三菱UFJニコスに返済できない!債務整理して借金を減らす方法は

借金に困っている方にとって、助けになるのが債務整理です。
債務整理とは、返せなくなってしまった借金について、利息をなくしてもらう交渉をしたり、借金を減額してもらう手続きです。

三菱UFJニコスなど、クレジットカードのキャッシングを利用しすぎて返済できなくなってしまった場合にも債務整理で解決することができます。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがありますが、それぞれ手続き期間やメリット・デメリットに違いがあります。
ここではそれぞれの特徴について解説します。
自分にとってどの方法が最適なのか判断するためにも、それぞれの違いを把握しておきましょう。

借金問題でお困りの方、自分にとってどの債務整理の方法が向いているのかわからない方は杉山事務所の無料相談もあわせてご利用ください。

債務整理には4つの方法がある

債務整理の種類

任意整理は月々の返済額を減らせる

任意整理とは、借金の利息をカットし、毎月の返済額を減らすことができる債務整理の方法です。

任意整理は裁判所を通さず、貸金業者と直接交渉を進めるのが特徴です。
任意整理をしたい貸金業者を選ぶことが可能なため、保証人がついている借金や住宅ローンなどをはずすことができます。

任意整理は周りの人に内緒で手続きができます。
借金をしていることを秘密にしている人は、周囲にバレないというメリットがあります。

任意整理は基本的には利息をカットするだけで元本自体を減らせるわけではないため、大幅な減額をしたい人にとっては不向きな債務整理方法といえます。

ただし、過去に返済したなかで払いすぎた利息(過払い金)が発生していた場合は、借金の元本を減らすことができます。
多額の過払い金が発生していた場合、それで借金を完済できたり、さらに手元に戻ってくるケースもあります。

個人再生とは

個人再生とは、裁判を通して手続きをおこなう債務整理方法の1つです。
100万円以上5,000万円以下の借金があった場合、個人再生を利用することが可能です。
3分の1~5分の1ほどに元本を減らし、毎月の支払いにかかる利息もカットできます。

自宅を担保にする必要がないため、家を残したまま借金を減らすことができるというメリットがあります。
ただし複雑な手続きが必要で、継続的に安定した収入があることが条件になります。

自己破産とは

自己破産は、すべての借金を帳消しにすることが可能です。
ただし、家や土地などお金に変えられるものは差し押さえられてしまいます。

また、信用情報機関に登録される(ブラックリストにのる)期間がほかの債務整理に比べると長いのも特徴です。
借金の返済の目処が立てられず、切羽詰っている人が利用する最後の手段といえるでしょう。

自己破産には、同時廃止と管財事件の2種類があります。差し押さえられる財産があるかどうかで分けられます。

過払い金請求とは

過払い金とは、過去に支払い過ぎていた利息のことです。
貸金業者に過払い金請求をおこなうことで、返還してもらえます。

2007年以前から借金をしていて完済した人や、現在も支払いを続けている人が過払い金を受け取れる可能性が高いです。

法定利息の上限で計算し直して、差額が過払い金となり、残りの借金の元本を減らすことができます。
残りの借金よりも多かった場合、手元にお金が戻ってきます。

ちなみに、過払い金請求の時効は完済した日から10年です。
借金を返済し終わって10年以上経過していると、過払い金は受け取れなくなります。

三菱UFJニコスの債務整理の条件・基準

債務整理の条件

任意整理の条件

ニコスで任意整理をする場合は、継続的に収入があることが大切です。
減額された債務(借金)を決められた年数で返せないようであれば断られるでしょう。

ニコスでは分割返済回数を60回にしてくれることもある上に、債務が100万以上の場合は100回でも認めてくれます。

ただし将来利息のカットが基本で元本は減りませんので、任意整理後に返済できる継続した収入が必要になります。
そのため収入がない人は手続きをおこなうことができません。

またニコスは問題ないと予想できますが、貸金業者の一部では任意整理に応じない決まりを設けている会社もあります。

個人再生の条件

個人再生の条件は住宅ローンを除く債務が5,000万円以下の場合で、住宅ローン特則を使えばマイホームを処分せずに手続きができます。

個人再生は借金を5分の1まで減額することが可能で、原則3年・最長5年の返済計画を裁判所に提出します。

もちろんこの年数で返済不可能であれば個人再生は認められないため、継続的な収入は不可欠です。

この個人再生は正確には小規模個人再生という手続きになり、債権者(貸金業者)のうち過半数が反対すると不許可になります。
その可能性が高い場合は給与所得者等再生という手続きも視野に入れますが、大幅な減額は望めません。

