兵庫で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

兵庫で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)は、大阪市中央区にありますが、大阪事務所を設立以来、神戸市だけでなく、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、相生市、豊岡市、加古川市、赤穂市、西脇市、宝塚市、三木市、高砂市、川西市、小野市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波市、南あわじ市、朝来市、淡路市、宍粟市、加東市、たつの市などの兵庫県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

神戸市内であれば、大阪までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所に来所される前に詳しい場所や近くのコインパーキングなどをご案内いたしますので気軽にお問い合わせください。また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

神戸市からのアクセス方法

兵庫の主要駅である神戸駅から電車でお越しになる場合は、JR東海道本線で大阪駅にいき、西梅田駅に徒歩で向かい、大阪市営四つ橋線で最寄駅であるなんば駅をご利用ください。なんばより徒歩2分の立地にございます。また、車でお越しになる場合は、阪神3号神戸線生田川出入口、西宮IC、海老江JCT、西長堀ルートでお越しになられると便利です。

兵庫で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

兵庫県内や大阪府内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、大阪事務所は兵庫県、大阪府だけでなく和歌山県奈良県京都府を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多くいただいております。

これは司法書士法人杉山事務所が仙台事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も宮城県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

兵庫での債務整理の無料相談は大阪事務所

兵庫県にお住まいの方、お勤めの方は大阪事務所にご相談いただけると来所される場合はアクセスが便利です。大阪事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

大阪事務所のアクセスマップ

大阪事務所の周辺地図

電車でお越しの方

なんば駅より徒歩2分
大阪難波駅より徒歩3分
JR難波駅より徒歩6分

車でお越しの方

お近くにタイムズなんば、ひまわりパーキング、エコロパーク難波第1、スパーク道頓堀などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

賑橋、なんば、VIPラウンジなんば、JR難波駅前のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 大阪事務所の詳細はこちらからご参照ください。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

借金を減らせる・なくせる「債務整理」について

債務整理とは、返済が困難になったときに借金を減額または免除してもらう法的な手続きです。月々の負担を軽減し少しでも早く生活再建ができることを目的にしています。

債務整理にはおもに任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。払い過ぎた利息を返してもらう過払い金請求も債務整理の一種です。

どの債務整理を選ぶかは、借金をした本人の経済状況や借金の総額がどれくらいかで決めます。返済能力など自分の状況に合う方法で債務整理を考えましょう。

自己破産とは

自己破産は、借金がすべて免除になる手続きです。任意整理や個人再生のように借金を減額して返済の負担を軽くするものとは異なります。

実際に自己破産をおこなうにはどうすればいいのか条件などを説明します。手続きの流れやメリット・デメリットについても知っておきましょう。

自己破産とはなにか

自己破産は、裁判所に許可をもらうことで返済から解放されるものです。自己破産は債務整理の中でも最終手段と言われており、利息のカットや減額だけでは返済が無理だと判断された場合は自己破産を選択しましょう。

裁判所に許可をもらうには返済能力がないということを証明する必要があります。また、裁判所に申し立てをする書類の作成は専門家でないとなかなかできません。そのため司法書士や弁護士に依頼するのが一般的です。

自己破産には管財事件と同時廃止事件の2種類ある

自己破産には管財事件と同時廃止事件の2種類があります。この2つをかんたんにいうと、自己破産が妥当かどうか時間をかけて判断するもの(管財事件)と申し立て後すぐに妥当であるという結果が出るもの(同時廃止事件)というちがいがあります。

管財事件も同時廃止事件も申し立てに必要な書類はほぼ同じと考えていいでしょう。個人であれば多くは同時廃止事件として扱われます。

申し立て書類に不備がなく返済能力がないことがわかれば、すぐに自己破産として処理され、申し立てしてすぐに一切の借金が免除されます。

これに対して管財事件として扱われるのは自営業など何らかの事業をおこなっている人が多いです。フリーランスも含まれる場合があります。

給与所得でない者は、収支の流れが複雑なことが多く資産を分散するなどの方法で返済を免れる恐れがあるのが理由です。

管財事件が選択されると管財人が選出されます。管財人は弁護士の中から選ばれるのが一般的で、およそ半年間かけて借金をした本人のお金の流れをチェックします。返済にあてられそうな資産がないかどうかについても管財人によって判断されます。

郵便物に関しても管財人を通すことになるため、この間は不便を強いられることもあるかもしれません。

また、管財人には予納金と言って20万~25万円の報酬を事前に一括で支払うことが原則になっています。つまり管財事件になると予納金の準備も必要になるということです。

しかし、管財事件になっても心配はいりません。お金の流れに問題なく返済能力がないことが認められれば管財人事件になっても自己破産として処理され、借金のすべてが除されます。

