過払い金がいくらあるのかわかる過払い金診断と流れ

最近、テレビなどで過払い金請求についてのCMが流れることも増えてきました。当事務所にも、「過払い金って何?」「過払い金があるかどうか知りたい」というお問い合わせが数多く寄せられています。

お金を借りた相手や契約時期などにより過払い金の有無が異なるため、まずは過払い金診断で正しく確認することが先決です。過払い金があれば元本と相殺して借金を軽くしたり、過払い金のほうが多ければ現金を手にしたりすることができます。

当事務所では過払い金の診断や相談を無料でお受けしており、過払い金の有無はもちろん、あった場合はいくら取り戻せるのかという点も診断可能です。借金の悩みを解決するためにも、過払い金が気になる方は電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

過払い金がいくらあるかわかる過払い金診断

過払い金は、利息制限法の上限を超える高い金利で契約していた場合に発生するものです。借金があったからといって、すべての方が過払い金を取り戻せるわけではありません。そのため、過払い金請求をする前に、まずは過払い金診断をおこなう必要があるのです。

過払い金診断では、いくつかの簡単な質問に答えることで、過払い金が発生しているかどうかを調べることができます。過払い金発生の可能性がある場合、取り戻せる金額を大まかに知ることも可能です。

診断は基本的に無料で受けられ、個人情報や本人確認書類などの提出も必要ありません。過払い金診断したという情報も、貸金業者やクレジットカード会社などには伝わらないのでご安心ください。

また、診断を利用するとブラックリストにのるのかというご質問を多くいただいておりますが、診断を利用しただけではブラックリストに載ることはありません。

まずは過払い金があるか自分でチェック

過払い金診断をする前に、まずは以下の4項目をチェックしてみてください。ご自身はもちろん、配偶者様やご両親などの診断も可能です。以下の項目に該当すると過払い金が発生している可能性が高いので、杉山事務所までご相談ください。

2010年より前にお金を借りたことがある、または今も借りている

法律が整備され、金利の上限が明確に決められたのは2010年になってからです。それ以前は上限以上の金利を設定していた貸金業者も多かったため、契約時にさかのぼって適切な金利を適用すると、過払い金が発生している可能性があります。

20%以上の金利でお金を借りたことがある

貸金業者からの借金は、金利の上限が15~20%以内と決められています。そのため、20%以上の金利で借りていると過払い金が発生している可能性が高いです。どれくらいの金利で借りたかわからない場合でも、無料でお調べできますのでご相談ください。

完済してから10年以内

過払い金請求は完済から10年経過すると時効を迎えるため、原則10年以内であれば請求が可能です。完済した日がわからない場合は、当事務所でお調べいたします。

2010年以前にお金を借りて完済したものの、すぐにまた借りて現在も返済している

お金を借りる場合、借り入れから完済までがひとつの取引と見なされるのが基本です。ただし、完済から次の借り入れまでの期間が短いと、前回の借金も新しい借金も、まとめてひとつの取引(一連の取引)と判断されることがあります。

一連の取引と認められれば、一度完済した日から10年以上経過している、または現在返済中でも過払い金を請求できる可能性があります。過払い金がいくらあるのか、その場で大まかに計算することもできるので、まずはご相談ください。

過払い金診断・診断後の流れ

実際に過払い金診断をするにあたり、手続きの流れや診断後の返還請求をどう進めるのか気になる方も多いでしょう。参考として、当事務所の過払い金診断から返還までの流れを見ていきます。

メールか電話で無料診断

当事務所では、電話やメールにて過払い金診断のご相談をお受けしています。電話であれば、過払い金が発生しているか、その場で結果をお伝えすることも可能です。メールの場合は、後日電話かメールにて結果をお伝えします。

過払い金診断するにあたって必要な情報

過払い金診断をする際は次のような情報が必要ですので、事前にご確認ください。正確な情報がわからなければ、わかる範囲で結構です。

過払い金が発生していなかった場合

過払い金が発生していなければ、費用は一切かかりません。

過払い金が発生していた場合

過払い金が発生していれば、大まかに取り戻せる金額をお伝えします。正確な金額を知りたい場合や過払い金請求を本格的にご検討される場合は、より詳しい調査に進みます。

過払い金の詳しい調査【無料】

過払い金の正確な金額を知るには、さまざまな情報をもとにした複雑な計算が必要です。まずは詳しい調査をおこない、正確な過払い金額を把握しましょう。

1.過払い金の無料調査

診断の結果、過払い金があればそのまま詳しい調査や請求手続きに進みます。診断だけでなく、調査も無料ですのでご安心ください。ただし、借金返済中の場合は先に費用が発生します。

2.過払い金の無料調査を開始

まずは、相談者様と当事務所の間で過払い金返還請求に関する委任契約を結びます。委任契約後は、当事務所が窓口となって貸金業者との連絡・請求手続きなどをおこないますので、安心してお任せください。

その後、当事務所が介入する旨を記した受任通知を貸金業者に送付すると同時に、取引履歴を取り寄せます。取引履歴は、相談者様の借り入れや返済状況などを記載した書類のことで、過払い金を正確に計算するために欠かせないものです。

