セディナの任意整理・借金減額に強い杉山事務所の無料相談

セディナを含む司法書士法人杉山事務所の債務整理の実績

セディナの任意整理で杉山事務所が選ばれる5つの理由

  • 相談実績が月間10,000件以上 ※1

    セディナなど多くの貸金業者との交渉力とノウハウ

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週刊ダイヤモンド誌で選出されました。 ※2

  • 相談料が0円

    相談料無料、安心明朗な費用

  • 無料で出張相談もOK

    出張相談も無料

  • 過払い金診断が無料

    セディナの過払い金が発生しているかを無料で診断

  • ※1 過払い金、債務整理含む借金問題
    ※2 2009年8月掲載

杉山事務所には「セディナの任意整理した場合デメリットはありますか?」というご質問をよくいただきます。

セディナに限らず任意整理をした場合はデメリットがあります。しかし、現在返済が苦しい方は任意整理をすることで将来利息のカットや、返済期間の延長などをしてもらうことができ、毎月の返済額を減額することができます。

このページでは、セディナの任意整理の方法や手順、メリット・デメリットなどをまとめています。現在、セディナの任意整理をご検討中の方は参考にしてください。

まずはセディナの過払い金診断(無料)

セディナは、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの3社が合併して誕生したクレジットカード会社になります。過去に合併前の3社から借り入れをしたことがある場合は、過払い金が発生している可能性があります。

この3社の過払い金請求はセディナに対しておこないます。取り戻した過払い金はセディナの借金に充てられるので、セディナの借金がなくなり任意整理をする必要がなくなるケースもあります。

特に以下のケースに当てはまる場合は、過払い金が発生している可能性が高いので必ず確認してください。

  • 2007年以前オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークで借り入れ

杉山事務所の過払い金診断は無料で利用でき、過払い金の有無にかかわらず費用は一切かかりませんのでお気軽にご利用ください。

過払い金診断のご利用はフリーダイヤルかメールにて、セディナの過払い金診断を利用したいとお伝えください。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

セディナの任意整理について

セディナの任意整理について

任意整理とは、裁判所を利用せずにセディナと直接交渉をすることで、将来利息のカットや返済期間の延長をしてもらう債務整理の中のひとつの手続きです。

他の債務整理である自己破産や個人再生は、裁判所を利用するので手間や時間がかかってしまいますが、任意整理は裁判所を利用しない手続きなので比較的簡単におこなうことができるのが特徴です。

任意整理では、手続きをする貸金業者を選ぶことができますので、住宅ローンや車のローン、保証人がついている借金など特定の債権者を外すことができます。

任意整理後は、利息をカットしてもらえるので元金のみの返済になります。また、返済期間も延長されるので、毎月の負担を選らすことができ、生活に余裕を持つことができます。

ただし、任意整理に限らず債務整理をおこなうと必ずブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに載る期間は信用情報機関によって異なりますが、任意整理をしたのち完済後5年となります。この期間は、新たな借り入れやローンを組むことがむずかしくなります。

セディナの任意整理の条件や基準とは

任意整理は裁判所を利用せずに債務者と債権者(セディナ)が直接交渉をする手続きなので、任意整理に応じてもらえることができれば、その他の条件はありません。

セディナの任意整理についての対応は、クレジットカード会社の中でも協力的な対応をしてくれる傾向にあるので、任意整理をした場合、将来利息のカットは問題なくおこなってもらえます。また、返済期間につきましても5年~7年以内の分割に柔軟に対応してもらえる傾向にあります。

しかし、任意整理は読んで字のごとくあくまでも任意なので、まったく収入がない場合や5~7年で完済できそうにない状況の場合は、セディナが任意整理に応じてくれないケースもあります。

このような場合、任意整理ではそもそも解決ができないケースなので、他の債務整理を検討する必要があります。セディナの任意整理を検討している方は、まずは司法書士や弁護士などの専門家に相談し、現在の状況に最適な債務整理を知ることが大切です。

債務整理や過払い金請求に特化した司法書士法人杉山事務所では、ご相談者様に最適な解決方法をご提供いたします。ご相談は無料となっていますので、お気軽にフリーダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

セディナの任意整理のデメリットやリスクとメリット

デメリット
ブラックリストにのる
セディナが利用できなくなる
メリット
今後支払う利息を減らす、または、利息をゼロにする
過払い金で借金がゼロになることもある
返済期間をのばすことができる
返済・督促がストップ