自己破産の条件

返済能力がないことが自己破産の条件になります。
借金の理由がギャンブルや浪費ではないことも条件です。

自己破産も裁判所に申し立てる手続きですが、破産手続きと免責手続きの2種類があります。
破産手続きで財産処分の上、換金返済を、免責手続きで借金全ての免除を申請します。
免責が裁判所に認められればニコスも断ることはできません。

なお、手元に残せる財産は20万円以下のもののみになります。

過払い金請求の条件

ニコスで2007年以前にキャッシングを利用していたことがある場合、過払い金が発生している可能性があります。
ニコスに取引履歴を請求して、引き直し計算(過払い金の計算)をして過払い金が発生していた場合、過払い金請求できます。

ニコスに限らず、クレジットカードでは過払い金が発生するのはキャッシングの利用のみで、ショッピングに利用していた場合、過払い金は出ません。

NICOSカードやDCカード、マイベストなど、複数のカードを持っている人は漏れがないように請求しましょう。

ニコスの過払い金請求の対応は良心的とされており、請求者が専門家でも個人でも取引履歴の内容が変わらない上に、引き直し計算もしてある状態で送ってくれます。
直接交渉では100%返還はむずかしいものの、裁判を起こせば100%にプラスα(5%の過払い金利息)の返還が期待できます。

過払い金請求自体は自分でやることも可能ですが、借金が残っている場合は債務整理と同時に過払い金請求をすることになるので、司法書士や弁護士などの法律の専門家に任せたほうがいいでしょう。

三菱UFJニコスの債務整理のデメリットとメリット

三菱UFJニコスの債務整理メリット・デメリット

ニコスに債務整理をするデメリットとリスク

ニコスからの借入れを債務整理することで信用情報に登録され、ニコスを含むすべてのクレジットカード類の新規発行ならびに貸金業者からの新たな借入れは一定の期間できなくなります。

また、ニコス特有のデメリットとして挙げられるのは、一部のカードだけを対象にできないことです。
ニコス関連の複数のカードを所持していた場合、すべてのカードが解約扱いになるので注意が必要になります。

ニコスに債務整理をするメリット

ニコスでの借金を債務整理すると、借金を減額もしくは免除することができます。
債務整理の種類によっては全額免除できる可能性もあるため、借金に苦しむ生活をリセットして生計を立て直すことが可能です。

また、弁護士や司法書士に代理人を依頼することで発生するメリットがあります。
それは、「取り立てや督促を止めることができる」ということです。返済が滞っている方にとっては非常に大きなメリットなります。

債務整理の手続き中に過払い金が発覚した場合は逆にお金が戻ってくる可能性もあります。

三菱UFJニコスの債務整理の手続きの流れと期間

債務整理の手続きの流れと期間

任意整理の手続きの流れと期間

任意整理は、利用者と三菱UFJニコスとの「交渉」であるということが最大の特徴です。
他の債務整理と違って裁判所を通す法的措置ではないため、手続きも簡単で済みます。

しかし、個人で交渉をおこなうことはむずかしいため、まずは弁護士や司法書士などの専門家に依頼するという流れになります。

依頼を受けた専門家はすぐに三菱UFJニコス宛に受任通知を送付します。
受任通知を受け取った貸金業者側は直接本人と連絡が取れなくなるので、督促が停止します。

その後、債務者(借金をした人)の代理人として、専門家が取引履歴の開示請求や引き直し計算をおこなったうえで、和解に向けて三菱UFJニコスと交渉をするという流れになります。
専門家への依頼から和解までの期間はおおよそ3~6ヶ月程度です。

利息をなくして返済がラクになる「任意整理」についてもっと詳しく

個人再生の手続きの流れと期間

個人再生の場合は、裁判所に申立てをおこなうために任意整理に比べて手続きに必要な期間が長くなります。
書類の準備にも時間が必要なため、弁護士などに依頼してから申立てをおこなうまでに1~2ヶ月程度の期間が必要です。

裁判所によっても期間が異なることにも注意が必要です。
例えば東京地裁の場合は、申立てから開始決定まで1ヶ月程度かかります。
最終的に裁判所が許可を決定する「再生計画の許可決定」までは、おおよそ6ヶ月の期間が必要です。