計算後、過払い金が発生していなければその旨をお伝えします。発生していた場合は、過払い金返還請求書を作成したうえで貸金業者へ送付します。調査開始から請求書の送付まで、2カ月ほどかかるケースが多いです。

3.過払い金発生金額の報告

過払い金があった場合は、相談者様に過払い金の正確な金額をお伝えします。開示受任の場合は、診断結果をご連絡いたします。正式受任の場合は、そのまま貸金業者との交渉を開始いたします。

借金を完済していればお金が手元に戻ってきますし、返済中なら過払い金が自動的に借金の返済に充てられます。

貸金業者に過払い金の返還交渉

貸金業者に過払い金請求書を送った後、1カ月ほどすると業者から具体的な返還額や返還日などについて提案があります。業者はできるだけ返還額を少なくしようとするため、こちらが計算した正確な過払い金額と提案内容が異なるケースも珍しくありません。

返還額や返還日に納得できない場合は、業者と交渉をおこないます。交渉内容によっては、決着するまでさらに1カ月ほどかかることもあります。交渉がまとまれば合意書を取り交わして次のステップに進みますが、まとまらなければ裁判を起こすことが多いです。

過払い金の返還

貸金業者は、合意書の内容にしたがって期日までに過払い金を振り込みます。このとき、業者から相談者様へ直接振り込まれることはありません。まずは当事務所あてに振り込まれ、そこから司法書士への報酬など、請求手続きにかかった費用を差し引きます。その後、当事務所から相談者様の口座へ振り込むという流れが基本です。

業者がお金を準備するのに2カ月ほどかかるケースが多いため、過払い金が相談者様の口座に振り込まれるまでにはかなりの時間がかかります。最初に過払い金の相談やご依頼をいただいてから、平均で6カ月ほどは必要だと考えておきましょう。

ただし、業者との交渉がまとまらず、裁判を起こす場合はさらに時間がかかります。裁判では口頭弁論期日(裁判日)が月に1回ペースなので、あっという間に月日が過ぎてしまうことも珍しくありません。ご依頼から振り込みまで、6カ月以上かかることもあります。

過払い金診断をする際の注意点

過払い金診断をする際、注意しておきたい点が2つあります。過払い金に関して損をしないよう、診断前に内容をチェックしておきましょう。

過払い金診断前に気をつけること

過払い金診断は、簡単な質問に答えるだけで過払い金の有無がわかる便利なものです。しかし、診断では過払い金の有無や、過払い金があった場合の返還予想額を大まかに伝えて いるに過ぎません。

診断をしただけでは実際にお金を取り戻せませんし、正確な過払い金額は、貸金業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算しないとわからないのです。

また、過払い金請求の時効が間近に迫っている場合も注意しましょう。過払い金の返還請求書を貸金業者に送付すると、時効が6カ月間延長されます。この間に和解をしたり裁判を起こしたりできるのですが、診断をしただけでは時効は止まりません。時効が間近の場合は、できるだけ早く正式な請求手続きをおこない、時効を止めることが先決です。

過払い金計算機・シミュレーターで気を付けること

インターネット上のさまざまなサイトで、無料で利用できる過払い金計算機・シミュレーターが提供されています。過払い金の有無を知るのに役立ちますが、これも概算の結果であるため注意しなければなりません。

入力ミスや記憶違いなどが原因で、計算機・シミュレーターでは過払い金の発生なしという結果だったのに、実際には発生していたという可能性もあるのです。過払い金の計算には、専門家による正確な情報収集・計算が欠かせません。当事務所は無料で詳しい調査ができますので、一度お問い合わせいただくことをおすすめします。

過払い金請求に強い杉山事務所に無料相談

杉山事務所は、全国に8つの事務所を開設する司法書士事務所です。月に3000件の相談実績、そして5億円の過払い金返還総額を実現しており、豊富な経験をいかした正確な過払い金診断が可能です。電話・メールでの診断やご相談も受けつけておりますので、遠方にお住いの方でもお気軽にご利用いただけます。

また、「過払い金請求をしたいけど家族に知られたくない」と悩んでおられる方でも、当事務所は秘密厳守を徹底していますので、ご相談内容をご家族などにお知らせすることはございません。実際に過払い金請求をする際にも、貸金業者からの連絡はすべて窓口である当事務所が受けるため、ご自宅に業者からの書類が届くという事態も避けられます。

親族からの代理問い合わせにも対応しておりますので、「家族が病気で手続きできない」「家族が過払い金診断をしようとしない」という場合もお問い合わせください。代理の方でも、過払い金発生の有無や、発生していた場合の返還額の概算を診断することができます。

このように、杉山事務所なら相談者様のさまざまな要望におこたえしつつ、過払い金請求を成功させる自信があります。請求には完済から10年という時効があるため、気になる方は1日でも早くご相談ください。

過払い金請求・債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 過払い金請求・債務整理のお問い合わせ

page top