和歌山で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

和歌山で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)は、大阪市中央区にあるのですが、大阪事務所を設立以来、和歌山市だけでなく、海南市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀の川市、岩出市などの和歌山県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております。

和歌山市内であれば、大阪までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

和歌山市からのアクセス方法

和歌山の主要駅である和歌山駅から電車でお越しになる場合は、JR特急くろしおで天王寺駅にいき、大阪市営御堂筋線で最寄駅であるなんば駅をご利用ください。なんば駅より徒歩2の立地にございます。また、車でお越しになる場合は、阪和自動車道和歌山IC、泉佐野JCT、美原JCT、阪神14号松原線松原JCT、大和川線松原線分岐、阪神1号環状線なんばルートででお越しになられると便利です。

和歌山で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

和歌山県内や大阪府内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、大阪事務所は和歌山県、大阪府だけでなく奈良県兵庫県京都府を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多くいただいております。

これは司法書士法人杉山事務所が大阪事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も和歌山県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

和歌山での債務整理の無料相談は大阪事務所

和歌山県にお住まいの方、お勤めの方は大阪事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。大阪事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

大阪事務所のアクセスマップ

大阪事務所の周辺地図

電車でお越しの方

なんば駅より徒歩2分
大阪難波駅より徒歩3分
JR難波駅より徒歩6分

車でお越しの方

お近くにタイムズなんば、ひまわりパーキング、エコロパーク難波第1、スパーク道頓堀などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

賑橋、なんば、VIPラウンジなんば、JR難波駅前のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 大阪事務所の詳細はこちらからご参照ください。

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

借金を減らせる・なくせる「債務整理」について

借金の返済が苦しいと感じたら、国が認めている借金問題の解決方法である債務整理を検討する必要があります。

債務整理は大きくわけると任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。4種類のうち、裁判所を通さずに貸金業者との交渉で今後発生する利息をゼロにしたり長期で返済していき完済を目指す方法が任意整理です。

任意整理は、貸金業者と直接交渉するので柔軟に債務整理ができます。債務整理を考える場合、最初に検討すべき手続きです。

ここでは任意整理がどういう手続きなのか詳しく説明します。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さずに貸金業者と利息のカットや今後の返済経過鵜を直接話し合って借金問題を解決する方法です。

ほかの債務整理は裁判所を通して手続きをおこなわなければいけないのに対し、任意整理は司法書士や弁護士へ依頼し貸金業者と話し合いをするのでかんたんに手続きをおこなえます。

任意整理は手続きをする借金を選ぶことができるので、車など手放したくない資産のローンなどは手続きから外すことができます。自由度の高い債務整理のため、利用者が一番多いです。

話し合いのなかで今後発生する利息をゼロにしてもらい、残った元本を3~5年で返済していくため、ある程度の返済能力が必要になります。

返済能力は、収入が高いかどうかではなく安定した収入があるかどうかで判断されます。収入が少なくても安定した収入さえあれば3~5年かけて少しずつ返済をしていくことが可能だからです。

借入れ時の利息が法律で決められた上限よりも高ければ、過払い金が発生しているのでその分を借金と相殺することができます。

発生していた過払い金と相殺した結果、借金が減ったりゼロになります。借金がゼロになっても過払い金が余っていれば手元に現金で戻ってきます。

利息の負担がなくなることによるメリットは非常に大きいので債務整理に取り掛かる際には、まず任意整理を検討しましょう。

「任意整理」のメリット

任意整理のメリットは手続きをする借金を選べることです。ほかの債務整理ではすべての借金を手続きの対象にしなければならない方法もありますが、任意整理は自由度の高い債務整理のため、手続きしたくない借金はそのまま返済を続けることが可能です。

たとえば、車のローンを任意整理してしまうと車を失ってしまうので車のローンは手続きから外すという選択をすることができます。

ほかにも連帯保証人をつけている借金があれば、連帯保証人に迷惑をかけないためにも手続きから外すことができます

また、手続きの途中で払いすぎた利息である過払い金が発生していることがわかればそのまま同時に手続きをおこなうことができます。

過払い金が発生していれば、その分借金を減らすことやなくすことができます。取引期間が長い人は、過払い金が発生している可能性が高いのでメリットになるでしょう。

今後発生する利息をカットしたり、過払い金が発生していて借金を減らすことができれば完済までの道筋ができます。

今まで負担に思っていた利息がなくなれば、返済した分だけ借金の元本が減るためスムーズに返済を進めることができるでしょう。

「任意整理」のデメリット

任意整理のデメリットは、ほかの債務整理に比べて借金の大幅減額はのぞめない点です。もちろん過払い金が発生していれば、大幅な減額も可能です。

過払い金が発生していなければ利息のカット程度の減額になる可能性があります。もちろん利息のカットは返済をしている人にとっては、大きなメリットですので、デメリットにはなりません。

そして、任意整理をおこなうと信用情報に金融事故情報が記録されます。いわゆる「ブラックリストにのる」といわれているものです。

返済を2~3か月延滞していたり、債務整理をした場合がブラックリストにのるおもな原因です。

任意整理の場合、手続きをおこなうと約5年ブラックリストにのります。ブラックリストにのっている間は、新たな借入れやローンを組むことができなかったり、クレジットカードを使用することができなくなります。

