クレジットカードの借金は任意整理で解決!再びカードを作る方法

クレジットカードでショッピングやキャッシングを利用しているうちに、返済がむずかしくなってしまった場合の対策として任意整理という方法があります。

任意整理は裁判所を通さず貸金業者と交渉して、利息分をカットしたり支払いを延ばしたりすることで毎月の返済額を無理のない金額にしてもらう手続きです。
毎月の支払いは楽になりますが、任意整理をおこなうことで様々な制限がでてきます。

ここではクレジットカードを任意整理する時の注意点、任意整理した後にクレジットカードを作成する方法など、知っておくと役立つポイントについて解説します。

クレジットカードの借金は任意整理で解決できる

クレジットカードと任意整理

クレジットカードの利用で支払いの延滞が目立ってきた、毎月の返済がつらいといった状況があるなら任意整理をするのがおすすめです。

任意整理は他の債務整理とは違い、費用も安めに設定されています。
また、生活が困窮してしまうぐらい返済に困っているという状況なる前におこなう方が適している方法です。

任意整理は借金の元本自体を減らすことはできません。
任意整理で交渉することができるのは将来的な利息をカットすること、毎月の支払額を抑えて返済期間が長くすることです。
そのため、多額の借金で返済できなくなる前におこなうことが適しています。

任意整理をするとブラックリストにのる?

任意整理とブラックリスト

ブラックリストとは

ブラックリストとは通称(俗称)であり、現実にはこのような名称のリストはありません。

実際に存在するのは「信用情報機関」が所有する「事故情報」で、これがブラックリストと呼ばれているものの実体です。

お金を借りたりローンを組んだりクレジットカードを作成したりすると、金融機関が顧客の個人情報を信用情報機関に登録します。
個人信用情報は貸付けやローンを融資する際の審査の材料となります。

信用情報機関の登録情報は金融機関が閲覧できるようになっています。
借金の返済が遅れたり返済が不可能になって債務整理をおこなった場合、登録情報に事故情報が記載され、当然この情報も共有されます。

任意整理をするとクレジットカードが使用できなくなる

債務整理の方法のひとつとして、任意整理があります。
借金が返せなくなった人のための救済制度のひとつですが、任意整理の交渉がまとまると任意整理の情報が事故情報として信用情報機関に登録されます。

信用情報機関に登録されている状況は、返済能力に問題があると金融業者に判断されるので、任意整理をするとクレジットカードは使えなくなります。

それまでに契約したことがない信販会社で新たにクレジットカードを作ろうとしても、審査の段階で信用情報機関に問い合わせされる(事故情報を確認される)ので、クレジットカードは作れません。

任意整理後、借金を完済してから5年ほどが経過しないと、事故情報は削除されません。

任意整理後はローンも組めなくなる

専門家に依頼して任意整理の手続きが完了すると、信用情報機関に事故情報として登録され、一定期間は新たにローンを組むこともできなくなります。

金融機関が審査の際に信用情報機関に照会するため、事故情報を見つけると「返済が遅れる(または返済能力がない)人物だ」と判断するからです。

ブラックリストにのるとクレジットカードが利用できなくなるだけでなく、ローンも組めなくなるので注意が必要です。

任意整理をするといずれどのクレジットカードも使えなくなる

任意整理の対象から外すことでもともと持っているクレジットカードを継続使用することは可能ですが、いずれ利用できなくなります。

任意整理は金融事故であり、返済後5年間事故情報が記載されます。
クレジットカードの審査は発行時のみにおこなわれるわけではなく、会社によっては数週間ごとにおこなっている場合があります。

これを途上与信といい、事故情報が見つかれば更新時期を待たずにクレジットカード会社側から利用停止の手続きがおこなわれます。

債務整理後の現実的な対応としては、デビットカードなどの代替カードの発行となるでしょう。

原則として、任意整理の対象から外す手続きは自動車ローンや住宅ローンなど、交渉の際に資産を手放すことになるものや、勤め先など、金融機関以外からの借金を対象とするものに限られます。

正しいブラックリストの知識を身につけておけば安心!

クレジットカードの任意整理をする時の注意点

クレジットカードと任意整理の注意点

引き落としにしているものは任意整理前に変更する

クレジットカードを任意整理する際に、注意点があります。

ガス代や電気代などクレジットカードで引き落としているものがあれば、任意整理をする前に変更手続きをおこなっておきましょう。
というのも、任意整理することでカードの利用がストップします。そのため、引き落としができなくなってしまいます。

水道代や電気代、ガス代など生活に欠かせないものを引き落としにしている場合は、変更しておかないと代金が引き落とせなくて止められてしまう可能性があります。
任意整理をする前に変更手続きをしておくようにしましょう。

ショッピングローンを任意整理すると購入した商品を引き上げられることがある

クレジットカードでのショッピング枠に関する任意整理をおこなう場合、注意が必要です。
購入した商品に換金価値があれば、任意整理によってその商品を引き上げられることがあります。

その対象となるのはカード会社の判断によりますが、車や家具などの高額商品は対象になりやすいものです。
さらに、たまっているポイントも没収されるので、できれば任意整理の前に使っておくと良いでしょう。

また購入した商品も換金しておくと、没収されることはありません。
換金によって得た現金で任意整理の支払いに充てることもできます。

このように任意整理をおこなう前には、あらかじめできることを挙げておいて対応すると、あとの返済が楽になります。

キャッシング枠とショッピング枠のどちらか一つを任意整理することはできない

クレジットカードの任意整理で気をつけなくてはいけないのは、キャッシング枠とショッピング枠のどちらか一つを選ぶことはできないということです。

つまり、高額商品を購入したショッピング枠だけ残して、キャッシング枠だけ任意整理するというわけにはいきません。

さらにいえば、ショッピング枠は過払い金が発生することはないので過払い金請求ができません。
キャッシング枠に関しては、利息制限法の上限を超えた利息を払っていれば過払い金を請求することができ、借金元本を減額できます。

任意整理後は完済から5年間経つまでクレジットカードは作れない

任意整理するとクレジットカードが作れない?