自己破産のメリット

自己破産の最大のメリットは、借金がすべてなくなることです。費用はかかりますが、月々の返済や督促から解放されることを考えれば大きな安心感が得られます。とくに失業や健康上の事情で働くことができなくなった場合には、すべての返済が免除されると生活は楽になります。

返済の額が多くなってしまい督促が始まってしまうと、それだけで頭がいっぱいになってしまう人も多いです。

生活を再建したい人でも、なかなか落ち着いて新たな生活基盤を築くことはできません。自己破産は、そんな悩みから一気に解放されます。まさに人生をリセットできることが自己破産の一番のメリットです。

自己破産と聞くと、すべてを失ってしまうと考える人もいますが、それは違います。確かに返済に充当できるものがあればすべて換金して返済に充てなければなりません。

しかし、購入したときには高価なものであっても返済に充当できないものは手元に残していいことになっています

たとえば、ブランド品や着物など購入するときに100万円を有に超えていたものでも中古としての相場を調べると価値が大きく下がってしまうことは珍しくないでしょう。売却しても数千円からせいぜい数万円程度が相場のものは返済に充当されません。その他にも仕事に使うものや99万円を超えない現金は免除されます。

自己破産のデメリット

自己破産は借金がなくなるという大きなメリットがありますが、デメリットも存在します。

一つ目のデメリットは、官報に掲載されることです。官報とは、事件や申し立てなど裁判所で結果が出たすべての情報について掲載しているものです。誰でも閲覧することはできますが、多くは法律に関係した職業の人しか目にしないので大きなデメリットにはならないでしょう。

二つ目のデメリットは信用情報機関に事故情報が登録されることです。いわゆるブラックリストと呼ばれているものがこれにあたります。

ブラックリストと言っても、信用情報機関に事故情報が載っている人をまとめたリストが存在しているわけではありません。あくまで信用情報機関に事故情報が登録されることをブラックリストにのるといいます。

ブラックリストにのっている間は、クレジットカードなど一切の新たなカードやローンの契約はできません。金融機関の審査のほとんどが信用情報機関の情報を元に判断するため、審査に通らなくなるのです。住宅ローンやカーローンなども利用できないのでデメリットとして感じる人は多いでしょう。

とくにクレジットカードでしか決済できないサービスの利用には不便を感じるかもしれません。クレジットカードの代わりにクレジット会社と提携しているデビットカードを作ればその問題は解決できます。

デビットカードを発行している銀行に口座さえあれば申し込むだけで作ることができます。利用するときは自分の口座からすぐに引き落とされるため通常のクレジット機能とは違い、利用できる上限額は口座の残高までとなっています。

信用情報機関に事故として掲載されるのもおよそ10年です。10年たてば、事故情報は削除されるためローンの利用は可能になります。

自己破産の条件

自己破産をおこなう条件はかんたんに言えば返済能力がないこと、そして返済できるような資産がないことです。ただし、資産を持っているから自己破産ができないということではありません。

申し立てのときにすべてを申告して換金し返済に充当して精算すればいいのです。それでも残ってしまった借金は、裁判所が免除してくれます。

任意整理や個人再生のように返済していくための安定した収入は必要ありません。むしろ安定した収入が見込めなくなったときこそ自己破産をすべきです。

借金を抱えていては健全な生活再建はむずかしいと判断されれば自己破産はできます。貸金業者と交渉することもなく、裁判所が公正な判断をします。

自己破産を考える人の中には、実際は十分な返済能力があるのに返済を逃れようとする人もいます。しかし、自己破産の条件はあくまで返済不能な状態にあることです。返済できないと感じていれば基本的には手続きは可能だと思って問題ありません。

借金を減額したり金利部分をカットしたりすれば十分返済できそうな場合は、自己破産はできません。その場合は任意整理や個人再生を検討しましょう。

ただし、自分ではなかなか判断するのがむずかしいので、返済が苦しいと感じたらすぐに司法書士や弁護士へ相談することをおすすめします。

自己破産の手続きの流れ

自己破産をおこなうには、まず司法書士や弁護士などの専門家へ相談します。現在の経済状況や借金の総額から自己破産が妥当か判断してもらいましょう。どこの貸金業者から借金をしているのかまとめておくと相談がスムーズにいきます。

正式に依頼することを決めたら、契約書を交わします。専門家へ依頼すると、受任通知や介入通知が貸金業者に送られます。これによって、貸金業者は一切の督促ができなくなります。督促がとまることで精神的にも楽になるでしょう。

自分でそろえるものはすべての通帳と資産がわかるもの、そして直近3カ月ほどのかんたんな家計簿などです。ほかにも借金が膨らんでしまった経緯や返済不能になった理由などをまとめます。

依頼した専門家が必要な書類の準備や作成はサポートしてくれるので安心して手続きを進めましょう。

書類をそろえたら裁判所に申し立てをおこないます。資産がなければ同時廃止事件としてすぐに返済が免除されます。管財事件と判断された場合は管財人が選定され予納金を支払います。その場合はおよそ半年後に自己破産として解決されます。

