プロミスの借金を減額できる!債務整理のデメリット・メリットを分析

プロミスを利用しているうちに借金が増えてしまい、返済が困難になっていませんか?
返済がどんどん遅れてしまうと遅延損害金も増えていき、督促が続くことも精神的に大きな負担になっていきます。

そんな場合は、債務整理をすることで解決することができますが、貸金業者によって債務整理の対応が違う場合があります。
プロミスの借金を債務整理する場合、どうなのでしょうか。

プロミスに対して債務整理をおこなう場合のメリットやデメリット、債務整理の手続きの流れ、条件について解説します。
プロミスの借金でお悩みの方、債務整理を検討している方は参考にしてください。

債務整理について

債務整理とは

任意整理とは

任意整理とは、債務整理の手続きの一種で、裁判所を挟まずに貸金業者と直接交渉をして将来利息の免除や月々の返済額の減額、分割回数などを話し合うという方法です。

そのため借金の元本そのものは減らすことはできないものの、毎月支払う返済額の負担を軽減することができ、完済までのめどがたてられます。

メリットとして複数の貸金業者から借金をしている場合には任意整理の対象を選ぶことができます。

また、過去に返済したなかで利息を多く払いすぎていた場合、過払い金が発生していることがあり、同時に過払い金請求をすることによって借金の元本を減額できます。

月々の返済がラクになる「任意整理」とは

個人再生とは

個人再生では、現在の借金が返済困難であると認められた場合、借金総額を3分の1から5分の1まで減らすことができます。
減額した借金を3年から5年かけて分割で返済する交渉をするものです。

個人再生の最大のメリットは、住宅ローンを対象外にすることができるというところです。
自宅を守りながらその他の借金を大幅に減額することができます。

借金額が大幅に減らせる「個人再生」を詳しく知りたい方はこちら

自己破産とは

自己破産は、借金の返済が困難であること・財産がないことなどを裁判所に認めてもらうことで、全ての借金を免責してもらう手続きです。

簡単にいってしまえば借金の返済義務が一切なくなります。
住宅や車などの財産を手放す代わりに返済の負担を一気に解消することができるところが特徴です。

すべての借金がなくなる代わりにデメリットも多い手続きなので、利用する場合には内容をしっかり把握した上で手続きをすることが重要です。

借金を0に、生活を再スタートする「自己破産」について詳しく

過払い金とは

過払い金とは、簡単にいうと貸金業者に払いすぎてしまった利息のことをいいます。
たいていの場合、債務整理をおこなうと同時に過払い金があるかどうか調べます。

過払い金が発生していた場合、貸金業者に過払い金請求することによって借金返済に充てることができます。

また、すでに借金を完済している場合にも過払い金が発生していることが判明すれば、請求することができます。
特に長期間にわたって借金の返済をしている・していたという人は、過払い金がないかどうか調べることをおすすめします。

払い過ぎた利息を取り戻す「過払い金請求」とは

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の債務整理の条件や基準

プロミスの債務整理

プロミスの任意整理の条件

特にむずかしい条件がないため、債務整理の中で最も利用しやすいのが任意整理です。

将来にかかる利息をカットしてもらい、元本のみを原則3~5年で返済していく計画のもと和解交渉をしていきます。

そのため返済能力がないとプロミスは交渉に応じません。プロミスへの債務が高額であればあるほどむずかしいでしょう。
さらに一度も返済していない場合や取引期間がわずかしかない場合、安定した収入がない場合も同様です。

それから、任意整理には法的効力ありません。貸金業者の中には会社の規則で応じられないというところもあります。

プロミスの個人再生の条件

特則を適用することで、任意整理と同じく家を手放さずに減額できる債務整理が個人再生です。

こちらも3~5年で完済していく計画を立てるので、継続収入のない人は利用出来ません。
住宅ローン以外の債務が5000万円以下であればプロミスで個人再生手続きができます。

個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生があり、大きな減額が望める前者を選択するのが普通です。

