度の情報を集めることはできますが、対面に勝る情報はありません。
実際に向き合って話を聞いてみることで理解が深まります。
問い合わせをして印象がよいと感じたところや、気になるところがあれば、直接相談をしてみるのがおすすめです。

選ばない方がいい事務所の特徴

司法書士や弁護士が面談しない事務所

選ばないほうがいい事務所は、先の選び方の対極にある事務所です。
司法書士や弁護士が面談せず、事務員に対応させるようなところは避けましょう。
万が一、債務整理がうまくいかなかった場合でも当事者意識が薄く、責任逃れをするようなことがあるかもしれません。
どのような初期対応をする事務所なのか、よく見ておきましょう。

依頼人の連絡にルーズ・返信が遅い事務所

相談者への連絡、返信の早さは思っている以上に重要なポイントです。
スケジュールや手続きの方法に不明点が出た際に、相談者への連絡、返信が遅い事務所ではスムーズに債務整理を進めることが難しくなってしまいます。
依頼先を選定する段階で、いくつか問い合わせをおこない、事前に問い合わせの体制やその対応を見定めておくことが必要です。

料金体系が明確でない事務所

依頼先の情報収集をする際には、ホームページ上で報酬が明確になっているかもチェックポイントです。
報酬は自由に定めてもいいことになっていますが、相場から大きく離れていないかを確認してください。
いくつかの事務所を比較することで、おおよその相場がわかるでしょう。

契約書を作らない事務所

契約は、双方の合意によって成り立つので厳密にいえば契約書がなくとも成立します。
しかし、報酬額や支払いのタイミングなどはきちんと書面に残しておけば、トラブルに発展することを未然に防ぐことができます。
トラブル防止の観点から契約書の作成は、法律に従事する者にとって基本的な事項なので、契約書を作らない事務所は何か意図があって作成しないのかもしれません。
契約書を作らない事務所は避けてください。

安易に知り合いの事務所を選ばないこと

知り合いに法律の従事者がいるからといって安易に選ぶのは危険です。
法律の分野は多岐にわたるので、弁護士や司法書士といっても、それぞれ得意・不得意な分野があります

知り合いの事務所が債務整理に長けたところであれば問題がないかもしれませんが、そうでない場合はスムーズに債務整理をおこなうことができず、時間や費用を浪費してしまうことになりかねません。

また、人間関係を前提にしたケースでは、契約書などの書面を取り交わさないこともあります。
トラブル防止のための契約書を作成しなかったり、不満があっても言い出しにくかったりすることにつながりますので、安易に知人を選ぶことのないようにしましょう。

サービス業の認識が欠けている事務所

法律の専門家は「先生」と呼ばれる職業です。
しかし、サービス業であることは他業種と変わりません。
これまで挙げてきたような問題点がある事務所はサービス業の認識が欠けていることとほぼイコールです。
依頼者側は法律や実務面だけでなく、総合的なサービスに対する対価として報酬を支払うという意識を持って、事務所にそのような認識があるかを見ていきましょう。

過去に問題を起こしている

過去に何らかの問題を起こしたことのある事務所は、弁護士会や司法書士会から懲戒を受けることになります。
弁護士の懲戒処分の有無は、弁護士懲戒処分検索センターで調べることができます。
注意点は懲戒処分がある場合でも、すべてが悪徳とは限らないということです。

該当ケースが思うように和解されなかった、弁護士との相性が合わなかった、厳しい要求をされた訴訟の相手方など懲戒請求者による個人的な動機が含まれているものもあります。
懲戒内容をよく確認して自分で判断することが大切です。

事務所の探し方それぞれのメリット・デメリット

司法書士や弁護士を探すには、自分で探す以外にも知人の紹介や、役所や弁護士会などが開催している相談会に行く、法テラスで紹介をうけるなど、さまざまな方法があります。
それぞれの探し方にはメリット・デメリットがあるので参考にしてください。

知人の紹介や知り合いの司法書士や弁護士

メリット

知人の紹介や知り合いの司法書士や弁護士を選ぶことのメリットは、次のようなものがあります。

・探す手間が省ける

・事前に人柄がわかる

最大のメリットはなんといっても探す手間が省けることでしょう。
情報収集をしたり問い合わせをしたりして依頼先を探すのはかなりの手間と時間がかかるものです。
知人や知人からの紹介の場合は、そうした事前の作業を大幅に短縮できます。
法律のようなむずかしいケースでは、事前に人柄が分かっている人に依頼できるというのも安心材料です。

紹介の場合は、紹介者に対する信頼がベースとなり、以前から知っているというケースでは、人となりを理解している人に直接依頼できるメリットがあります。
知り合いだからこそ、一層親身になってくれることも少なくないでしょう。

デメリット

一方、次のようなデメリットも考えられます。

・債務整理の実績、専門的な知識があるかわからない

・紹介のため、合わなくても途中で弁護士・司法書士を変更しづらい

法律関係の仕事に従事している人でなければ、業界での強みや弱み、評判などを知ることはほとんどありません。債務整理の実績や専門的な知識があるかどうかは分からないので、依頼先として適任かどうかの判断もつきにくい場合もあります。

知人から紹介を受けたいという場合には、知人にも借金問題があることを知られてしまうかもしれないと不安になるでしょう。
また、途中で司法書士や弁護士を変えたい場合に変更しづらくなるといった可能性もあります。特に、紹介のケースは紹介者の顔を立てるために気を遣うことも考えられます。

役所の市民相談会

メリット

・役所が実施している安心感がある

・無料で相談できる場合が多い

ネットでの情報収集や知人からの紹介などで、弁護士や司法書士が見つけられない場合は役所の市民相談会を利用するという方法もあります。
役所が実施している安心感があり、無料で相談できることも多いので入り口としてはおすすめです。

