大阪で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

大阪で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)は、大阪市中央区にあるのですが、大阪事務所を設立以来、大阪市だけでなく堺市堺区、堺市中区、堺市東区、堺市西区、堺市南区、堺市北区、堺市美原区、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市など大阪府の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております。

大阪府内であれば、大阪市までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

大阪で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

大阪府内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、大阪事務所は大阪府だけでなく和歌山県奈良県兵庫県京都府を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が大阪事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も大阪府にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

大阪での債務整理の無料相談は大阪事務所

大阪にお住まいの方、お勤めの方は大阪事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。

大阪事務所では、正式にご依頼いただくまで債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

大阪事務所のアクセスマップ

大阪事務所の周辺地図

電車でお越しの方

なんば駅より徒歩2分
大阪難波駅より徒歩3分
JR難波駅より徒歩6分

車でお越しの方

お近くにタイムズなんば、ひまわりパーキング、エコロパーク難波第1、スパーク道頓堀などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

賑橋、なんば、VIPラウンジなんば、JR難波駅前のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 大阪事務所の詳細はこちらからご参照ください。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

借金問題の解決方法「債務整理」

借金問題の解決には債務整理がおすすめです。債務整理とは借金を減らしたり借金の返済義務を免除してもらい生活を立て直すための手続きです。債務整理は大きくわけて任意整理・民事再生・自己破産・特定調停の4つあります。借金をした本人の状況や希望に応じて、その人に合った手続きを選ぶことができます。

債務整理はメリットだけでなく、それぞれの手続きごとにデメリットもあるので整理の事前に確認しておくことが大切です。

債務整理の種類とそれぞれの特徴

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停という4つの方法があります。どの方法が向いているかは借金をした本人の経済状況など、さまざまな条件によって変わります。

債務整理は借金問題を解決できますが、いいことばかりではありません。今後の生活に支障をきたす可能性もあります。債務整理をスムーズにおこなうにはそれぞれのメリット、デメリットを理解することが大切です。

任意整理の特徴とメリット・デメリット、向いている人

任意整理とは、司法書士や弁護士が借金をした本人と貸金業者の間に入り将来発生する利息をカットしたり今後の返済計画を見直す方法です。司法書士や弁護士へ依頼をすると返済がいったんストップし、督促もなくなります。

任意整理のメリットは、将来発生する利息をカットできることです。利息がカットされれば、返済したお金はすべて元本に充てられるので、借金の減りを実感できます。利息がない分、月々の負担も軽くなるでしょう。

任意整理は司法書士や弁護士へ依頼し、貸金業者と交渉をする手続きです。任意整理の経験が豊富な司法書士や弁護士へ依頼することによりスムーズに手続きをおこなうことができます。精神的な後ろめたさがあり貸金業者と話したくない人も安心です。

任意整理のデメリットは、信用情報に事故情報が登録されることです。一般的に、信用情報に事故情報がのることをブラックリストにのるといいます。任意整理をおこなうと、5年程度ブラックリストにのるので、その間は新たな借入れやローンを組むことができなくなります。ブラックリストにのることを恐れて生活が苦しいままでいるよりは、目の前の借金問題を解決することを最優先しましょう。

手続きをおこなった後に返済が続くので、ある程度収入が安定している人でなければ、任意整理はできません。収入が高い必要はありませんが、毎月安定した収入が見込める人は任意整理に向いているといえます。

個人再生の特徴とメリット・デメリット、向いている人

個人再生とは裁判所を通して借金を大幅に減らしてもらう方法です。借金の金額に応じて最大10分の1までに減らしてもらえるのが個人再生の特徴です。

個人再生は減額してもらった借金を3~5年かけて返済します。メリットとしては任意整理よりもはるかに大きく借金の減額ができる可能性があることです。また任意整理には応じてくれなかった貸金業者も、裁判所を通す個人再生であれば受け入れざるをえなくなります。

また、個人再生はすべての借金を手続きの対象にしなければなりませんが、住宅ローンは一定条件を満たすことにより住宅ローン特則という制度を利用して手続きから除外することが可能です。住宅ローン特則を利用することにより、持ち家を手放さずに借金を大幅減額できるので、持ち家がある人にはおすすめの手続きです。

