アコムの借金を債務整理できる条件、メリット・デメリット完全解説

借金を抱えて支払いが困難になってしまった場合、債務整理をすることができます。債務整理とは、借金問題を解決する手続きで、さまざまな種類があります。

債務整理をおこなう際には、借入れ先の貸金業者によって対応が異なることがあります。そこで今回はアコムで債務整理をおこなった際のメリットやデメリット、条件、手続きの流れや期間などを紹介していきます。

杉山事務所では、アコムの借金でお悩みの方からの債務整理のご依頼を多く承っています。アコムの借金を債務整理しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

債務整理とは?債務整理の種類

債務整理の種類

債務整理とは、おおまかにいうと利息をカットしてもらったり、借金そのものを減額、または免除してもらう手続きのことです。債務整理には大きくわけて「任意整理」「個人再生」「自己破産」という3つの種類があります。

利息を多く払いすぎていた場合、あわせて「過払い金請求」ができることもあります。以下の章で債務整理の種類について詳しく説明していきます。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さずに貸金業者と直接交渉し、利息をカットしてもらい、月々の返済額、返済期間を見直して負担を減らしてもらう手続きのことです。過去に払いすぎていた利息(過払い金)があった場合、借金の減額も可能です。

任意整理は司法書士や弁護士などの専門家に交渉を依頼するのが一般的で、和解が成立すれば返済の負担を減らすことができます。

任意整理は手続きも簡単で、費用も安くおこなうことができるので、一番多くおこなわれている債務整理の方法です。裁判所を通さないので周囲に内緒で借金問題を解決することができます。

任意整理のメリットとデメリットをもっと詳しく知りたい方はこちら

個人再生とは

個人再生は、必要な書類を揃えて裁判所に申し立てをおこなって認められれば、借金の総額をおよそ5分の1程度にまで減額できます。

借金を大幅に減らせるので、任意整理では解決できない多額の借金問題の解決に有効です。自己破産とは違って家や車などの財産が残せるのも大きなメリットといえます。

個人再生も他の債務整理と同様に、司法書士や弁護士などの専門家に依頼して手続きをするのが一般的です。民事再生は個人再生と同様の内容で、対象が法人の場合に利用される手続きのことです。

持ち家をのこして借金を減らせる、個人再生についてもっと詳しく

自己破産とは

自己破産は、手続きをして裁判所から許可が得られれば、金額や借りている貸金業者の数に関係なく全ての借金を0にすることができます。

自己破産は借金の総額と債務者(借金をしている人)の収入や資産を比較して、返済が困難だと判断された時におこなう手続きです。

いくつかある債務整理の中でも、借金が無くなるという点では大きなメリットが得られる選択です。しかし、家(不動産)や車などの資産を所有している場合、破産手続きと共にこれらを手放さなくてはいけないというデメリットもあります。

自己破産したあとどうなる?こちらも合わせてお読みください

過払い金とは

過払い金とは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングやカードローンで借金をした際に、払い過ぎた利息分のことです。

2007年前後まで、消費者金融やクレジットカード会社などは、民事上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられない「グレーゾーン金利」を利用して、利息制限法の上限を超えた額の利息を利用者に請求していました。

その後、法律の改正によって利息制限法の上限を超えた利息をとることは違法とされました。そのため、法改正がおこなわれる以前から借金返済を繰り返していた人は過払い金が発生している可能性が高く、貸金業者に請求することができます。