ブラックリストにのるということは必ずしもデメリットになるとは限りません。新たな借入れができないということは、これ以上借金が増えることはないということです。

新たな借入れのことは考えず、目の前の借金を完済できるように前向きに生活するようにしましょう。

「任意整理」に向いている人とは

任意整理に向いている人とはどのような人なのでしょうか。任意整理は毎月の返済の負担は軽くなりますが、返済自体はなくなりません。そのため、安定した収入がある人が向いているといえます。

また、任意整理では借金の原因は問われません。自己破産では借金の原因がギャンブルや遊びの場合には手続きをすることができない可能性がありますが、任意整理の場合はどんな理由の借金でも手続きをすることが可能です。ギャンブルや遊びなどで借金をつくってしまったという人にはおススメの方法です。

周囲の人に内緒で債務整理をしたいという人にもおすすめの方法です。任意整理は、司法書士や弁護士へ依頼して貸金業者と直接交渉をしてもらいます。

司法書士や弁護士へ依頼した段階で、貸金業者は借金をした本人と直接連絡をとることができなくなります。すべての窓口が依頼した司法書士や弁護士になるのです。

任意整理に慣れている司法書士や弁護士であれば、依頼者の要望に合わせて連絡をしてくれるので、周囲の人には知られる可能性が低いです。

生活への影響を最小限にとどめたい方にとっては非常に有力な債務整理の方法です。

「任意整理」の手続きの流れ

実際に任意整理をするとなる時になるのが手続きの流れです。

返済が苦しいと感じたら、まず司法書士や弁護士へ相談します。相談料は事務所によって異なります。多くの司法書士事務所は無料で相談を受けているので気軽に利用しましょう。

相談では今の借金の金額や経済状況などを聞かれます。手元に明細などがなくても相談は可能です。法律のプロに相談するということが重要です。少しでも苦しいと感じたらためらわずに話を聞いてもらうことをおすすめします。

相談を終えて、正式に依頼することになれば契約書を取り交わします。契約書には手続きの内容や手続きにかかる費用が記載してあります。しっかりと目を通してわからないことがあれば、その場で解決しておくと後々トラブルになるのを防げます。

契約書を交わしたら、依頼された司法書士や弁護士は手続きをする貸金御者へ受任通知を送ります。受任通知を受け取った貸金業者は、この時点で借金をした本人と直接連絡をとることができなくなります。

貸金業者から借金をした本人の今までの取引の状況が記載してある取引履歴が開示されます。貸金業者にもよりますが、早くて1週間、平均して1か月程度で取引履歴は開示されます。

取引履歴が届いたら、司法書士や弁護士は過払い金が発生していないか法律で決められている利息の上限に基づいて計算をします。この利息の計算を引き直し計算といいます。最初から法律で決められている範囲内での借入れの場合は、過払い金は発生しないので、引き直し計算はおこなわれません。

引き直し計算がおわれば、貸金業者と利息のカットや今後の返済計画について交渉が始まります。交渉は任意整理の経験が豊富な司法書士や弁護士であれば安心して任せることができます。依頼する前にしっかりと任意整理が得意な事務所かどうか調べておきましょう。

交渉のすえ、今後の返済計画や返済額がまとまると合意を得た内容が記載してある和解書を作成します。毎月いくらずつ、どのくらいの期間で返済をするのか書かれています。

和解書を取り交わしたら、あとは和解書に書かれている通りに完済するまで返済をしていきます。

和解書には、2回以上支払いを怠った場合は残りの借金を一括で請求するという内容などの文言が入っていることがほとんどなので、毎月しっかり返済するように気をつけましょう。

任意整理にかかる費用

任意整理は司法書士や弁護士へ依頼するのが一般的です。そのため、司法書士や弁護士への報酬が必要になります。

任意整理を証書氏や弁護士へ依頼すると、相談料や基本報酬、減額報酬などさまざまな費用が発生します。

まず、相談料です。相談料は、無料にしていたり30分だけ無料で以降は5,000円などと事務所によってばらつきがあります。相談料無料の事務所を選ぶことによって費用をおさえることが可能です。

依頼した時点でかかるのが着手金です。着手金は、手続きの結果がどうだったかにかかわらず支払う報酬で相場は3~5万円です。途中で依頼を止める場合でも着手金は戻ってこないので注意しましょう。

手続きする貸金業者の数によって変わる基本報酬は、1社あたり2~4万円が相場です。着手金をとらない代わりに基本報酬が高めに設定されていたり、着手金をとる代わりに基本報酬はかからないなど、事務所によって料金形体が異なるので、依頼をする前にしっかり確認することが大切です。

任意整理によって借金が減額した場合は、減額報酬を支払います。減額報酬は、減った借金に対して10%程度です。たとえば100万円の借金が50万円に減ったのであれば、その10%である5万円が減額報酬になります。

