山形で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

山形で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120131025
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は、仙台市青葉区にあるのですが、仙台事務所を設立以来、山形市だけでなく、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市などの山形県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

山形市内であれば、仙台までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

山形市からのアクセス方法

山形の主要駅である山形駅からバスでお越しになる場合は、高速バスで乗り換えなしで最寄駅である仙台駅をご利用ください。仙台駅より徒歩10分の立地にございます。

また、車でお越しになる場合は、東山形自動車道山形蔵王IC、東北自動車道村田JCT、仙台南IC、仙台宮城ICルートでお越しになられると便利です。

山形で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

山形県内や宮城県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、仙台事務所は山形県、宮城県だけでなく福島県秋田県岩手県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が仙台事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も山形県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

山形での債務整理の無料相談は仙台事務所

山形県にお住まいの方、お勤めの方は仙台事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。

仙台事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

仙台事務所の電話番号・住所

  • 0120131025
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-131-025
住所 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 仙台事務所の外観

仙台事務所のアクセスマップ

仙台事務所の周辺地図

電車でお越しの方

広瀬通駅より徒歩5分
あおば通駅より徒歩5分
勾当台公園駅より徒歩8分
仙台駅より徒歩10分

車でお越しの方

お近くにABパーキング青葉通り、セントレ東北駐車場、中央2丁目パーキング、NPC24H仙台一番町パーキングなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

電力ビル前、地下鉄広瀬通駅、広瀬通一番町、青葉通一番町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 仙台事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

法律で認められた借金問題の解決策「債務整理」

債務整理とは法律で認められている借金問題の解決策のことです。債務整理は司法書士や弁護士といった専門家に依頼して借金を整理しますが、その方法は4つあります。

任意整理は将来発生する利息をカットしてもらい今後の返済計画を貸金業者へ交渉する方法で、特定調停は任意整理と同じような内容を裁判所が間に入りおこなうものです。個人再生は裁判所を通じて借金の減額をする方法、自己破産は裁判所に申し立てをして借金をなくす方法です。

債務整理と一口にいっても、このように選択肢があることを覚えておきましょう。

債務整理したあとの生活への影響

債務整理は、借金で困っている人を助けるための手段なので基本的に債務整理をしたことで状況が悪化することはありません。

債務整理をしても家族に影響が及ぶということはありません。ただし、家族が連帯保証人になっている場合は影響が及ぶ可能性があるので注意が必要です。

債務整理のなかでどれを選択するのかがポイントになってくるので、評判のいい司法書士や弁護士へ相談しましょう。

ブラックリストの影響

債務整理をしたり返済を延滞すると信用情報機関に事故情報が登録されます。信用情報機関に事故情報がのることを「ブラックリストにのる」と一般的に呼びます。

信用情報機関は日本に3社あり、各信用情報機関には本人開示制度があるので自分の信用状況の確認ができます。もし情報に誤りがあれば手続きをして正すこともできるので覚えておきましょう。

ブラックリストにのると、返済に関わる事故情報があったとみなされて一定の期間借り入れが制限されたりあらたにクレジットカードをつくることができなくなります。ブラックリストにのると信用情報に傷がつくことになり、この期間は住宅ローンや自動車ローンなどローンの審査にも影響がでるので注意が必要です。

また、携帯電話の本体代を分割で支払う契約をする場合、信用情報機関の情報を見て審査をされます。通常、ブラックリストにのっていると審査に通るのはむずかしいですが、各携帯電話会社によって審査基準が異なるので、絶対に審査に通らないというわけではありません。自分が契約したい携帯電話会社に確認することをおすすめします。本体代を一括で支払う場合は問題なく契約することができるので安心してください。

ブラックリストにのることで出る影響は、あたらしいクレジットカードを作るときやあらたに借り入れをするときくらいで日常生活にあまり影響はありません。

気になるのは住んでいる家への影響ですが、ブラックリストにのったからといって自分が住んでいる家への影響はありません。たとえば住んでいる家が、自分の持ち家の場合や賃貸契約しているアパートの場合でもブラックリストにのったことによる影響はないので大丈夫です。

ただし、新しく賃貸契約をして引っ越しをする場合には注意が必要です。通常、不動産契約では信用情報機関への照会はできないのですが「クレジットカード会社の家賃保証」を契約するときには信用情報を確認されるので審査に通らなくなる可能性があります。また「家賃収納代行サービス」という家賃の引き落としのみを目的とするクレジットサービスを利用する場合も、信用情報機関への照会がおこなわれるので注意しましょう。

仕事への影響

債務整理をしたことで気になるのは仕事への影響でしょう。債務整理のうち任意整理については仕事への影響はほとんどありません。仕事への影響で考えられるのは特定調停、自己破産、個人再生です。

特定調停は自分で手続きをおこなう方法なので、平日に裁判所へ出向く必要があります。裁判所へ行くときは仕事を休まなくてはなりません。

また、裁判所を通しておこなうため手続きが終わって返済が再開したときに支払うことができなくなってしまうと給与の差し押さえなどの強制執行がおこなわれる可能性があります。