任意整理は貸金業者との交渉を通じて、支払いを可能にする条件で返済計画の見直しに合意する手続きです。
そのため金融機関では返済の遅延=事故という取り扱いになり、信用情報機関に登録されます。
いわゆるブラックリストにのるといわれる状態です。

ブラックリストにのると、完済後5年間はその情報が消えません。
ブラックリストにのっている状態は、返済能力がない状態であることを意味します。
そのためクレジットカードの申し込み時の審査で、事故情報が見つかることで審査が通らなくなります。

ブラックリストにのる期間について詳しく知りたい方はこちら

任意整理後にクレジットカードを作成する時のポイント

任意整理後にクレジットカードを作るには?

任意整理したところに申し込まない

任意整理をおこなうと信用情報機関に登録されます。
その間クレジットカードを作成することはできませんが、無事に返済を終えて5年が経過すれば、信用情報機関から登録が削除されるので、クレジットカードを申し込めるようになります。

ただし、任意整理をおこなった会社ではクレジットカードは作れません。
信販会社を含む賃金業者は多くの場合、社内ブラックと呼ばれる独自のリストを持っています。

独自のリストとして任意整理をした人の情報を保管しており、半永久的に残ります。
そのため任意整理をした信販会社、あるいはそのグループ会社などでは、クレジットカードが作れません。

またクレジットカードの申し込み履歴も個人信用情報には記載され、審査が通らないことが何回も続くと信用度が下がってしまうことになります。
そういった意味でも、申し込んでも拒否されるところには申し込まないようにすることが大切です。

短期間に複数のクレジットカード会社に申し込まない

任意整理後、完済から5年が経過したからといって、少しでも早くカードを作ろうと複数の会社に申し込みをしないこともポイントです。

先ほども説明したように申し込み情報は個人信用情報に記載され共有されます。
同時に複数のカード会社に申し込むということは、何かしらの問題を抱えていると判断される可能性があります。
場合によっては、短期間で多額のお金を借り入れた後で踏み倒すリスクもあると判断されます。

そのためクレジットカード会社を絞って申し込みをするのがいいでしょう。
一度に複数の会社に申し込むのは、審査担当者の心象を悪くしますので注意しましょう。

信用実績を作る

任意整理をおこなった後は、当然ながら借り入れができないために返済記録もありません。
クレジットカードを作る場合、ある程度の借り入れと信用実績が必要になります。

信用実績がないとなれば、任意整理をおこなったのではないかと思われます。
すると、返済の滞納リスクがあると見なされて、審査が通らないことにもつながります。

それを避けるためには、信用実績を作ることが必要となります。
クレジットカードが作れない状態で信用実績を作るのであれば、携帯電話の支払いを利用しましょう。

一般的に携帯電話は、本体の購入はローンという形になります。
つまり、携帯代を支払うということは、ローンの返済をおこなうことと同じと見なされるので信用実績につながります。

任意整理後にクレジットカードの代わりになるもの

クレジットカードの代用

デビットカード

任意整理をした後でもデビットカードなら作ることができます。

デビットカードは銀行が発行していて、口座に残高がないと使えないカードです。
利用すると口座残高から直接引き落とされるカードなので、ほとんどの会社で審査を必要とせずに作ることができます。

どうしてもクレジットカードの代わりが必要な時には、デビットカードで対応することを検討してみましょう。

ただ、クレジットカードのように後払いができず、即時決済が原則なので口座にお金がないと使えません。
この点については注意しておきましょう。

家族カード

任意整理をしたときには本人のクレジットカードは使えなくなりますが、家族がクレジットカードを作ることはできます。
家族が作ったクレジットカードから家族カードを作ることはむずかしくありません。
家族カードとは本会員がクレジットカードの審査に通れば、家族がクレジットカードを利用できるサービスのことです。

家族カードには審査が要らないので、任意整理をしたあとでもクレジットカードを持つことができます。
家族カードの本会員の信用がある限り、家族カードは利用することができます。
利用限度額は本会員の限度額内のみとなりますので、必要に応じて設定しておくといいでしょう。

家族カードを利用するには家族間の信頼関係が必須ですので、信用を損なわないように利用しましょう。

まとめ

任意整理後のクレジットカードまとめ

クレジットカードを任意整理すると、完済から5年ほどはブラックリストにのってしまいます。
そのためクレジットカードの利用はもちろんのこと、ローンも組めなくなります。

特定のクレジットカードを任意整理から外すことは可能ですが、基本的にはどのカードも利用できなくなります。

クレジットカードを任意整理する際は、引き落としがある場合は銀行口座からの引き落としやコンビニ払いに変更しておきましょう。

新たにクレジットカードを作りたい時は、完済から5年後以降になりますが、任意整理した会社以外であれば審査に影響はないでしょう。
その際、複数の会社には申し込まないようにしましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ
ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top