京都で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

京都で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)は、大阪市中央区にあるのですが、大阪事務所を設立以来、京都市だけでなく福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市などの京都府の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております。

京都市内であれば、大阪までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

京都市からのアクセス方法

京都の主要駅である京都駅から電車でお越しになる場合は、JR東海道山陽本線新快速で大阪駅にいき、梅田駅に徒歩で向かい、大阪市営御堂筋線で最寄駅であるなんば駅をご利用ください。なんばより徒歩2分の立地にございます。また、車でお越しになる場合は、阪神8号京都線鴨川西出入口、第二京阪道路久御山JCT、近畿自動車道門真JCT、阪神13東大阪JCT、阪神1号環状線東船場JCT、道頓堀ルートでお越しになられると便利です。

京都で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

京都府内や大阪府内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、大阪事務所は兵庫県、大阪府だけでなく和歌山県奈良県兵庫県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が大阪事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も京都府にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

京都での債務整理の無料相談は大阪事務所

京都府にお住まいの方、お勤めの方は大阪事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。大阪事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

大阪事務所のアクセスマップ

大阪事務所の周辺地図

電車でお越しの方

なんば駅より徒歩2分
大阪難波駅より徒歩3分
JR難波駅より徒歩6分

車でお越しの方

お近くにタイムズなんば、ひまわりパーキング、エコロパーク難波第1、スパーク道頓堀などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

賑橋、なんば、VIPラウンジなんば、JR難波駅前のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 大阪事務所の詳細はこちらからご参照ください。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

借金を減らせる・なくせる「債務整理」について

債務整理とは、将来発生する利息のカットをしたり返済計画を見直したり借金を減額してもらうなどをして借金問題を解決する国が認めている手続き方法です。大きく分けて任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類あります。払いすぎた利息を取り戻す過払い金請求も債務整理の一種です。

借金の利息が膨れ上がっていて、毎月返済をしていても借金が減らないと感じる人や借入額が年収の3分の1以上ある人は債務整理をはやめに検討した方がいいでしょう。

債務整理は司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのが一般的ですが、費用がかかります。気になる債務整理の費用の内訳や一般的な相場を解説します。

債務整理の費用は上限が決まっているから安心。司法書士会や弁護士会による指針

債務整理の報酬は事務所ごとに定めている

債務整理の費用について知らない人にとって、どの程度の金額が妥当なのかという判断はむずかしいものです。

現在の苦しい借金地獄から解放されたい一心で司法書士や弁護士の提示した金額を鵜呑みにしてしまうことは避けましょう。

債務整理の費用に関しては、司法書士も弁護士も、日本司法書士連合会や日本弁護士連合会で上限が決められていますが、各事務所は、決められた上限の範囲で事務所ごとに自由に費用の設定をしています。万が一、法外な値段の費用を払わせるような悪徳事務所にひっかかってしまうことを避けるためにも、依頼する前に債務整理の費用の内訳と相場を知っておけば安心です。

日本司法書士連合会の債務整理事件における報酬に関する指針

日本司法書士連合会では債務整理の報酬の上限を決めています。

任意整理は貸金業者1社あたり5万円までが定額報酬の上限になっています。任意整理の手続きの途中で過払い金があることがわかった場合、併せて過払い金請求をおこないますが、その場合、定額報酬とは別に減額できた借金の金額に対する報酬「減額報酬」は10%が上限と決められています。また、減額報酬を設定するかどうかは自由なので、減額報酬がない事務所もあります。

過払い金請求は回収した過払い金の20%まで、話し合いで解決できずに訴訟になった場合は、回収した過払い金の25%までと決められています。

たとえば、2社で総額200万円の借金を任意整理した場合、定額報酬が2社分で10万円かかります。さらに200万円の借金を150万円に減額できた場合は、減額した50万円の10%である5万円が減額報酬となります。

債務整理を検討している人は、借金に苦しんでいる人が多いので15万円の報酬が高く感じることでしょう。ですが、債務整理をすることで経済的にも精神的にも負担がかなり軽くなります。

日本弁護士連合会の債務整理事件処理の規律を定める規程

日本弁護士連合会では案件の結果によって金額が変わる報酬の上限が決められています。

任意整理が無事成功したときに発生する報酬(解決報酬金)は貸金業者1社あたり原則2万円まで請求できます。

減額報酬は10%まで、過払い金請求の報酬は話し合いで解決した場合20%まで、訴訟で解決した場合25%までと上限が決まっています。ほかに着手金などほかの性質をもった費用がかかる場合があります。