任意整理の途中で過払い金が発生していることがわかり、手元に過払い金が戻ってきた場合にかかる報酬が成功報酬です。過払い金が発生していなければ必要ない報酬です。相場は取り戻した過払い金の20%です。

借金の返済に困っているのに費用を支払えるのかと不安な人もたくさんいるかと思いますが、多くの司法書士事務所や弁護士事務所は分割払いに対応しています。

受任通知を送ると、貸金業者への返済がいったんストップするのでその間に分割払いで費用を支払うことがほとんどです。

費用の分割払いの予定を組む際に無理なく払える金額にしてもらうようにしましょう。また、手続きにかかる費用の説明をわかりやすくしっかり説明してくれる事務所をえらぶことが大きなポイントになります。

債務整理を依頼する和歌山にお住まいの方

和歌山県は紀伊半島の南部に位置し、湾岸地帯を中心に発達している「農業県」です。和歌山市は阪神工業地帯の一角にあるので湾岸地域の重化学工業を中心に発達しています。それ以外の県の大部分は産地で占められています。県は有田市、有田川町以北の「紀北」、それ以南の「紀南」に大きく分けられます。「紀北」は和歌山市、有田市などを中心に官公庁や企業などの集まる中心地域となっていて「紀南」は田辺市や新宮市を中心に水産業、林業、観光業が盛んです。温暖で緑豊かな県ですが、残念ながら近畿地方の県としては唯一人口減となっている県であり、地方自治体ならではの過疎や住民の高齢化といった問題をかかえています。和歌山市や岩出市、橋本市などは比較的大阪へのアクセスが良いということもあってベッドタウン化が進んでいる一方、紀南地域は観光客を呼び込める自治体以外は衰退傾向にある地域も多い傾向です。湾岸を走る国道42号線やJR紀勢本線から離れた地域へのアクセスは不便なので、車による移動が必須となります。

和歌山市の弁護士数、司法書士数

和歌山県に存在する弁護士数は、2017年時点で和歌山弁護士会所属の弁護士が143名となっており、そのほとんどは県庁所在地である和歌山市、あるいは田辺市や橋本市などの人口の多い地域で開業されています。同様に司法書士の数は183名(そのうち簡裁代理権を持つ方は101名)となっており、こちらは和歌山県内の地域全体で開業されています。県内の各地域でより身近に専門家を探す場合は司法書士事務所のほうがアクセスしやすいかもしれません。

任意整理を依頼した場合には頻繁に事務所に出向く必要はありませんから全国展開している弁護士事務所や司法書士事務所に依頼するということも可能です。ただ和歌山県特有の裁判や地方自治体の事情、県内の貸金業者との交渉経験があるという点を考慮すると地元の事務所に依頼したほうが無難かもしれません。その際には「任意整理を専門業務の1つとして扱っている事務所かどうか」「相談時に納得のいく説明をしてくれるかどうか」などを吟味することが大切です。評判や口コミの情報なども参考にして事務所を選びましょう。またまったくどこへ相談していいかわからないという場合は「法テラス」でひとまず相談してみるのもおすすめです。和歌山県の法テラスは和歌山市役所の北側にあり、弁護士による無料相談が週4日、司法書士による相談が月2回おこなわれています。相談時間30分の予約制で債務整理に関する相談にも乗ってもらえるので、とりあえず相談先を探しているという場合には利用してみましょう。

県内の貸金業者

貸金業者は大きく分けて「財務局長登録」の業者と「知事登録」の業者があります。どこにも登録していない業者がいわゆる「ヤミ金融」業者にあたるので、まずはお金を借りる際にはきちんと登録されている業者か確認しなければなりません。登録業者のうち「財務局長登録」をしている業者はアコムやアイフルなどの大手消費者金融やJCB、オリックス、三菱UFJニコスなどのカードローン会社など全国規模で広告展開している業者や銀行、カード会社の系列業者が中心です。もちろんこうした業者との間で任意整理交渉することもできますから、債務整理の際には弁護士や司法書士に相談してみましょう。大手との任意整理交渉は窓口や手続きも事務的に進む傾向があるため、ある程度の成功の見込みや交渉や返済の予定について計画が立てやすい面があります。

これ以外に「知事登録」されている貸金業者というものがあります。これは和歌山県内で営業している地元の貸金業者です。和歌山県には2017年7月29日時点で7社の登録業者があります。県内で有名な貸金業者は大商、ダンドリー、ローンズマルキなどです。いずれも本社は和歌山市内にあり、県内ではテレビCMなどでよく知られている中小規模の貸金業者です。同じく県内にある紀陽銀行系列の紀陽カード、紀陽カードDCといったカードローン会社よりも審査が甘い傾向にあるので、財務状態の悪い債務者がこういった業者からお金を借りる傾向にあるようです。

いずれにせよ債務整理をする場合はどのような貸金業者であれ、弁護士や司法書士としっかりと相談したうえで手続きに入ることに変わりません。なるべく早めに手を打つことが借金問題の解決には必要ですから、まずは和歌山市内を中心に最寄りの相談窓口に申し込んでおきましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top