奈良で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

奈良で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)は、大阪市中央区にあるのですが、大阪事務所を設立以来、奈良市だけでなく、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市などの奈良山県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

奈良市内であれば、大阪までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所に来所される前に詳しい場所や近くのコインパーキングなどをご案内いたしますので気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

奈良市からのアクセス方法

奈良の主要駅である奈良駅から電車でお越しになる場合は、JR関西本線で久宝寺駅にいき、JR関西本線で最寄駅である難波駅をご利用ください。難波駅より徒歩3の立地にございます。また、車でお越しになる場合は、第二阪奈有料道路宝来ランプ、阪神13号東大阪線東大阪JCT、阪神1号環状線東船場JCT、堺線分岐、環状線松原線分岐、なんばルートでお越しになると便利です。

奈良で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

奈良県内や大阪府内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、大阪事務所は奈良県、大阪府だけでなく和歌山県兵庫県京都府を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多くいただいております。

これは司法書士法人杉山事務所が大阪事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も奈良県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

奈良での債務整理の無料相談は大阪事務所

奈良県にお住まいの方、お勤めの方は大阪事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。

大阪事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

大阪事務所のアクセスマップ

大阪事務所の周辺地図

電車でお越しの方

なんば駅より徒歩2分
大阪難波駅より徒歩3分
JR難波駅より徒歩6分

車でお越しの方

お近くにタイムズなんば、ひまわりパーキング、エコロパーク難波第1、スパーク道頓堀などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

賑橋、なんば、VIPラウンジなんば、JR難波駅前のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 大阪事務所の詳細はこちらからご参照ください。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する債務整理について

債務整理とは法律で認められている借金問題を解決するための方法です。債務整理は自分の経済状況やどのように解決するかによって任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などから自分に合った手続きを選ぶことができます。

金銭に関するトラブルや悩みは、知識や経験がない人には解決することがむずかしく債務整理は司法書士や弁護士の力を借りなければ労力だけでなく時間もかかってしまいます。

債務整理をしたいと考えている人は、まずは司法書士や弁護士などの専門家へ相談することで解決への第一歩を踏み出してみましょう。

個人再生とは

債務整理の方法はいくつかありますが、そのなかでも持ち家を残したまま借金の大幅減額を目的とする個人再生について詳しく解説します。

個人再生とほかの債務整理との違いを知ったうえで、メリットやデメリットを考えながら必要に応じて司法書士や弁護士に依頼してみましょう。

個人再生とは

 

まずは個人再生がどのような手続きなのか知っておきましょう。

個人再生は借金の減額を目的としています。借金の金額に応じて最低限返済しなければいけない金額が決められており、それにもとづいて裁判所を通して大幅に借金を減額をしてもらうことが可能です。減額してもらった借金は3~5年かけて返済します。

個人再生は借金総額から減額をしてもらうため、すべての借金を手続きの対象としなければいけません。しかし、借金の中に住宅ローンが含まれている場合、一定条件を満たすことで住宅ローン特則という制度を利用し手続きから除外することが可能です。持ち家を手放したくないけど借金をなんとかしたいという人におすすめの方法です。

個人再生のメリット・デメリット

 

個人再生で得られるメリットとしては、裁判所に返済がむずかしいことを認めてもらえれば借金を大幅に減額することができます。

100万円以下の借金の場合は、減額されないのでそれ以上の借金がある場合に個人再生を検討してください。

減額される金額は、借金総額によって決められており、最大で10分の1まで減らすことが可能です。一般的に5分の1まで減らしてもらえることが多いです。

個人再生には住宅ローン特則というマイホームを守る制度があります。借金をしている本人が所有しており居住しているなど条件はありますが、住宅ローン特則を利用することにより、住宅ローンを個人再生の手続きから除外することが可能です。

住宅ローン特則は、個人再生の最大の特徴です。生活の基盤を変えずに債務整理をおこなうことができるので、マイホームを持っている人にはおすすめの手続きです。

債権整理をすることで貸金業者から強制執行手続きをされてしまうのではないかと不安に思う人も少なくありませんが、個人再生なら強制執行を止めることができます。

強制執行とは、貸金業者が給与などの差し押さえをすることです。個人再生手続きと強制執行中止命令の申し立てを裁判所にすることで収入をキープすることができるのです。貸金業者にとっては不利なシステムですが、借金をした本人にとっては返済計画を見直したり生活を立て直したりするための有効な手段といえます。

メリットが多い個人再生ですが、手続きをするうえでデメリットとなりえる点もいくつかあるので頭に入れておきましょう。

個人再生は、裁判所を通しておこなう手続きのため裁判所への提出書類の準備や流れに沿った手続きが求められるので時間がかかってしまいます。

司法書士や弁護士へ依頼することにより書類の準備や手続きもスムーズに進みますが、任意整理のように裁判所を通さない手続きよりは時間がかかってしまう点がデメリットになりえます。