たとえば基本報酬が1社4万円の法律事務所へ依頼した場合、550万円の借金を任意整理してその途中で過払い金が80万円あることがわかった場合、借金は過払い金と相殺されてゼロになります。過払い金を全額回収できた場合、さらに手元に30万円戻ってきます。 この場合の報酬は、解決報酬金2万円、減額報酬5万円、過払い金回収の報酬6万円と基本報酬4万円の計17万円を請求されることになります。

報酬が高いと思う人もいるでしょうが、借金の不安を抱えていた人の借金がなくなりさらにお金が戻ってきたとなれば債務整理をするメリットは大きいといえるでしょう。

手続き別にみる債務整理の費用相場

司法書士や弁護士が貸金業者と交渉して将来発生する利息をカットしてもらい、返済計画を見直す任意整理。他の債務整理の手続きに比べると事務処理量が多くないので、費用も安く抑えられます。

費用の内訳は着手金として1社あたり5万円、報酬金として減額された金額の10%を支払います。任意整理の結果、過払い金を取り戻せた場合には別途取り戻せた金額の20%程度を上乗せします。

実際は着手金がない事務所や減額報酬を設定していない事務所もあるので、かかる費用の総額を見て判断しましょう。

個人再生の費用相場

借金の金額に応じて3分の1~10分の1まで減額してもらったうえで、返済計画をたてる個人再生。住宅や車を失うことなく借金問題を解決することができるので興味をもっている人も多いでしょう。

依頼者の状況を把握して再生計画をたてなければならず、裁判所とも何度もやり取りをしなければならないので着手金は高めに設定されている場合が多いです。

費用の内訳は、着手金30万円程度、報酬金として減額された金額の10~20%を支払います。また、裁判所に支払う手数料が3万円程度実費でかかります。

個人再生は基本的にすべての借金に対して手続きをおこなわなければなりませんが、住宅ローンは条件をクリアすれば住宅ローン特則という制度を利用して除外することができます。住宅ローン特則を利用する場合、着手金が5~10万円ほど高くなる事務所が多いです。

自己破産の費用相場

裁判所に返済がむずかしいことを認めてもらい、借金の返済義務を免除してもらうことができる自己破産。自己破産には資産がない場合におこなう同時廃止と、資産がある場合におこなう管財事件の2種類があります。

自己破産をおこなう際に依頼した専門家へ支払う費用は20~40万円程度で、裁判所に支払う手数料は同時廃止の場合1万5000円程度です。

管財事件の場合、財産を管理・処分をする管財人を選出する必要があり、管財人への報酬が20万円程度必要なため、裁判所へ支払う費用が高くなります。

司法書士費用・弁護士費用を本当に払えるのか不安

借金に苦しんでいる人は、債務整理に興味を持っていても、費用を理由に手続きをためらっているケースも多いでしょう。

無料で相談をうけている事務所はたくさんあります。まずはどの手続きが自分に合っていて、どのくらいの費用がかかるのか確認することをおすすめします。 ほとんどの事務所では費用を分割払いで対応しているので、どのように費用の支払いをするのかも相談のときにしっかり確認しましょう。

司法書士や弁護士へ依頼した時点で返済はいったんストップするので、その間に司法書士や弁護士への費用を分割払いで支払うため、負担が増えるということはほとんどありません。

相談の時に注意すべき点は、嘘偽りなくすべてを司法書士や弁護士へ話すことです。話しにくいこともあるでしょうが、正直に伝えなければ最適な手続きをおこなうことができなくなってしまう可能性があります。

たとえば、ギャンブルでつくった借金であることを隠して相談をしたとします。その結果、自己破産が最適だと判断された場合、本来ならギャンブルでの借金だと自己破産はできない可能性があるので司法書士や弁護士は正しい判断をすることができなくなってしまいます。

債務整理に慣れている司法書士や弁護士であれば、普段から相談者の話は聞きなれているので、不安な気持ちを持つ必要はありません。

債務整理を依頼する京都にお住まいの方

京都の市区郡

京都は京都市、丹後(たんご)、中丹(ちゅうたん)、南丹(なんたん)、山城(やましろ)の5つに区分することができます。京都市は南部に位置する同府最大の市で北区、上京区、左京区、中京区、東山区など11の区から構成されています。京都府北部地域は丹後と中丹に分かれ、中丹に該当する舞鶴市、福知山市、綾部市の3市を除く地域が丹後に該当します。京都府中央に位置する南丹は、亀岡市、南丹市、船井郡京丹波町の3市を指します。京都府南部に位置するのは宇治市、城陽市、長岡京市など7つの市がある山城地域です。