デメリット

・相談可能な日時が限られている

・時間が限定されているケースが多い

・対応してくれる弁護士・司法書士が誰なのかわからない

・相談できる分野が幅広いため、必ずしも債務整理の実績があるかわからない

・役所で偶然知人に会ってしまう可能性があり、相談に行きにくい

市民相談会は、年に数回、多くて月に1回など相談可能な日や時間が限定されていることが一般的です。
タイミングが合えば上手に利用することもできますが、そのようなケースばかりとは限りません。

対応してくれる人がどんな人なのか分からないことを不安に感じる人もいるでしょう。
債務整理に特化した相談会ではないことが多いので、必ずしも債務整理が得意かどうかも把握できません。
また、相談しているところを知人に見られてしまうかもしれないことを考えると市民相談会を利用しにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。

弁護士会・司法書士会の相談会

メリット

・弁護士会、司法書士会が実施している安心感がある

弁護士や司法書士をまとめる機関が実施する相談会は注目しておきたいところです。
法律の専門家集団が実施する相談会なら、看板となるような人が相談に乗ってくれるのではないかという安心感があります。

デメリット

・相談できる日時、相談料が地域によって異なる

・対応してくれる弁護士が誰かわからない

相談したいタイミングは人それぞれで異なりますし、どんな弁護士や司法書士が対応してくれるのかわからない不安があります。

法テラス

メリット

・国が実施している安心感がある

・弁護士・司法書士費用の立替を受けられる場合がある

安心感という面では、国が実施している法テラスの活用も検討したいものです。
債務整理の相談をする人は資金的な余裕がない人なので、弁護士・司法書士費用の立替を受けられる場合があることも活用のポイントになります。
ただし、費用はあくまで立替のため、解決したあとに返還が必要です。

デメリット

・あくまでも相談の窓口であり、相談する弁護士を紹介されるだけである

・紹介される弁護士の詳細がわからない

法律の専門家に相談する窓口として最適な法テラスですが、法テラスでできるのはどんな解決手段があるのか知ることと、弁護士や司法書士を紹介してもらえるだけです。
具体的な相談は個々の専門家に別におこなう必要があります。
紹介される弁護士との相性などは、自分で直接確かめるしか方法はありません。

自分で探す

メリット

・「相談したい」と思った弁護士・司法書士を選べる

・無料で相談できる法律事務所が多い

・webサイトなどで法律事務所の詳細が事前にわかる

もちろんwebサイトなどを利用して自分で専門家を探すこともできます。
その場合は、相談したいと思うところに直接にアプローチできることがメリットです。

ホームページを開設している事務所は、事前に詳細を確認してから相談に出向くこともできます。
一定の時間まで無料で相談できる事務所も多いので、いくつかの事務所に連絡をして反応を見てみるのもよいでしょう。

デメリット

・探す手間がかかる

・探す時間が必要

この選び方のデメリットは、探す手間がかかることです。
また、時間がかかってしまうと本来の目的である債務整理をすることに影響がでる場合があるので、あわてずポイントをしぼって事務所を探しましょう。
失敗しないための事務所選びのポイントは、「債務整理の実績が豊富」「仕事の姿勢・スピードなどの評判」「弁護士費用、司法書士費用が妥当か」「人柄」の4つです。

事務所や弁護士・司法書士について「わからない」まま相談するのはリスクを伴う

これが「わからない」と債務整理を失敗する

「知人の紹介」、「市役所の相談会」、「司法書士会や弁護士会の相談会」、「法テラス」では、ただ司法書士や弁護士を紹介してくれるだけなので、実際の相談相手となる司法書士や弁護士の実績が前もってわかりません。
相談相手となる司法書士や弁護士について、よくわからないまま債務整理の相談をすることはリスクを伴います。

どの司法書士や弁護士に債務整理を依頼しても同じ結果ではありません。
債務整理は、貸金業者との交渉力、裁判所とのかけひきなどが重要になるので、債務整理の実務経験が豊富かどうかが成功のカギとなります。
すべての司法書士や弁護士が債務整理の実務経験があるかというとそうではないのでご注意ください。

自分で探せば「わからない」リスクは回避できる

自分で司法書士や弁護士を探せば、債務整理の実務経験や実績がわからない相手に相談してしまって不満を感じたり、思うような結果を得られないといったリスクを回避することができます。

これまで、債務整理をする際の弁護士や司法書士を選ぶコツを説明してきましたが、押さえるべきポイントは「債務整理の実績が豊富」「仕事の姿勢・スピードなどの評判」「弁護士費用、司法書士費用が妥当か」「人柄」の4つです。

以上のポイントをおさえて自分で探せば、債務整理の事務所選びで失敗することは少ないでしょう。

債務整理を検討している方は杉山事務所へ相談

今現在、債務整理をすることを検討していて、希望している手続き方法があるという場合も、自分がどの手続きをすればいいのかわからないという場合も一度は弁護士や司法書士など専門家に相談をするべきです。
押さえるべきポイントは「債務整理の実績が豊富」「仕事の姿勢・スピードなどの評判」「弁護士費用、司法書士費用が妥当か」「人柄」の4つです。

ポイントに注意しながら無料相談を利用して、いくつかの事務所へ実際に費用や対応などを聞くために電話をしたり、時間がある場合には実際に事務所に訪問をしてみましょう。

債務整理の専門知識や、法律に関する知識がなければ司法書士や弁護士に一度、相談をしておきましょう。
杉山事務所は月3000件以上の過払い金請求や債務整理に関する相談に対応しており、相談料は無料となっております。
まずは、お気軽にフリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top