給与の差し押さえをされれば会社にも債務整理をおこなったことを知られてしまうでしょう。個人再生も同様に支払いが滞ると強制執行される可能性があるので注意が必要です。

手続き後、きちんと返済を続けて完済できれば、会社にバレることも仕事に影響することもありません。

自己破産は一部の職業に影響があります。自己破産は手続きの最中に、警備員や旅行業、証券会社の社員など一部の職に就くことができません。自分の仕事は該当していないか確認が必要です。手続きが終われば職業の制限はなくなります。

家族や職場にバレないかどうか

借金の悩みや債務整理をおこなうことは家族であれ隠しておきたいという人は多いと思います。債務整理は司法書士や弁護士へ依頼しておこないます。手続きをする本人と貸金業者の間に司法書士や弁護士が入ることで、周囲に知られずに手続きをおこなうことができる可能性が高くなります。任意整理については、司法書士や弁護士へ依頼すると家族や職場に知られる心配はほとんどありません。

手続きがかんたんにできる特定調停を自分で進める場合には、手続きに必要な書類を貸金業者から受け取るために郵便物が増えるので家族など周囲に気づかれる可能性高くなります。心配な場合には専門家に依頼することをおすすめします。

自己破産と個人再生は手続きをおこなうと「官報」という国が発行している機関紙に氏名などがのりますが、一般人が目を通すことはあまりありません。官報にのったからといって、周囲に知られる可能性が高くなるわけではないので安心してください。

周囲に相談するなど自分から打ち明けてしまうことがなければ、家族に知られることや迷惑をかけることもないことを覚えておきましょう。ただし自己破産の手続きでは書類や通帳の準備などが多いので周囲に知られてしまう可能性もあります。

債務整理をする場合には手続きの方法をよく理解しておき、債務整理の経験が豊富で信頼できる司法書士や弁護士に依頼することが大切です。

自己破産しても自宅や家財道具をすべて奪われるわけではない

自己破産をすると持っているものすべて奪われると思っている人もいるでしょう。実際はなにもかも奪われるということはありません。

差し押さえることができないものとして、生活に必要不可欠な衣類や家具、台所用品など法律で決められています。また、当面の生活に必要な現金も手元に残すことができるので安心してください。走行距離が長い車などは市場価値がないと見なされるので残すことができる場合もあります。

持ち家や車など価値のあるものは売却され貸金業者への返済に充てられます。持ち家は競売にかけられ引っ越しを余儀なくされるので、持ち家を手放したくない人は自己破産ではなくほかの手続きをするようにしましょう。自分では判断がむずかしいので、司法書士や弁護士へ相談すると自分にとって一番いい選択をすることができます。

家族の信用情報には影響しない

家族の信用情報に影響がでるかもしれない、と債務整理をためらっている人もいるでしょう。基本的に借金は借金をした本人だけのものなので、本人以外は返済義務がなく個人信用情報は個人単位で作られているものです。

戸籍のように家族単位で作られているものではないので家族の信用情報には影響しません。ただし、家族が借金の連帯保証人になっている場合には返済義務が生じますので注意が必要です。

配偶者や子どもがクレジットカードを作る際には本人だけの信用情報を照会することになるので家族の債務整理の影響はまったくありません。

借金をした本人の戸籍や住民票にも信用情報がのることはありません。子どもの進学や就職に関しても家族の信用情報調査がおこなわれることはないでしょう。

家族への影響が心配で債務整理をしないまま不安を抱えて生活するよりも、早く債務整理をして不安な気持ちから解放されることが大切です。

司法書士や弁護士へ債務整理を依頼することにより、いったん支払いがストップし専門的なアドバイスもしてもらえます。債務整理は、精神的にも経済的にも楽になるので借金のことで悩んだらすぐに司法書士や弁護士へ相談しましょう。

連帯保証人への影響

借金には連帯保証人をつけているものがあります。連帯保証人には借金をした本人が返済できなくなったときに代わり返済をする義務があります。

家族は身近で連帯保証人になりやすいのですが、本人が借金を返済できなくなれば連帯保証人になっている家族に大きな責任がかかってしまいます。配偶者が連帯保証人の場合でも離婚すれば責任がなくなるわけではありません。連帯保証人は婚姻しているかどうかには関係ないので、連帯保証人を頼まれたときにはよく考えてから引き受けるようにしましょう。

家族以外の連帯保証人でも債務整理をする前には必ず連絡して知らせておくことが必要です。本人が債務整理をすると、貸金業者から連帯保証人に一括請求されることがあります。

借金をしている本人は連帯保証人へ債務整理をすることを相談し、連帯保証人への影響を最小限にするために努力することが大切でしょう。

借金をしている本人は債務整理することを先延ばしにしがちですが、これでは払わなければならない利息が増えていくだけです。そのため、できるだけ早い時期に債務整理することが必要なのです。