大阪地裁の場合はこれよりも早く、個人再生の申立てを裁判所におこなってから再生計画の許可決定が下りるまではおおよそ100日です。

住宅ローン以外の借金を大幅に減らせる「個人再生」についてもっと詳しく

自己破産の手続きの流れと期間

自己破産の手続きをおこなう場合は、弁護士に依頼してから裁判所に自己破産を申し立てるまで3ヶ月程度の準備期間が必要です。
資産目録などの準備のほか、2ヶ月分の家計簿が必要などの理由があるためです。

裁判所への申立てから開始決定までは、おおよそ1週間~1ヶ月程度をみておく必要があります。
東京地裁のように「即日面接制度」を設けているところは早いでしょう。

開始決定から免責決定までの期間は、「同時廃止」か「小額管財」かによって異なります。
同時廃止の場合は2ヶ月程度先に免責審尋期日を設定され、問題がなければ1週間程度で免責決定が下ります。

小額管財の場合は、2~3ヶ月後に債権者集会(貸金業者側が集まる集会)が開かれます。
問題が無ければ免責決定が下りますが、債権者が納得しない場合は約3ヶ月に1度の集会が続くことになります。

自己破産したあとどうなる?気になるその後について詳しく知りたい方は

過払い金請求の流れと期間

過払い金請求の場合は、貸金業者によって対応が大きく異なるうえに、任意交渉(話し合い)と訴訟(裁判)によっても手続きに必要な期間が変わってきます。

ニコスのような大手のクレジットカード会社の場合は、任意交渉で満額に近い額を数ヶ月の期間で回収することが期待できますが、場合によっては任意交渉でも半年以上、訴訟の場合は8ヶ月以上の期間をみておく必要があります。

特定調停をおこなった場合は、同時に過払い金請求をすることはできないため、特定調停不成立、または調停成立後に別途過払い金請求をおこなう必要があります。
その場合は、調停の後に通常の過払い金請求と同様の期間が必要になることに注意が必要です。

払い過ぎた利息が戻ってくる!過払い金請求についてもっと詳しく知りたい方は

三菱UFJニコスの債務整理の弁護士・司法書士選びのポイントとは

債務整理の司法書士・弁護士の選び方

三菱UFJニコスの債務整理をする際は、経験の豊富な弁護士や司法書士に頼むことが必要になります。
三菱UFJニコスの債務整理の経験がある専門家や、どのような交渉をすればいいのかわかっているほうが有利なためです。

特に債務整理を専門にしている法律事務所は実績があり、交渉力も高いでしょう。
面談などで実際の印象や相性を見極め、信頼できるかところを選ぶことが大切です。

また、費用を明確にしているかどうかも重要です。
よくわからないまま余計な費用を払わされないよう、最初の面談時に費用の内訳について確認してから正式に依頼しましょう。

三菱UFJニコスについて

三菱UFJニコスについて

三菱UFJニコスとは、日本国内最大のクレジットカード会社です。
もともとは日本信販という信販会社だった経緯があり、2005年にUFJ銀行(現在の三菱UFJ銀行)の子会社となりました。

数多くの種類のカードを取り扱っていますが、過払い金請求の対象となる可能性が高いのはNICOSカードとDCカードです。
これらは2007年まで29%以上の利子で貸付けをおこなっていました。三菱UFJニコスの過払い金請求への対応は、専門家には柔軟ですが個人には厳しいことで知られています。

まとめ

三菱UFJニコス債務整理まとめ

債務整理には利息をカットできる任意整理、借金を大幅に減額できる個人再生、借金を帳消しにできる自己破産があります。

債務整理をおこなうと信用情報機関に登録されるため、一定期間、新たな借入れやクレジットカードの利用、ローンの申請ができないというデメリットがあります。

しかし、これ以上借金を増やさずにすむことは逆にメリットともいえるでしょう。
収支のバランスが崩れ、毎月の返済できなくなってしまった場合、一刻も早く生活を立て直すことのほうが先決です。

債務整理は信頼できる専門家に依頼しましょう。
司法書士法人杉山事務所では、借金問題・債務整理をメインに取り組み、多くの借金のお悩みを解決してきた実績があります。
ご相談は無料です。お一人で悩まないでください。
一日でも早く借金返済から解放されるよう、解決のお手伝いをさせていただきます。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ
ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top