債務整理と住宅ローン・自動車ローン、いつからローンを組めるか

借金の返済が苦しくて債務整理を検討していても、債務整理をしたあとに、いま払っているローンはどうなるのか不安でなかなか決心ができない方もいます。

住宅や車のローンを返済中、また今後ローンを組む予定がある場合は債務整理をするタイミングや、どんな影響が考えられるのかポイントを解説します。
自分の状況にあった解決方法を見つけて、借金の悩みを解決しましょう。

いま返済中のローンがあって債務整理したい場合

生活していく中で病気や失業など、突然の事態で経済的に苦しくなることもあります。
返済がくるしくなったときに重くのしかかってくるのが住宅ローンや自動車ローン、そしてショッピングローンなどの返済です。
これらのローンを債務整理したい場合には自分に合った適切な方法を選ぶことが必要です。

家や車は債務整理の対象にしてしまうと手放すことになるため、返済が可能であれば、家や車以外の借金だけを債務整理をすることで毎月の返済額を下げることが可能です。

債務整理する貸金業者を選ぶことができる手続きは二種類あり、任意整理と特定調停です。
月の返済額が下がれば生活を立て直せるという場合は司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

支払い中の家や車を残したい場合は過払い金請求・任意整理

住宅ローンや自動車ローンは債務整理をおこなうことが可能です。
ショッピングローンも対象にできます。ただし注意点があります。
返済が終わっていない住宅ローンや自動車ローンを債務整理した場合は、家や車まで手放すことになります

例えば、自動車ローンが残っていて車を手元に残したいときには、自動車ローンを債務整理の対象から外さなければなりません。
これを知らずに債務整理を実行してしまうと、車を引き揚げられてしまいます。

任意整理なら自動車ローンだけ外して債務整理をおこなうことは可能です。
また、すでに返済したローンの中で過払い金が発生しているものがあれば、もどってきたお金で自動車ローンを完済できる場合もあります。

マイホームを残したいなら個人再生の住宅ローン特則を利用する

債務整理には任意整理や過払い金請求、個人再生や自己破産などいくつかの方法があります。
住宅ローンを抱えていてマイホームを残しておきたいと考えるなら、個人再生がおすすめです。
個人再生は債務全体を最大で5分の1または100万円まで減額できるもので、裁判所を通しておこなわれます。

個人再生は住宅ローン特例(住宅資金特別条項)を利用することができます。
住宅ローンを債務整理の対象から外して返済を続けることができる特例で、これによってマイホームを残すことが可能です。

それ以外の自動車ローンやショッピングローン、またカードローンなどはすべて整理の対象になりますが、住宅ローンの返済を継続することができ、返済額が下がることによって生活面も余裕ができることが考えられます。

自己破産の場合は家や車のローンだけ払い続けることはできない

自己破産は認められれば、すべての返済が免除されるのが大きな特徴です。
裁判所に申し立てをし、自己破産が妥当と判断されれば借金が免除になります。ただし、すべてのローンを対象にしなければなりません。

住宅ローンの特例もなく、自動車ローンやショッピングローンはもちろん、銀行の借入などもすべて申請します。
そのため、家も車も手放さなければなりません。

自己破産は返済に充当できる資産があれば、処分し貸金業者に配当されることが原則です。
そのため、仮にローンが終わっていても家や車も売却の対象になります。
しかし、売却してもほとんど価値がないと判断されれば手放す必要はありません

パソコンなども売却対象ですが、仕事に必要なものであれば免除される場合があります。
詳しい内容については司法書士にご相談ください。

債務整理したあとにローンを組む方法

過払い金請求は基本的にローンの審査には影響しない

債務整理の中でも過払い金請求は他の債務整理とは異なる点があります。
通常、債務整理をおこなうこと信用情報機関にその事実を記載され、いわゆるブラック状態になりますが、完済後の過払い金請求に関しては信用情報機関にいっさい記録されません

また、返済中の場合も発生している過払い金をまず調査します。
そのうえで過払い金が発生していた場合に残っていた借金を完済できた場合も同様
です。

たとえば住宅ローンを利用する予定がある場合でも、過払い金請求でブラックリストにのることはないので審査に影響はありません。
むしろ、住宅ローンのような大きなローンを利用したいときには、過払い金請求で解決できる残債はできるだけ完済しておくといいでしょう。

過払い金請求に関してはまだまだ誤解も見られますが、過払い金請求で解決できることがないか杉山事務所にご相談ください。

杉山事務所は、過払い金請求をはじめ、債務整理などの借金問題に強い司法書士事務所です。
無料でご相談をうけていますので、お気軽にフリーダイヤルやメールからご連絡ください。

信用情報機関に事故情報が登録されている状態で審査に通るのはむずかしい

債務整理をおこなう際に気をつけておきたいのは、その後のローン審査です。
クレジットカードやカードローン、住宅ローンなど、一定期間は審査が通らなくなる可能性は頭に入れておきましょう。

理由としては債務整理の事実が事故情報として信用情報機関に記録されてしまうことです。
多くのか資金業者や銀行は信用情報機関の情報を基に審査をおこないます。
そのため、債務整理や滞納のような事故情報があれば審査は通りません。