連帯保証人へ迷惑をかけないためにも、司法書士や弁護士へはやめに債務整理の相談をして最善の方法を見つけるようにしましょう。

債務整理を依頼する山形にお住まいの方

山形県は日本海に面した自然豊かな県です。蔵王や月山、鳥海、飯豊など「日本100名山」に数えられている美しい山々が多いことが特徴です。山形県には縄文時代の遺跡が県内にたくさんあり多くの土器が出土されています。戦国時代では関ケ原の戦いで敗れた上杉景勝が会津から移りましたが、これ以降は幕末までに領主が13回交代することになりました。上杉家の文書は米沢市に多く保存されています。

山形県には史跡も多く鶴岡市にある羽黒山五重塔は国宝にも指定されている建造物です。羽黒山へ向かう旅で「奥の細道」の松尾芭蕉は行程の約3分の1を山形県内で過ごしたと言われています。それほどまでに山形の自然は精神的に癒される心の旅に向いているのでしょう。なかでも山形の母なる川、最上川をよんだ「五月雨を集めて早し最上川」は、有名な1句になっています。

山形県は全国のサクランボの約7割を生産し日本一となっています。ほかにもメロンやラ・フランス(西洋ナシ)、スイカなどの果物が多く高品質です。なかでもスイカは「尾花沢スイカ」など地名がブランド名になっているほどです。ブドウ酒の生産も多くワイナリーが12カ所にあります。ソバの生産も盛んで「そば街道」には多くの店舗があり観光客で賑わっています。また、おいしい水を活かした酒蔵も数多くあります。酒田市など日本海で獲れる海産物にも定評があり山形は観光地としても魅力がある県です。山形県は35市町村すべてに226カ所の温泉地があるので温泉地巡りをしてお気に入りの温泉を見つけると良いでしょう。

山形県は南から北へ向かって置賜・村山・最上・庄内の4地域に分かれています。山形県は地勢の関係や江戸時代からの統治により同じ県内でも4つの地域で方言や食文化などが異なっているという特徴があります。そのため変化に富んだ、それぞれの地域の食べ物や観光を楽しむことができるでしょう。また山形県は市町村の合併や統合を繰り返しながら、現在は35市町村となっています。その内訳は市が13、町が19、村が3となっています。

山形県内にはアイフルの無人コーナーが13号天童タワー店、13号山形米沢店、鶴岡店など全部で7カ所あります。またアコムの「むじんくんコーナー」は18カ所と多くアコム13号天童タワー、アコム13号新庄、アコム寒河江バイパスなどドライブ中に便利に利用できる場所に無人コーナーが設置されているのが特徴でしょう。山形県には店舗がなくても手軽にキャッシングができるシステムがあるので出かけた際に買い物をして出費が多くなり手持ちのお金がなくなったとしても簡単にお金を借りることができます。

手軽にATMからでてくる現金は借金であることを忘れてしまいがちです。回数を重ねるごとに借金である感覚が薄れていくので自分のローンはどれくらいあるのか常に把握しておくことが大切でしょう。つい借り過ぎてしまい借金が負担になったら、自分1人で考えても解決するのは大変です。借金が多くなりローンを払えなくなったら司法書士や弁護士に相談することで解決する方法を教えてもらえ悩みが軽くなるでしょう。

債務整理にはいろいろな方法があります。法律に詳しい専門家がひとつひとつのケースごとに対応の仕方を検討し、その人に合った手続きをおこなうことが必要です。対応方法は借金の残額や期間など条件により異なります。山形県で貸金業者から借り過ぎてしまったら県内で評判や良い口コミがある法律事務所に相談することをおすすめします。

2017年の日本司法書士会連合会によりますと、登録している山形県の司法書士の数は154名です。山形県の司法書士は全員が個人で登録しているので法人での登録はありません。2016年の日本弁護士連合会、山形県弁護士会によりますと山形県の弁護士は92名で、その内訳は山形本庁管内に65名、米沢支部管内に9名、鶴岡支部管内に8名、酒田支部管内に9名、新庄支部管内に1名在籍しています。

山形県の司法書士事務所は80カ所あります。最も事務所が多いのは山形市の18カ所、次いで鶴岡市の11カ所、酒田市の7カ所、米沢市・新庄市の6カ所となっています。ほかに天童市や尾花沢市、寒河江市などにも事務所があります。山形県で司法書士事務所を探すときには近くの人口の多い都市部へ行くと良いでしょう。

日本司法書士会連合会によりますと山形県の弁護士事務所は全部で29カ所あります。複数の弁護士で業務を行っている事務所は17カ所、親族関係の共同経営が4カ所、弁護士法人事務所が8法人となっています。

山形県で債務整理をするときには評判や口コミを確認することでおすすめの法律事務所や司法書士が分かります。債務整理は信頼できる専門家へ依頼することが大切で司法書士が債務のケースごとに良い方法を導き出してくれることでしょう。自分1人で悩んでいてもただ時間が過ぎていくデメリットがあります。借金は時間とともに利息が増えていくものです。少しでも利息が増えないように行動を起こすことが必要でしょう。山形県で債務整理をする際には良い口コミがある司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top