杉山事務所では債務整理のご相談をいただいた場合、過払い金があるかどうかお調べします。過払い金がたくさんあれば借金総額が大幅に減るケースもあります。

過払い金請求にデメリットはない!過払い金請求の成功術はこちら

アコムの借金を債務整理するための条件

債務整理するための条件

アコムの借金を任意整理するための条件

任意整理は裁判所を通さず直接アコムとの間で交渉をおこないます。特に必要な条件はありません。

ただし、収入が安定していない場合や3年〜5年で確実に返済できる見込みがないと判断された場合は任意整理を断られることもあります。

また借金の額が多すぎて、明らかに整理の計画が立てられない状態では任意整理をおこなうことはできません。

業界最大手のアコムは3年〜5年を超える返済にも対応してくれるケースもあり、基本的には柔軟に対応してもらえます。

アコムの借金を個人再生するための条件

債務整理の中でも大きな減額が期待できる個人再生の場合、債務者(借金をした人)の作成した再生計画案に対し債権者(貸金業者)の許可を得ることが必要になります。

小規模個人再生をおこなうには住宅ローンを除く再生債権額が5,000万円以下であることや、減額された借金を3年〜5年で返済できるかなどの条件を満たしていなければなりません。

アコムの場合も、将来にわたり継続的に返済を続けていける安定した収入があることが条件になります。

アコムの借金を自己破産するための条件

アコムの借金が返済できなくなった時は自己破産で解決することができます。

自己破産は裁判所でなされる債務整理の手続きで、裁判所から支払い能力がないことを認めてもらう必要があります。支払い不能であると見なされるための条件には、返済に充てる財産がないことや、何年経っても完済できない状態であることなど、それ相応の理由が必要となります。

自己破産は裁判所に認められなければならないので、申請したとしても必ずしも借金が免除されるとはいえません。

アコムに過払い金請求するための条件

アコムに払い過ぎていた利息がある場合、過払い金請求をすることができます。

アコムの過払い金請求の対象となるのは、2007年6月以前から取引がある人です。アコムの過払い金請求への対応は良心的で、和解交渉でも80%〜90%の過払い金を取り戻すことができます。また返還までの期間は早ければ和解成立後3ヶ月~とスムーズです。

過払い金の回収率や返還までの期間は、司法書士や弁護士の実績や交渉力によって差があります。アコムの過払い金請求は、月に3,000件の相談実績のある杉山事務所にご相談ください。

アコムの借金を債務整理するデメリットやリスクとメリット

債務整理のメリット・デメリット

アコムの借金を債務整理するデメリットとリスク

アコムに対して債務整理をおこなったときに発生するデメリットとしては、信用情報機関にマイナスの情報が登録されることがあげられます。これは世間で「ブラックリストにのる」といわれるものです。

ブラックリストにのると、一定の期間ですが貸金業者から借入ができなくなり、クレジットカードを持つこともできなくなります。

アコムの借金を債務整理するメリット

アコムの借金を債務整理するメリットは、将来利息の支払いが免除されるだけでなく、借金の元金も減額できる可能性があることです。

また、司法書士や弁護士といった専門家に債務整理の依頼をすると、貸金業者からの執拗な取立てや督促が止まります。督促に追われる不安な日々から解放され、生活の立て直しができます。

債務整理をする借金の中に過払い金があった場合は、借金を減らせるだけでなく、過払い金のほうが多ければその分お金が戻ってくることもあります。

アコムで背負った借金が返済しきれない場合は、債務整理をおすすめします。

アコムの債務整理の手続きの流れと期間

債務整理の期間

任意整理の手続きの流れと期間

任意整理の手続き期間には、およそ3ヶ月から6ヶ月程度かかります。

杉山事務所に任意整理をご依頼いただいた場合、アコムに対して取引履歴の開示請求をしてその情報を元に引き直し計算をします。この時に過払い金が発生していれば過払い金請求も同時におこないます。

将来利息の免除などを含めた減額交渉をして、交渉が成立すれば和解契約を結んで完了です。和解が完了すれば、計画案に基づいて返済が始まります。

個人再生の手続きの流れと期間

任意整理でも借金問題の解決が難しい場合には、個人再生という方法をとります。個人再生にかかる手続き期間はおよそ半年程度です。

個人再生を裁判所に申し立てると、個人再生委員が裁判所から選任され、債務者(借金をした人)と個人再生委員とで裁判所で面談をおこないます。その際に「予納金」という個人再生委員への報酬を支払います。