デメリットは5~10年ブラックリストにのってしまうことです。借金を大幅に減額してもらっているので、あらたな借金をせずに現金での生活に慣れるチャンスとも言えます。

もうひとつのデメリットとして、官報に掲載されることも覚えておきましょう。官報とは、国が発行している機関紙のことで、個人再生をおこなうとその事実が氏名とともに掲載されます。周囲に知られてしまうのではないかと恐れる人もいるかもしれませんが、官報は一部の職業の人しか見る機会はないので官報が原因で周囲に個人再生をした事実が知られてしまったということはあまりありません。

自己破産の特徴とメリット・デメリット、向いている人

自己破産は、裁判所を通して返済ができないことを認めてもらい借金の返済義務を免除してもらえる手続きです。自己破産の認定基準は「支払い能力が認められるかどうか」です。返済が滞っているうえ収入も追いつかず、分割での返済も困難になっている人は自己破産に向いています。

しかし、自己破産をおこなうと持ち家や車など財産となるものを失います。当面の生活費や生活をするうえで必要な家電などは残すことはできますが、失うものが多いので債務整理の中でも最終手段とされています。

自己破産のメリットはなんといっても借金が消えることです。すべての返済義務から解放され新しい一歩を踏み出すことができます。自己破産の手続きが開始されると貸金業者からの取り立てもストップします。給料の強制的な差し押さえもできないので生活を侵害される危険性がなくなります。

自己破産とはいえ、すべての財産が消えるわけではありません。生活に必要な一部の財産は裁判所の判断によって手元に残ります。自己破産をおこなわなければ全財産が貸金業者のものになってしまうケースでも、最低限の財産を守りたいなら自己破産は効果的でしょう。

デメリットとしては10年程度ブラックリストにのってしまうことです。また官報に個人情報がのることも避けられません。

また、自己破産の手続き中は一部の職業に就くことができなくなります。警備員や旅行業、金融関係の仕事は手続きが終わるまで業務をおこなうことができません。職業の制限があるのは債務整理のなかでも自己破産だけです。自分の仕事には影響がないか確認しておく必要があります。

特定調停の特徴とメリット・デメリット、向いている人

特定調停は任意整理とよく似た借金の減額方法ですが、裁判所が間に入り貸金業者と話し合いをおこないます。今後発生する利息をなくしてもらい、今後の返済計画を話し合います。

話し合いで折り合いがつけば調停調書が作成されます。調停調書は法的効力のある書類なので、書かれている内容は厳守しなければいけません。もし、調停調書に書かれている通りに返済ができなければ、貸金業者は給与の差し押さえなど強制執行をおこなうことができます。無理のない範囲で返済計画をたてることが大切です。

特定調停は自分で書類を準備したり裁判所へ出向かなければならないので、細かいことが得意な人や時間に余裕がある人が向いています。

特定調停のメリットは、司法書士や弁護士へ依頼せずに自分で手続きを進めるので、費用を安く抑えられることです。債務整理は基本的に司法書士や弁護士へ依頼するため、費用が高くなることが多いですが、自分で手続きを進めることによって数千円で手続きをおこなえます。

また、手続きする貸金業者を選ぶことができるので、車のローンや連帯保証人がいる借金は手続きから外せます。車のローンや連帯保証人がいる借金を手続きから外すことによって車を手放さなくてよかったり、連帯保証人に迷惑をかけずに借金問題を解決することが可能です。

特定調停のデメリットとしては、貸金業者からの取り立てがなかなか止まらない可能性があるということです。任意整理では司法書士や弁護士へ依頼し、貸金業者に連絡してもらった時点で取り立てはストップします。しかし特定調停は裁判所に書類を提出しなければ取り立てが止まりません。すでに、取り立てがストレスになり精神的にも経済的にもつらくなっているのに状況がなかなか改善されないこともありえます。

特定調停では裁判所が選定した調停委員によって調停がおこなわれます。調停委員が必ずしも債務整理に詳しいというわけではないので、思っていたような手続きができなかったということにもなりかねません。自分で手続きをおこなうよりも司法書士や弁護士へ依頼したほうがよかったと後悔しないようにしましょう。

