エポスカードの借金を債務整理する前に知りたいデメリットとメリット

エポスカードで借入れをおこない、返済に困っている方はいませんか?

「借りたものは返すのが当然、と考えて頑張って返済してきたけれど、生活が苦しくてどうにもならなくなってしまった…」

そういう方のために、問題を解決する手段として債務整理があります。

ここでは、債務整理とは何なのか、メリットだけでなく、どういったデメリットやリスクがあるのかを紹介します。

債務整理をする前に、正しい知識を身につけておけば、安心して手続きを進められます。
エポスカードを債務整理する場合のポイントについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

借金に困った時の解決策、債務整理とは

エポスの債務整理とは

債務整理とは借金を返済できなくなってしまった人のための解決策です。
簡単にいうと、利息をカットしてもらう・借金を減らす・なくす・取り戻すという4つの方法があります。

任意整理とは

任意整理とは、債務者(借入れした人)と債権者(貸金業者)の間で交渉し、利息をカットしてもらったり、月々の返済額や分割回数を見直したりして、返済の負担を減らす方法です。

整理したい貸金業者を選ぶことができ、裁判所を介することもないので債務整理の中で最も多い手続きです。

貸金業者との交渉は一般的に弁護士や司法書士など法律の専門家が代理でおこないます。
最終的な返済額が確定するまでは、元金も利息も払う必要がありません。

国の機関誌「官報」への掲載もなく、会社や家族にも知られずにすみます。

ただし、信用情報に金融事故情報が登録されるため、新たな借金はできません。
俗に「ブラックリストにのる」といわれるものですが、完済後5~7年ほどは新規のクレジットカードの発行もできません。

個人再生とは

個人再生とは、債務整理の一つで借金を大幅に圧縮できる手続きです。
3年~5年間で返済可能な金額(3分の1~5分の1程度)まで減額することができます。

利息だけでなく借金の元金そのものを大幅に減らす手続きですが、3年~5年で完済するのを原則としているため、継続的な収入がなければできません。

国が定めた「民事再生法」という法律に基づき、裁判所を介して弁護士や司法書士が代理で手続きをおこないます。

一定の条件を満たせば財産(自宅や車など)を守ることが可能ですが、住宅ローンは減額できません。

官報と個人信用情報には個人再生したことが掲載されます。
完済後7年ほどの間は新たな借入れやクレジットカードの利用ができません。

また、連帯保証人がある場合は、保証人に督促がいくので注意が必要です。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に申立ててすべての借金の支払い義務を免除してもらう手続きです。

債務整理の中でも、財産がなく収入が不足し返済見込みが立たない人など、最終救済手段といえます。
ただし、ギャンブルの借金など、理由によっては免除されないこともあります。

借金をゼロにする代わりに、原則として20万円以上の財産(自宅や車、生命保険の解約金など)は差し押さえられ、現金化して貸金業者に支払われます。

申立て後は、一定期間、長期間の旅行や引っ越しが制限され、職業や資格の制限も生じます。
官報や個人信用情報には自己破産したことが載ります。
手続き後、約10年間は新たな借入れやローンの申請、クレジットカードの利用はできません。

さらに、連帯保証人には免除がありませんので気をつけてください。

過払い金とは

過払い金とは、本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者に払い過ぎたお金のことです。

利息の上限は「利息制限法」という法律で定められていますが、2008年より前はこの法律よりも高い利息で貸し付けしている貸金業者がほとんどでした。

アコムやレイクなどの消費者金融だけでなく、エポスカード(マルイカード)などのクレジットカードのキャッシングでも過払い金が発生している可能性があります。

過払い金がある場合は、貸金業者に返還請求ができます。
これを「過払い金請求」といい、時効は完済した日から10年です。

過払い金があった場合、借金が減額できます。
過払い金の額が借金額を上回れば、残りのお金は手元に戻ってきます。

エポスカードの債務整理の条件や基準

エポス債務整理の条件

任意整理の条件

任意整理は賃金業者との直接交渉になるため、エポスに和解案を認めて貰えれば基本的に条件はありません。

任意整理では、エポスと交渉して利息をカットしてもらい、過払い金が発生していれば借金を減額してもらいます。
過払い金で借金がゼロにならない限り、残った借金を返済していくことになるので、無収入の人が利用するのはむずかしい手続きです。