セディナに任意整理をした場合のデメリットやリスク

セディナの任意整理をおこなうと「ブラックリストにのる」「セディナを利用できなくなる」などのデメリットがあります。

セディナに任意整理をすると、信用情報機関に債務整理をした事故情報が登録されます。このことを「ブラックリストにのる」といいます。ブラックリストは、貸金業者や銀行などで、ローンや借り入れ、クレジットカードの作成をする場合に、業者が申込者の審査をする際に参照されます。

債務整理の事故情報の記録があると、返済能力に問題があるとされ審査に通りません。このようにブラックリストに載っている間は、新たな借り入れやローンを組むことなどができなくなるデメリットがあります。

ブラックリストに載る期間は任意整理の場合、手続き後に完済してから5年間は事故情報が記録されています。借金問題でお悩みの方の中には、ブラックリストに載るのを避けるために債務整理をしない方もいます。

しかし、任意整理をしなくても返済を2~3ヶ月滞納してしまうとブラックリストに載ってしまいます。ですので現在、借金の返済が苦しい場合は、ブラックリストに載ったとしても任意整理をして生活を立て直すことが重要です。

セディナは任意整理に対して協力的なので、毎月の返済額が無理のない範囲で返済期間を柔軟に伸ばしてもらうことができます。また、ブラックリストに載ったことは、自分から言わない限り、周囲の人に知られることもほとんどありません。

他にもセディナに対して任意整理をおこなうと、今後セディナからの借り入れやクレジットカードの利用ができなくなるデメリットがあります。

これはブラックリストとは関係なく、セディナが独自に管理している情報によるものなので、ブラックリストの債務整理の事故情報が消えた後は、セディナ以外の貸金業者からの借り入れやクレジットカードの作成は問題なくできます。

セディナに任意整理をした場合のメリット

セディナの任意整理をした場合の最大のメリットは、将来利息のカットや返済期間を5~7年延長できることです。将来利息がカットされることで全体の返済額を減額することができ、返済期間が延長されることで毎月の返済額を無理のない金額に抑えることができます。

また、延滞してしまった場合に発生する遅延損害金もカットしてもらうことができます。このようにセディナは任意整理に対して協力的な対応をとってくれるため、任意整理をするメリットは大きいといえます。

任意整理は個人でもおこなうことができますが、司法書士や弁護士などの専門家に依頼すると、「返済がストップする」「督促が止まる」「すべての手続きをおこなってもらえる」「セディナの過払い金が発生しているか調査してもらえる」などのメリットがあります。

現在、セディナの返済が苦しい場合や返済が遅れがちの場合は、専門家に依頼することで一時的に返済や督促を止めることができるので、この間に生活を立て直すことができます。

また、専門家に依頼するとセディナの過払い金が発生しているかも同時に調査してもらえます。セディナの過払い金が発生する条件は、合併前のオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの3社のいずれかで、2007年以前から借り入れをしていることです。

この条件に該当している場合は、過払い金を取り戻すことで現在の借金を減額することができます。過払い金の金額次第では借金がなくなるケースもあります。借金よりも過払い金の方が多い場合は、ブラックリストに載らずに借金問題を解決することができます。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

セディナの任意整理の手続きの流れと期間

セディナの任意整理にかかる期間

任意整理は裁判所を利用せずにセディナと直接交渉するため、明確なスケジュールや期間が定められているわけではありません。

セディナに任意整理をする場合にかかる期間は、スムーズにいけば3ヶ月程度で完了します。交渉の内容次第で期間は変わりますが、前述したとおりセディナは任意整理に対して協力的な対応をとってくれるため、比較的スムーズに任意整理をおこなうことができます。

セディナに任意整理をする場合の流れ

セディナの任意整理をする場合、まずは債務整理に特化した司法書士や弁護士などの専門家にご相談ください。任意整理は個人でもおこなうことができますが、専門家に依頼することで「返済がストップする」「督促が止まる」「すべての手続きをおこなってもらえる」「セディナの過払い金の調査をしてもらえる」などのメリットを受けることができます。

債務整理に特化した事務所で、相談料が無料の事務所は多くありますので、費用を気にせず相談することができます。杉山事務所も債務整理に関するご相談は無料でおこなうことができますので、お気軽にご利用ください。

相談時に借金をどのくらい減額できるのか、手続きの期間はどれくらいかかるのか、費用はいくらかかるのか、などを確認することで、後々のトラブルを回避することができるので、必ず確認してください。

相談後、正式に依頼すると専門家からセディナに対して受任通知が送られます。この時点でセディナに対しての返済や督促がストップします。今後のセディナとのやり取りは専門家が間に入るので、依頼者に連絡がこなくなります。