しかし、債権者(貸金業者)の過半数が反対すると許可が下りません。
会社の方針で異議を出すところもあります。このような場合は、給与所得者等再生を選ぶべきか熟考することが必要です。

プロミスの自己破産の条件

自己破産の申立てができるのは、返済能力がないことが条件です。
裁判所は申立人の財産やプロフィール、給料などを総合的に判断して返済能力の有無を確認します。
返済能力なしと認められればプロミスも受け入れるしかありません。

借金の免責を認めてもらうことをゴールにして、破産手続きと免責手続きの二つを並行して進めていきます。

破産手続きは現金に換えられるものは処分するという手続きで、お金は貸金業者に配当されます。
免責手続きは借金をゼロにするのが妥当かどうかを見極める手続きです。

プロミスの過払い金請求の条件

債務整理中に過払い金があることが分かれば、過払い金請求ができます。

プロミスでは2007年12月19日以降の新規契約は金利の上限を17.8%までと引き下げましたが、それ以前に借りていた人は高い金利だったので過払い金請求が可能です。
プロミスに2007年以前から長期間、借りたり返したりを繰り返している人ほど多額の過払い金が発生している可能性があります。

プロミスの過払い金請求の場合、裁判を起こさずに直接交渉したケースでも、対応は良好で9割ほど支払ってくれます。
裁判を起こす場合は利息付きで満額回収できる可能性があります。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の債務整理のデメリットやリスクとメリット

プロミスの債務整理のデメリット

プロミスに債務整理をするデメリットとリスク

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されます。俗にブラックリストにのるといわれるものです。

信用情報機関に事故情報が登録される期間は任意整理で5年、自己破産で10年です。
その間は新規の借入れができません。
ローンを組むことやクレジットカードも利用できなくなるので、現金払いの生活になることを頭に入れておきましょう。

5~10年たてば登録は削除されるのでローンやクレジットカードの審査に影響はなくなります。

登録期間が過ぎたあとでも、プロミスに一度債務整理をすると、プロミスからの借り入れができなくなる可能性があります。

またプロミス関連会社にブラックリスト入りした情報がプロミス関連の会社に届いているので、関連会社のカード作成・利用ができない可能性も高くなります。

プロミスに債務整理をするメリット

プロミスに債務整理をする場合、専門家に依頼した段階で、専門家からプロミスに受任通知を送付します。

これによりプロミスからの督促・取り立てが止まります。精神的に追い詰められることがなくなり、平穏な生活を取り戻せます。

また債務整理を依頼すると、過去に余分に支払った過払い金があるか調べてもらえます。
過払い金があった場合は返還請求ができます。

債務整理の何よりのメリットは、借金の利息カット、減額、免除をすることができるので、先の見えない借金問題から解放され、生活を立て直すことができることです。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の債務整理の手続きの流れと期間

プロミスの債務整理の手続きの流れ

任意整理の手続きの流れと期間

任意整理とは、裁判所を通さずに当事者間(債権者・債務者)の交渉で利息をカットしてもらったり返済計画を見直す手続きです。

任意整理をする場合は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが一般的です。
面談や相談を通して専門家と委任契約を結んだあとは、プロミスとの連絡や交渉は全て専門家が代理でおこないます。

専門家は初めに、すべての借金の借入れ履歴の情報を収集します。
過払い金があればその分を減額して、借金額を確定します。

借金総額に対して、債務者の現在の収入等を考慮して返済計画を立て、プロミスと交渉を重ねて和解を成立させます。

和解成立後、支払い開始となりますが、初めの相談から支払い開始まで、3~6か月です。
裁判所を介さないので、比較的短期間でできる手続きといえます。

個人再生の手続きの流れと期間

個人再生とは、借金を5分の1程度に大幅圧縮する手続きです。
専門家に相談し委任契約を結ぶことから始まり、その後裁判所に個人再生の申し立てをします。

申立書が受理された後、裁判所から選任された個人再生委員が手続きを開始すべきかの意見書を裁判所に提出します。

その意見書をもとに裁判所が認めて初めて、個人再生手続き開始の決定がなされます。
ただし、個人再生委員を選任しない裁判所もあります。

手続き開始後、借金額の調査と確定をしたうえで、弁護士や司法書士が再生計画案を作成します。
それに対して裁判所の認可が出たら、その計画案に沿って支払いが開始されることになります。