エポスカードは良心的であり、任意整理で5年~8年程度かけて分割することを認めてくれるケースが多いのですが、この期限内に返済できないほど借金が膨れ上がっている人は利用できません。

任意整理のメリットとデメリットを詳しく知りたい方はこちら

個人再生の条件

小規模個人再生の場合、債権者(貸金業者)の同意が必要となります。
同意の上で継続的で安定した収入があり、住宅ローンを除いた借金総額が5,000万円以下であることが個人再生をおこなう最低限の条件です。

エポスカードは比較的柔軟に対応してくれる賃金業者なので、3年~8年以内に借金を返済できるかが重要となります。

借金返済に8年以上かかる場合は、個人再生を利用するのがむずかしいかもしれません。
詳しい専門家に相談し、充分話し合った上で決めることが重要です。

持ち家をのこして借金を減らせる、個人再生についてもっと詳しく知りたい方は

自己破産の条件

自己破産は安定した充分な収入がある場合は手続きできません。
なぜなら借金が返済できる状態であるにも関わらず、借金をゼロにするのは賃金業者が損をするからです。

支払い不能状態であることを裁判所で認めて貰う必要があります。
収入が充分でない、無収入であるなど、今後の借金返済がむずかしい状態にあることが自己破産をおこなう条件です。

自己破産したあとどうなる?借金がなくなる自己破産について詳しく知りたい方は

過払い金請求の条件

2007年よりも前、または2007年前後にエポスカードでキャッシングをしていた人は過払い金が発生している可能性があります。

エポスカードは2007年まで法定利息の上限を超えた27%という高い金利で貸し付けをおこなっていたので、長く取引がある人ほど多額の過払い金を受け取ることができるかもしれません。

エポスカードは債務整理や過払い金請求に対して比較的柔軟に対応してくれる業者です。

払い過ぎた利息が戻ってくる!過払い金請求の成功術はこちら

エポスカードの債務整理のデメリットとメリット

エポス債務整理デメリット・メリット

エポスカードに債務整理をするデメリットとリスク

債務整理をすると、信用情報機関に債務整理をした事実がマイナスの情報として登録されます。
このマイナス情報がのっていると、返済能力がないと見なされるので、新たな借入れやローンの申請、クレジットカードの利用ができなくなります。

この状態を世間では「ブラックリストにのる」「ブラック入り」といっているのです。

ブラックリストにのっている期間は一般的に任意整理で5年、個人再生で7年、自己破産で10年といわれています。
その期間を過ぎれば、新たな借入れやクレジットカードの審査に影響はなくなります。

ただし、エポスカードに過払い金請求して、過払い金で借金が完済できれば、ブラックリストにのることはありません。

一度エポスカードで債務整理をおこなうと、一定期間を過ぎてからまたエポスカードを作成しようとしても作れなくなる可能性があります。
これはブラックリストの影響ではなく、株式会社エポスカードが自社で債務整理をした利用者を記録しているためといわれています。

エポスカードに債務整理をするメリット

エポスカードの借金を債務整理することは、メリットもたくさんあります。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した時点で、毎月悩まされていた督促が止まります。
家計を圧迫していた返済が一時的にストップするので精神的に楽になり、その間に生活を立て直す準備をすることができます。

今は借金で首が回らない状態だとしても、債務整理をおこなえば借金の減額や免除が可能です。
毎月無理な額の返済に追われることがなくなるので、精神的にもゆとりが生まれます。

いつまで続くのか先の見えなかった借金の返済生活も完済のめどが立てば、終わりが見えます。
借金の返済で苦しむ生活から抜け出し、新たな生活へと踏み出すことができるでしょう。