債務整理を依頼する大阪にお住まいの方

海に面し、港としても商業都市としても栄えている大阪の期限は5世紀にまでさかのぼります。当時、大阪には難波津という港が設置されており、アジアの諸国との交易の中心として重宝されていました。その後、港町としての発展を遂げてきた大阪が転換期にさしかかるのは織田信長が活躍していた戦国時代です。石山本願寺の猛威を恐れた信長は本願寺を焼き討ちして大阪を統治します。信長の後継者となり大阪の支配を引き継いだ豊臣秀吉は大阪城を築き政治の拠点としました。以後、徳川家康によって大阪城も城下町も崩壊しますが、驚くべきスポードで大阪は復興を遂げます。むしろ徳川幕府があった江戸とは別の文化、社会を形成して「天下の台所」と呼ばれるほどの商業都市となりました。

明治以降、首都が東京になり関東が政治の主権を得るようになってから大阪は工業に力を入れて明治維新を支えました。大阪湾周辺には工業地帯が広がっています。 大阪に拠点を置く政党が全国的に注目されたり「上方漫才」「上方落語」と呼ばれるような大衆芸能が人気だったりと関西を代表する経済と文化を生み出しています。大阪は国内外を問わず観光客も多く通天閣や道頓堀などのほか東のディズニーランドと人気を2等分するユニバーサルスタジオジャパンも休日のたび大勢の人が押し寄せています。

日本有数の活気がある街、大阪だけに人々の消費活動も盛んです。大企業、中小企業を問わず多くの会社が本拠地をかまえ経済を支えています。また「食いだおれ文化」に象徴されるように「お金を使うときは使う」のが大阪人の気質だといえるでしょう。梅田や難波といった繁華街にはパチンコ店や歓楽街なども多く大人の遊び場としても知られています。街のパワーがみなぎっているだけあり大阪では長引く不況にあっても消費者の経済活動は比較的、停滞しない傾向が見られます。大阪は商売人の街としても知られていますが、元来の「お祭り好き」「イベント好き」の気質も経済活動に拍車をかけています。大阪府民はセールやキャンペーンなどの文句に敏感で1度に大金を使って買い物をする大胆さが見られます。大阪人の性格は借入などにも反映されており計画性のないまま大きな借金を抱えてしまう人も目立ちます。

こうした大阪の地域性はアイフル、アコム、レイクといった消費者金融にとって見逃せないマーケットとなっています。経済でも東京に次ぐ大阪ですが、貸金業者にとっても「第2の東京」とでもいうべき借入が期待できる街です。

借入が多いと必然的に多重債務、高金利などの問題に悩む人も増えていきます。大阪には少なくない数の司法書士・弁護士が拠点をかまえ借金に悩む人々の相談に乗っています。メンターエージェントの2015年の調査によれば、大阪府の司法書士の数は2,330人でした。これは全国で2番目に多い数字です。

大阪司法書士会によれば登録している認定司法書士数は1,953人にものぼりました。認定司法書士とは債務整理のプロフェッショナルです。特に簡易裁判などにもつれこんだ場合には弁護士以上の知識がそなわっているケースも珍しくないでしょう。

法務省発表「法曹人口に関する基礎的資料」によれば2012年の時点で大阪の「弁護士会別の弁護士の数」は3,854人で全国4位でした。弁護士1人あたりの人口は2,381人と東京に次ぐワースト2位であり、西日本で一番弁護士数が充実している都道府県だと呼べます。 WEBサイト「司法書士事務所の検索&口コミ」によれば大阪では625の司法書士事務所と11の公証人役場があります。司法書士に相談がある人はこれらの機関に向かえば、面会してもらえます。

大阪には消費者金融の本社もたくさんあります。たとえば大手では三井住友カード株式会社が大阪市中央区今橋4-5-15に大阪本社を置いています。1953年設立と歴史がある株式会社日証も大阪市中央区東心斎橋1-9-24に本社があります。審査結果が出るまでが短くパートやフリーターなどの低所得者にも宣伝している株式会社キャスコの本社は大阪市中央区淡路町2-4-1です。オフィス街でもあり歓楽街も近い中央区に本社が集中的に建っているのが大阪の金融の特徴でしょう。

大阪府民は日本人の中でも豪快な金遣いを見せる人々が多い傾向で金融業、貸金業もエネルギッシュに活動しています。その一方で過払い金などの問題も多く悩みを抱えている人も少なくありません。取り返しが付かなくなる前に司法書士へと相談してみることをおすすめします。日本有数の商業都市だけあり、たくさんの司法書士もまた大阪に事務所をかまえています。近隣にも高確率で信頼できる評判の司法書士が見つかるでしょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top