もうひとつデメリットとして挙げられるのは、官報に名前がのることです。官報とは、国が発行する機関紙のようなものです。国民に知らせたい法律や人事異動はもちろん自己破産者情報なども掲載されています。

官報に日ごろから目を通す人は限られていますが、インターネットの普及によってパソコンやスマートフォンでだれでも簡単に閲覧できることを知っておきましょう。

また、一般的にブラックリストと呼ばれている信用情報にも事故情報が登録されてしまうというデメリットもあります。ただし、情報が登録されるのは5~10年間であるため、一生残り続けるものではありません。

ブラックリストに登録されている間はクレジットカードの利用や新規の借入れができなくなります。ブラックリストにのるのが嫌だからといって手続きをためらっている人は、目の前の借金問題を解決することに目を向けましょう。

個人再生の条件

 

個人再生は、小規模個人再生と給与所得者再生の2つに分けられます。手続きの条件はそれぞれに異なるので、どちらの方法を選ぶかによってクリアすべきポイントが変わってきます。

給与所得再生とは、会社勤めの人など毎月の収入が大きく変動しない人がおこなえる手続きです。借金の減額には貸金業者の同意が必要ですが、給与所得再生の場合は貸金業者の同意が必要ありません。

小規模個人再生が個人再生の基本のかたちで、こちらを選ぶ人が多いのが現状です。小規模個人再生をおこなえない場合に給与所得再生を検討することをおすすめします。

小規模個人再生をおこなう条件は、借金の総額が5,000万円以下であること、減額した借金を3~5年で返済できる程度の収入が見込めることです。住宅ローン特則を利用する場合、住宅ローンを除いて5,000万円以下の借金であれば手続きは可能です。

給与所得再生をするためには、小規模個人再生の条件を満たしつつ給与などの所得変動が年間20%以下である必要があります。破産した経験がある人でも、破産してから7年が経過していれば小規模個人再生手続きをすることも可能です。

個人再生に向いている人

債務整理を考えているけど、個人再生が自分にとっていい選択なのかわからないという人も多いと思います。借金を抱えていて返済が苦しいが、減額されることで返済が続けられるという人には個人再生がおすすめです。

毎月の収入が安定していて返済が続けられることが前提となるので、返済にあてられる収入が見込めない人は司法書士や弁護士に相談しながら別の方法を検討してみましょう。

個人再生なら、マイホームを手放すことなく借金の減額や返済計画の見直しをすることができるので環境を変えずに借金問題を解決したい人に向いている方法です。

ただし、住宅ローンは住宅ローン特則によって守られていますが、車のローンは借金の一部とみなされるので手もとに残せなくなることを覚悟しておく必要があります。

個人再生の手続きの流れ

 

個人再生をするためには、まず信頼できる司法書士や弁護士を見つけましょう。司法書士や弁護士の仕事は多岐にわたるため、債務整理が得意な司法書士や弁護士に相談し依頼することが重要です。

正式に依頼をしたら司法書士や弁護士が貸金業者に対し受任通知を送付します。受任通知を受け取ると貸金業者は借金をした本人に直接連絡をとることができないため、督促がとまります。

次に、裁判所へ個人再生の申し立てをおこないます。申し立てが許可されてから3~4カ月以内に再生計画案を提出しなければならないので、ある程度債務状況についてまとめておくことがポイントです。

貸金業者が再生計画案に記されている返済額や返済期間に異議がなければ、これを裁判所に提出して許可をえて借金の減額が認められるというのが一連の流れです。

返済額は借金総額に対して最低弁済額が定められています。100万円未満は減額されません。100万円以上500万円未満は100万円、500万円以上1,500万円未満であれば借金額の5分の1、1,500万円以上3,000万円未満の場合は300万円、3,000万円以上5,000万円未満の場合は10分の1を返済しなければなりません。

どの程度まで借金を圧縮できるかは専門家の腕ではなく法律で定められています。専門家への依頼から実際に減額した借金の返済がスタートするまでには、半年から8カ月程度かかるケースが多いです。

個人再生の費用相場

 

個人再生を司法書士や弁護士へ依頼するとなると気になるのは費用です。債務整理が必要な状況だからこそ、手続きにかかる費用は最小限に抑えたいと考える人が多いのではないでしょうか。

個人再生を司法書士や弁護士へ依頼する場合、費用に若干差があります。弁護士へ依頼する場合30~50万円程度、司法書士へ依頼する場合20~30万円程度が費用の相場です。また、住宅ローン特則を利用する場合、5~10万円程度が費用に上乗せされることが多いです。

そんな費用を払うお金はないとためらう人もいるかと思いますが、 費用は分割払いに対応している事務所が多いので安心してください。相談の際に、しっかりと費用の支払方法を確認するようにしましょう。