もし過払い金があれば、借金が減る・完済できるだけではなく、お金が手元に戻ってくるケースもあります。

エポスカードの債務整理の手続きの流れと期間

エポス債務整理の流れと期間

任意整理の手続きの流れと期間

任意整理の手続きにかかる期間として、一般的には3ヶ月から6ヶ月程度必要といわれています。

まず、弁護士や司法書士といった専門家に依頼をし、エポスカードに「受任通知書」が届くと依頼者への催促がとまります。

次に、エポスカードに取引履歴を開示してもらい、過払い金の計算(引き直し計算)をし、その結果を元に、借金の減額交渉をします。
過払い金がなければ借金の元本は減りませんが、将来利息や遅延損害金のカットを交渉します。

合意されれば和解成立として、任意整理が完了します。完了したら、合意書を元に借金の返済がスタートします。

個人再生の手続きの流れと期間

個人再生の手続き期間は4ヶ月から半年ほどかかるのが一般的といわれています。
マイホーム特則を利用するのであればさらに1ヶ月程度期間がかかります。

裁判所に個人再生の申し立てをおこなったら、面接を受け、借金のいきさつや現在の経済状況などを伝えます。

それから貸金業者側の書類が提出され、異議申し立てがなければ、債務者側から再生計画書を裁判所に提出して、認められれば「個人再生」が完了します。

自己破産の手続きの流れと期間

自己破産手続きに要する期間は、一般的に半年から1年ほどかかります。
早いケースだと3ヶ月ほどといわれていますが、借金の額や状況などによっても大きく異なります。

弁護士などの法律の専門家に依頼して、裁判所へ手続きを申請するまでにおよそ3ヶ月程度かかります。
申し立てた後は、裁判所へ出廷までに1ヶ月程度必要です。

ここで同時廃止事件か小額管財事件かによって期間に開きがあります。
同時廃止事件であれば比較的スムーズに進み、小額管財事件として扱われれば期間が長くなります。

裁判所で「審尋」がおこなわれ問題がなければ免責許可が下りて手続きが完了します。

過払い金請求の流れと期間

エポスカードでの借金返済が長期に渡っている場合、過払い金が発生している可能性があります。

まずはエポスカードから取引履歴を取り寄せて、過払い金額を明らかにするために引き直し計算をおこないます。
過払い金の額が明らかになったら、過払い金返還の交渉をします。交渉の成立までは2ヵ月程度かかります。

話し合いによる交渉が不成立で訴訟(裁判)にまで発展した場合は、さらに過払い金の回収に期間を要します。

エポスカードについて

エポスカードについて

エポスカードとは、株式会社丸井グループの子会社である株式会社エポスカードが発行するクレジットカードです。
丸井の店頭やカードセンターで申し込むことができます。2006年までは「赤いカード」や「マルイカード」と呼ばれていました。

エポスカード自体は丸井グループ内でショッピングのみに利用できるハウスカードです。
丸井グループ以外でのショッピングやキャッシングサービスを利用するためには、VISAブランドが付帯したエポスカードVISAに切り替える必要があります。

まとめ

エポスカード債務整理まとめ

エポスカードは他社のカードより優待機能が多く、手数料無料で定額からキャッシングできるとあって、OLや主婦の方にも多く使われているカードです。
しかし、手軽かつ高い利便性は、使い過ぎに繋がることもあります。

借金返済が困難になってしまった方は、ここでお伝えしたエポスカードの債務整理をするときの条件やメリット・デメリットを参考にしてください。

できるだけ、デメリットを少ない方法を選びたいところですが、何より大事なのは生活の再建です。

借金問題でお悩みの方は、この記事を参考に、一日でも早く専門家に相談することをおすすめします。
司法書士法人杉山事務所は、債務整理のご相談を専門に承っております。
ご相談は無料ですのでお気軽にフリーダイヤルまたはメールフォームからお問い合わせください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ
ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top