京都の行政

京都では2017年10月時点で「地域力再生プロジェクト」「京都流地域創生」などさまざまな方策が打ち出されています。たとえば京都流地域創生とは悠久の歴史・伝統、世界水準の大学・研究機関といった京都の価値に着目し、地域経済を活性化させ、京都への人の流れを作ろうというものです。このような取り組みを通じて府民にとってより住みやすい地域にしようと努力がされているのです。京都にお住いの人は、京都府の公式ホームページをチェックしてみると詳細を知ることができます。

京都の歴史

日本の学校で学んだことのある人なら、誰もが少なからず京都の歴史を学んだことがあるはずです。794年桓武天皇が平安京に遷都し、その後太政官が東京に移る1869年までの間1000年以上にもわたって京都は日本の首都として栄えたのです。東京遷都後、首都としての機能を失いましたが、1960年代の高度成長政策期以降、急速に都市部へと変化しました。もっとも、その一方で1966年に建築などを制限する古都保存法が成立し、古き良き文化遺産が現在まで受け継がれています。たとえば東西両寺や醍醐寺は現代にも残る平安時代の代表的な建造物です。

京都の観光

京都には数々の長い歴史を有する神社や寺院仏閣があります。たとえば西京区にある松尾大社は、日本最古の「古事記」にも登場するほど昔から人々に親しまれてきた場所です。現在、開運のパワースポットとしても有名で、生活の守護神である大山咋神(おおやまくいのかみ)がひらめきを与えてくれると話題を呼んでいるのです。さらにこれまで借金に苦しんできた人におすすめなのは、黄金に輝く鳥居が特徴的な御金(みかね)神社です。二条城駅から徒歩約5分の場所にあり、金運を向上させてくれると言い伝えられています。そのほか学問の神様として有名な菅原道真の祀られている北野天満宮や縁結びのご利益があることで有名な車折神社や大原野神社があります。

京都内の司法書士・弁護士数

日本司法書士会連合会のデータベースによると2017年10月20日時点で、京都には577人の司法書士がいます(そのうち、簡裁訴訟代理等関係業務の認定司法書士は481人)。また京都の司法書士法人数は32社です(従たる事務所を含む)。一方、2017年6月30日時点で京都弁護士会に在籍している弁護士数は750人です(内男性599人、女性151人)。全国的にみると、その数は中規模弁護士会といえるでしょう。また、384の弁護士事務所があり、約9割が弁護士数3名以下の小規模な事務所です。これだけの数があるとどの事務所に依頼すればいいか迷ってしまうでしょう。口コミ・評判を参考にして、信頼できる事務所を見つけてください。

京都に本社のある貸金業者

いくつかの貸金業者が京都に本社を構えています。たとえば鳳株式会社は京都市右京区花園寺、AZ株式会社は京都市下京区大宮通、キャッシングホワイトは京都市下京区四条堀川町にそれぞれ本店があります。貸金業者としては大手のアイフル株式会社も京都市下京区烏丸通五条上る高砂町に本店を構えています。京都に本店がある場合の傾向としては京都市内に集中しています。貸金業者によっては約款などに「本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする」などと記載されていることがあります。このため、自分の借りている業者の本店所在地がどこか気になる人もいるかもしれません。任意整理であれば電話でおこなえますが、過払い金請求訴訟であれば遠方地であっても本店所在地の裁判所に提起しなければなりません。つまり、京都に住んでいても東京に本社のある貸金業者(アコムや新生フィナンシャルなど)に訴訟を提起するには東京の裁判所で手続きしなければならないのです。このような条項が消費者契約法10条に反して無効にならないかが問題となりますが、2017年11月22日の大阪地裁堺支部決定などに照らせば、有効と判断される可能性を否定できません。過払い金請求訴訟を借主自身が提起することに法律上支障はありませんが、事実上困難な点も多いので司法書士に任せた方が安心できるはずです。このような定めがなければ、お住いの地域にその貸金業者の営業所があるなど一定の場合にお住いの地域で訴訟提起ができます(民事訴訟法5条5号)。もっとも、この場合でも債務整理は、複雑な法律知識を要するので、司法書士に委ねた方がより有利な結論を獲得できる可能性が高まります。債務整理にあたって不安な点があるかもしれません。たび重なる取立てにストレスを感じている人もいるでしょう。司法書士に依頼すると取立てが止まりますので(貸金業法21条1項9号)、信頼できる司法書士に相談して平穏な生活を取り戻してください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top