債務整理を依頼する奈良にお住まいの方

近畿地方にある奈良県は、およそ153万人が暮らしている地域です。三重県・京都府・大阪府・和歌山県に隣接していて奈良時代から明治時代までは地方行政区分で大和国と呼ばれていました。1868年に奈良府から奈良県へと改称され2006年までの市町村合併によって12市7郡15町12村の自治体構成になりました。2006年には大宇陀町・菟田野町・榛原町・室生村の4つの町と村が合併し宇陀市が誕生しました。奈良県の県庁所在地は県北に位置する奈良市で京都府木津川市と三重県伊賀市に隣接しています。奈良市や大和郡山市など大阪府に近いエリアは人口が増えているのに対して12村を中心に人口の減少が見られるのが特徴です。県北西部は大阪府に近くベッドタウンとしても人気のエリアで奈良盆地と呼ばれています。宇陀市榛原がある東部は大和高原と呼ばれていて月ケ瀬梅林や曽爾高原といった自然豊かな環境が広がっている地域です。また県南部から中央にかけては吉野山地が続いていて奈良県の面積の約3分の2を占めています。

奈良県は大和国として栄えた時代もある歴史深いエリアでもあります。そのため国宝建造物の数が都道府県で最多であることが有名です。東大寺や法隆寺などの寺院もあり数多くの観光客が訪れています。修学旅行のルートとしても人気で日本の歴史を感じながら観光することができるのも魅力です。また平安時代中ごろに菅原孝標の次女によって書かれた「更級日記」や平家と源氏の軍事物語が描かれている「平家物語」といった奈良県を舞台とした日本文学もたくさん生まれています。

厚生労働省の地域別最低賃金に関する情報によると2017年の奈良県の最低賃金は786円であることがわかります。2002年から少しずつ高くなっているものの全国加重平均額の848円と比べると水準が低いと言わざるをえません。奈良県では労働者も使用者も快適に働ける職場を目指すために最低賃金審議会で金額の審議や見直しがおこなわれています。生活のベースとなる収入源の確保や働きやすい環境づくりにも力を入れていると言えるでしょう。生活するなかで起こり得るトラブルや悩みを解決してくれる司法書士事務所や弁護士事務所もたくさんあるので子どもから高齢者まで安心して暮らせる環境が整っています。レイクやアイフルなどの貸金業者からお金を借りたものの返済が困難になってしまった人や債務整理をしたくても自分では手続きができないと諦めている人でも専門家に相談することで問題をスムーズに解決することが可能です。まずは身近な司法書士や弁護士に話を聞いてもらいながら解決の道をさぐりましょう。

個人再生や自己破産などの債務整理をするなら司法書士事務所や弁護士事務所に依頼するのがおすすめです。債務整理のなかには自身で手続きができるものもありますが、専門知識や経験がなければ時間ばかりかかってしまいスムーズに問題を解決することができません。必要な書類作成から提出まで、わかりやすくサポートしてくれる専門家と一緒に債務整理をすることで悩みの種を早期に取り除くことができます。奈良県内には司法書士が210名以上登録されていて、そのうちの約150名が簡裁訴訟代理業務にも対応できる認定司法書士です。また約170名の弁護士も登録されているのでニーズに合った専門家を選ぶことができます。県内にある司法書士事務所や弁護士事務所を探すならインターネットで口コミや評判を調べてみましょう。実際に利用した経験がある人の意見を参考にすることで自分が置かれている状況にぴったりの体験談や口コミを見つけることができます。奈良県には司法書士事務所と弁護士事務所がおよそ20件ずつあるので事前にいくつか気になる専門家をしぼり込んでおくと依頼先を決めやすくなります。多くの事務所では無料相談を実施しているので実際に足を運んで費用や手続きの進め方を比較するのがおすすめです。

債務整理をする場合、債権者である貸金業者と交渉をする必要があります。業者との話し合いに不安を感じる人でも司法書士や弁護士に依頼することで個人再生や自己破産はもちろん過払い金請求の際にも債権者との間で交渉にあたってくれるので安心です。個人再生のように裁判所との関わりがある場面でも円滑に手続きを進めることができます。また奈良県内の裁判所に申し立てをしていても債権者の本社がある他県に移送を申し立てる可能性があるので、事前に債権者の本社について調べておきましょう。奈良県に本社がある貸金業者には生駒市東生駒にある「南都カードサービス株式会社」、奈良市大宮町にある「株式会社三昌」、奈良市三条町にある「株式会社日電社」などがあります。一方でレイクやアコムのようにさまざまな地域に営業所がある貸金業者は任意整理の際に本社がある東京などに移送申し立てがおこなわれる可能性が高くなります。個人再生などの債務整理は知識がないと手続きをするのをためらってしまう人もいるでしょう。しっかりと対応してくれる司法書士などを味方につけながらスピーディーな問題解決を目指しましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top