次に、債権者であるアコムに対して債権調査がおこなわれ、問題がなければ債務者の方から「再生計画案」を裁判所に提出します。ここまで、約3ヶ月程度かかるのが一般的です。

提出した再生計画案の許可が下りると、5週間後あたりで確定します。これで個人再生の手続きは完了し、同時に計画案に沿って返済が始まります。

自己破産の手続きの流れと期間

自己破産も他の債務整理と同様に、司法書士や弁護士に依頼しましょう。専門家に依頼して手続きの開始から免責が確定するまでの期間はおよそ6ヶ月から1年程度が一般的です。

まず、裁判所に自己破産手続きの申し立てをします。その後、借金をした経緯を説明するために、破産尋問を受けるため裁判所に出廷します。そこで、同時廃止事件か破産管財事件かが判断されます。

その後、「支払い能力が乏しい」と認められれば破産手続きが開始となり、裁判所で面接がおこなわれます。

免責が決定し、貸金業者の方から異議がなければ「免責決定書」が送られてきて自己破産手続きが全て完了します。

過払い金請求の流れと期間

アコムに過払い金請求をする場合は、まずアコムから取引履歴を取り寄せ、現行の利息で引き直し計算をおこない、過払い金の算出をします。

過払い金の額がわかったら、アコムに過払い金請求書を送って交渉を開始しますが、話し合いで和解になるケースと裁判までやるかによって期間には差が生じます。

アコムのケースでは、過払い金請求をすると和解に応じた場合は4ヶ月から5ヶ月程度、裁判にまで発展した場合には6ヶ月から8ヶ月程度の期間がかかります。通常、裁判までおこなったほうが取り戻せる過払い金の額は多いです。

アコムの債務整理の弁護士・司法書士選びのポイントとは

司法書士・弁護士選びのポイント

アコムからの借金を債務整理する場合、司法書士や弁護士といった専門家に代行を依頼するのが一般的です。世の中に司法書士事務所や法律事務所は多くありますが、どこの事務所に依頼しても同じではありません。

司法書士や弁護士にも得意分野があるので、債務整理の実績が豊富な法律事務所なのかは最低限チェックしておきたいポイントです。

手続き終了後のトラブルを避ける為にも、面談時に料金プランの確認はしっかりおこなっておきましょう。直接面談して、信頼できる専門家を見極めて依頼先を決定することが大切です。

司法書士法人杉山事務所はこれまでに数多くの債務整理のご相談を承っており、アコムの債務整理の実績も豊富です。経験豊富な司法書士が全国7つの支店に在籍しております。どんな小さなご質問にも丁寧にお答えしますので、どうぞ安心してご相談ください。

アコムとは

アコムとは

アコムとは、三菱UFJフィナンシャルグループの系列の銀行系キャッシング会社です。特徴としてはインターネットからの申し込みが可能で、来店不要で契約することができます。申し込みから審査完了まで最短30分で終わる早さも便利で、利用者を増やしています。

また、アコムには女性専用のフリーダイヤルがあり、女性オペレーターが丁寧に対応してくれるサービスがあります。女性の方でも気軽に利用できるといった特徴があります。

まとめ

ペンを持つ手

債務整理とは、借金の返済が困難になった場合に、返済額を減らしたり借金を0にしたりできる手続きのことです。債務整理には複数の手続きがあり、それぞれに特徴、メリット・デメリットが違うので、個人の状況によって適した方法を選ぶことが肝心です。

司法書士杉山事務所では債務整理のメリット・デメリットを正しく説明し、相談者様の状況に応じて最適な債務整理の方法をご提案しています。

借金問題でお困りの方は、ひとりで悩まず、一日でもはやく杉山事務所にご相談ください。ご相談は無料です。フリーダイヤルまたはメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ
ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top