債務整理を依頼する兵庫にお住まいの方

兵庫県は本州中西部に位置する近畿地方に属する県です。国税調査や住民基本台帳から割り出した県の総人口はおよそ550万人で男性は約262万人、女性は約288万人という数字が出ています。29の市に12の町で成っている兵庫県の県庁所在地は神戸市です。兵庫県は神戸北野美術館や風見鶏の館のような歴史的な建造物や史跡が多いことで知られています。そして北野町や摩耶山に代表される景観を楽しむための観光者も多い県です。自然公園や動物園も豊富でさまざまな層が楽しめるのが特徴でしょう。瀬戸内海で水揚げされた穴子を使った寿司や神戸牛などの名物もたくさんあり食を楽しむために訪れる人も見られます。

兵庫県では会社員や自営業者、主婦などさまざまな層の人が債務整理に踏み切っています。債務整理は実際に実行するまで迷う人が多く決断が遅れてしまう人も見られます。しかし、結果的には滞納や督促が進むという自体に発展することは珍しいケースではありません。アコムやレイク、アイフルなどのような貸金業者の特徴のひとつは利用のしやすさにあります。初回の利用には利息がかからないといったプランも出ており、1回だけの利用ならと気軽に借りてしまう人が増えているのも問題です。確かに無金利のものを1回だけ利用するなら問題はないでしょう。ボーナスなどまとまったお金が入る前に利用してすぐに完済すれば、返済に奔走することもありません。しかしかんたんに返済にできたらできたで次も利用してしまうケースが見られます。

またパソコンやスマホを使って簡単に審査と申し込みができる流れもカード破産に追い込まれやすい理由です。学生や主婦の中には少額の借り入れを何度か繰り返しているうちに多重債務に陥ってしまう人も少なくはありません。すぐに返せるという甘い考えが返済を困難にして債務が膨らむ原因です。アイフルやアコム、レイクにプロミスといった貸金業者は月々の返済額が非常に少ないものが多いという特徴があります。たとえば30万円の利用に対して月々の返済額が4,000円程度の場合としましょう。金利は貸金業者や利用者の条件で異なりますが、返済金額が少ないと多くは利息分の返済にあてられるため元金はなかなか減りません。しかし毎月の返済額を少なく設定すると毎月返済が楽な印象を持ってしまうため、自分では借金が減っていかないことに気づかない人も多いのです。また遅延なく順調に返済が進んでいくと利用限度額が上がることがあります。これは信用として良いことですが、実際にはさらなる借金を増やしてしまう落とし穴になるので注意しなければなりません。借り入れ可能な額に余裕ができるとまた借りてしまう危険があるからです。

貸金業者が発行するカードローンはネットが利用できない環境でも自動契約機や無人契約機などで簡単に作ることができます。これらの契約機は兵庫県内にもたくさん存在しています。貸金業者によっては立地の良い場所への設置や一般の銀行と提携してATMなどと一緒に設置されているところも見られます。昔であればなかなか利用するには抵抗のあった人でも入りやすい環境に置かれていることで容易に利用しやすくなっているのです。現代は貸金業者を利用しやすい環境であるうえに返済や利用なども非常に便利になっています。コンビニのATMからも簡単に返済額ができることも気軽さのひとつでしょう。つまり誰にも知られない状況でどんどん借金が大きくなる危険性がはらんでいる時代とも言えます。

兵庫県弁護士会には2017年時点で916名の弁護士が登録しています。弁護士事務所数は公開されていませんが、本部の神戸市をはじめ阪神支部や伊丹支部、明石支部に姫路支部、そして豊岡支部にそれぞれ弁護士の登録があります。一方、2017年時点で兵庫県司法書士会に登録している司法書士会の数は個人が1048名、法人は22法人です。司法書士会では定期的に無料相談会を実施するなど、借金やさまざまな問題を抱えている人の解決に向けて活動しています。債務整理は確かに費用もかかります。しかし、このような無料相談会を利用して自分がどう債務整理をしていくべきかまず専門家に見てもらうのも良い判断です。遅延や滞納がある人は、まず相談するところからはじめてください。 借金の問題は自分1人で抱えてしまうとなかなか正しい判断ができなくなります。返済が大きくなり返済や家計の補填として、ほかからも借り入れが必要と感じたらすぐに相談しましょう。どのようなところに相談に行くか迷ったときには口コミやネットの評判を見ると参考にできます。また無料相談で実際に面談して自分に合った専門家に決めるのもおすすめです。債務整理は準備にも時間がかかります。その間は何度か打ち合わせも必要です。債務整理を適切に行います早い生活再建を目指すなら、自分が抱えている問題を一緒に考えて良い方向に解決してくれるような弁護士や司法書士を探しましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top