受任通知を送る際、セディナに対して取引履歴の開示請求も併せておこないます。セディナから取引履歴が届いたら利息の引き直し計算をし、過払い金が発生しているか確認します。

引き直し計算後、債務残高が確定したらセディナと交渉を開始します。交渉の内容としては、将来利息のカット、返済期間の延長がメインとなります。交渉後、双方の合意が得られた段階で合意書を作成し、任意整理が終了します。

任意整理後は、交渉でまとまった返済計画どおりに返済を開始します。このように任意整理ではやることが様々ありますが、専門家に依頼することですべて代わりにおこなってもらうことができるので、依頼者がすべきことはありません。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

セディナの任意整理の弁護士・司法書士選びのポイントについて

任意整理の実績や専門性のある事務所を選ぶ

セディナの任意整理を依頼する場合は、必ず債務整理や過払い金請求など借金問題を得意としている事務所を選ぶようにしてください。司法書士や弁護士の業務には、借金問題や相続、登記、交通事故など多岐にわたります。そのため借金問題を得意としていない事務所に依頼してしまうと思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。

借金問題を得意としている事務所なら、セディナの対応の仕方や任意整理についての知識があるので、依頼者にとって有利な交渉をすることができます。杉山事務所は、セディナに対しての任意整理の実績が豊富にあります。相談料は無料なのでお気軽にご相談ください。

相談時に費用や支払い方法を確認する

任意整理の相談時に、司法書士や弁護士の費用が総額いくらかかるのか、また支払いのタイミングはいつかを、必ず確認してください。司法書士や弁護士の中には後から高額な費用を請求してくる悪徳な事務所もあります。事前に見積もりをもらうことでこうしたトラブルを回避することができます。

事前に確認する際に、見積もりを出してもらえない事務所は悪徳な事務所の可能性が高いので、避けるのが無難です。信頼できる事務所であれば、手続き前に見積もりをおこなうので、費用がいくらかかるかわかります。

また、借金問題を得意としている事務所は、費用の分割払いにも柔軟に対応してもらうことができます。分割払いができればまとまったお金が必要なく、毎月無理のない範囲で支払うことができます。

セディナについて

セディナは三井住友フィナンシャルグループのSMBCファイナンスサービス株式会社が展開するクレジットカードや信販のブランド名です。SMBCファイナンスサービス株式会社は社名変更して現在の商号になっていますが、社名変更前は株式会社セディナとなっています。

株式会社セディナは、2009年4月に三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の傘下企業だったオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの3社が、オーエムシーカードを存続会社として合併し誕生した会社になります。本店の所在地は愛知県名古屋市中区丸の内3丁目23番20号、東京本社の所在地は東京都港区港南二丁目16番4号になります。

合併後も、旧3社が発行してきたクレジットカードは原則セディナでも引き続き発行され、それに加えセディナのハウスカードである「セディナカード」も発行されるようになりました。

オーエムシーカードとセントラルファイナンスは上場企業であったため、合併後も東証と名証に上場を維持していましたが、過払い金請求が相次ぎ経営環境が苦しくなったため、2011年5月にSMFGカード&クレジットの完全子会社となりました。

その後、2020年7月1日に、SMBCファイナンスサービスを合併し、セディナはSMBCファイナンスサービスに社名変更されました。社名変更後も、SMBCファイナンスサービスのブランド名とし「セディナ」という名称は残り、公式サイトもそのまま存続されています。

商号 SMBCファイナンスサービス株式会社(旧:株式会社セディナ)
ブランド名 セディナ
本店所在地 名古屋市中区丸の内3丁目23-20
本社所在地 東京都港区港南2丁目16-4
登録番号 東海財務局長(13)第00166号
資本金 828億4365万円
加盟信用情報機関 CIC、JICC

セディナの任意整理は杉山事務所の無料相談

セディナの任意整理は個人でもおこなうことができますが、個人でおこなった場合、セディナが任意整理に応じてくれないケースもあります。また、過払い金が発生している場合、個人では満額回収するのは非常に難しいです。

司法書士法人杉山事務所は、セディナに対しての任意整理や過払い金請求の実績が豊富にあります。ご相談は何度でも無料で、セディナの過払い金診断も無料でお受けしています。

借金問題は人それぞれお悩みや解決方法が異なります。司法書士法人杉山事務所では、お一人お一人に最適な解決方法をご提案していますので、お気軽に無料相談をご利用ください。

過払い金請求・債務整理は無料相談をご利用ください。

page top