この信用情報機関に登録される事故情報がいわゆるブラックリストといわれているもので、これが一定期間経過して消えてからでないと審査に通るのは難しいのです。

ただし、事故情報は永遠に記録されているわけではありません
あくまで一定の期間を過ぎてしまえば記録は削除されます。

債務整理後、ブラックリストに載る期間

信用情報機関は主に3つ存在しています。
消費者金融系、信販会社系、そして銀行系があり、貸金業者や銀行はそれぞれ融資や審査のときにこの信用情報に事故情報がないかどうかを判断基準として利用しています。

しかし、信用情報機関は3つの機関がそれぞれで独自に情報の管理をしていても、CRINというネットワークシステムで情報を共有しています。
そのため1社でも滞納や遅延、または債務整理をおこなえばほとんどのローンやクレジットカードの審査は通らないと考えたほうがいいでしょう。

またブラックリストといわれる期間、つまり記録が残る期間は信用情報機関によって異なります。ローンやクレジットカードの契約を考えるなら、以下にある期間を参考にしてください。

また、信用情報機関は本人が情報開示を請求することが可能です。
住宅ローンのような重要なローンを考えているなら、事前に事故情報が記録されているか確認することもできます。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

ブラックリストの登録はいつからいつまでなのか

債務整理を検討する際に、ブラックリストを気にする人はたくさんいます。
そこで、ブラックリストとして登録されるタイミングや期間について解説します。

記録されるのは通常であれば債務整理の手続きをおこなったときからが原則です。

しかし、例外もあるので覚えておきましょう。 必ずしも債務整理のタイミングとは限りません。

シー・アイ・シー(CIC)の場合、任意整理では事故情報はつかないとされています。
しかし、3カ月以上の滞納があった場合、「異動」という事故情報が記録されます
そのうえ、異動の時効情報は完済してから5年は消えないといわれています。

任意整理を検討している人は手続きをおこなう前にすでに滞納していることが多いため、任意整理の場合は「完済してから5年間」と考えるのが妥当でしょう。
これはすべての債務整理にいえることです。

滞納がない状態で債務整理に踏み切るというのはまれなケースで、なかには滞納が進み、督促が厳しくなってからやむなく債務整理をする人もいます。

債務整理をしない場合でも滞納した経験があれば、ブラックリストとしてすでに処理されている可能性が高いと考えておきましょう。

つまり、債務整理をしなくても過去に滞納があればすでにブラックリストにのっている可能性があります。
その場合、新規の借入はできません。
延滞がある場合はすぐに司法書士に債務整理の相談をすることをおすすめします。

信用情報は審査基準のひとつに過ぎない

債務整理にはリスクもともないますが、悲観することばかりではありません。
何より借金を解決できるというのは大きなメリットです。
ローン審査に影響するのは確かですが、債務整理をしたという事情はあくまで数ある審査基準のひとつに過ぎません。

ローンの内容や性質によっては利用できる可能性もあります。
事業資金に限定されますが、債務整理をおこなった者を対象に借入に応じている公庫もそのひとつです。

自己破産などは所有している資産を失うリスクはありますが、再スタートのために利用できるローンもないわけではありません。

新たに住宅ローン・マイカーローンを組む際の注意点

信用情報機関の記録は一定期間を経過してしまえば削除されてしまいます。
その後はクレジットカードも契約可能ですし、住宅ローンや自動車ローンも利用できます。
クレジットカードが使えるのでショッピングローンも問題なく使えます。

ただし、債務整理後にローンを組む方法として注意したいことがあります。

まず、債務整理の対象とした金融機関はできるだけ避けるほうが無難です。
たしかに信用情報機関の記録は消えますが、それぞれの金融機関や貸金業者で独自の記録を持っています。

管理や基準は金融機関で異なりますが、記録が長く残っている場合にはそこの審査が通らない可能性が出てきます。
クレジットカードやカードローンは自分でも判断しやすいですが、住宅ローンや自動車ローンは判断しにくいと言えます。

住宅ローンや自動車ローンを利用する際、どこの金融機関のローンなのかあらかじめ確認することをおすすめします。

また、グループ会社や会社同士の合併などもあるので注意が必要です。
もちろん、必ず通らないということではありません。
債務整理をおこなった金融機関でも一定の資産があるなど条件が整っていればローンが通ることもあります。

自分では判断しにくいことは司法書士法人杉山事務所にご相談ください。

債務整理をする場合は杉山事務所に相談

住宅ローンや車のローンを組んでいる最中に、その他の借金で返済が苦しくなってしまうと、家や車を手放すしかなくなる場合があります。
そうなる前に住宅ローンや車のローン以外の借金を債務整理することで解決できます。

また今後、住宅ローンや車のローンを組む予定がある場合、借金が残っていてはローンの審査にとおる可能性が非常に低いといえます。
債務整理をして借金を完済するという選択肢をとったほうが早く住宅ローンなどが組める可能性がありますので、まずは司法書士の無料相談を利用しましょう。

杉山事務所では月3000件以上の借金に関する相談があり、相談者様の要望に合わせた解決方法を提案しています。
相談料は無料ですので、気軽にフリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top