申し立てから支払い開始までの期間は、4か月から半年ほどですが、再生委員を選任しない場合は、約100日と短くなります。

自己破産の手続きの流れと期間

自己破産とは、持ち家などの財産を失うかわりにすべての借金をゼロにする手続きで、これも専門家への相談・委任(依頼)から始まります。

裁判所に自己破産の申し立てをおこない、裁判官の面接を受けます。
その後、破産手続きの開始決定が出され、破産管財人が選任されます。
破産管財人は、破産者の財産を換金して貸金業者に弁済する手続きをします。

破産管財人の選任後、管財人面接・債権者(貸金業者)集会で、免責すべきかの調査や意見陳述をします。
債権者集会から1週間ほどで、裁判所から免責許可の決定がなされ、さらにそこから1か月して、免責が法的に確定します。

自己破産手続きに要する期間は、半年から1年と長期間になりますが、申立人に一定以上の財産がない場合には、同時廃止という簡易な手続きもあります。

過払い金請求の流れと期間

過払い金とは、ひとことでいえば払い過ぎた利息のことです。
払いすぎた利息を取り戻す手続きを、過払い金請求といいます。
過払い金請求も一般的には専門家への相談から始まり、依頼を受けた司法書士や弁護士が手続きを進めることになります。

プロミスの過払い金請求の場合、まずプロミスから取引履歴を取り寄せます。

次に取引履歴をみながら利息制限法に基づく法定金利への引き直し計算をして、いくら払い過ぎているかを調べます。

過払い金の額がわかったら、プロミスに返還請求をして交渉を始めることになります。

任意交渉(話し合い)でプロミスが返還に応じてくれれば、双方で合意書を取り交わし、過払い金が返還されることになります。

プロミスへ過払い金請求をした場合、和解まで大体2か月~3か月かかります。
任意交渉で解決しない場合は訴訟(裁判)となり、半年以上の期間が必要となります。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の債務整理の弁護士・司法書士選びのポイントとは

プロミスの債務整理の専門家選びのポイント

債務整理を依頼する際は専門家選びが重要になります。

弁護士であれ、司法書士であれ債務整理を専門としていて実績が豊富であること、プロミスと交渉した経験がある事務所を選ぶようにしましょう。

ホームページに債務整理について詳しく書かれているかを確認すると、判断しやすいでしょう。

さらに債務整理にかかる諸費用について、明確に公式ホームページなどに明記してある事務所を選ぶこともポイントのひとつです。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)について

プロミスについて

プロミスとは、三井住友フィナンシャルグループの子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの運営する消費者金融のブランド名です。
以前はプロミス株式会社という社名でしたが、平成24年に三井住友フィナンシャルグループの子会社になったのに合わせて社名がSMBCコンシューマーファイナンスに変更されています。

プロミスのキャッシング限度額は最大で500万円、利率は4.5%~17.8%という一般的な数字ですが、WEBサービスに力を入れていて、カードなしでカードローンを利用可能などといった独自のサービスを展開していることが特徴です。

まとめ

プロミス債務整理まとめ

債務整理とは借金問題を解決する方法です。
プロミスで債務整理を考えている場合は、それぞれに条件や基準があるので自分に当てはめて考えるといいでしょう。
メリットやデメリットも考慮しながら、自身にとって最適な債務整理の方法を選びたいところですね。

司法書士法人杉山事務所では、プロミスの借金でお悩みの方も多くいらっしゃいます。
プロミスとの債務整理の交渉は解決実績豊富な杉山事務所にお任せください。
相談者お一人お一人に適した方法をアドバイスしています。
ますはフリーダイヤルまたはメールフォームから無料相談をご利用ください。

借金問題は遅くなれば遅くなるほど悪化します。一人で悩まず、一日でも早くご相談ください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ
ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top