アイフルを任意整理する前に知っておくべきデメリット

司法書士法人杉山事務所の実績

アイフルの任意整理で杉山事務所が選ばれる4つの理由

  • 相談実績が月間10,000件以上

    貸金業者との交渉力とノウハウ

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週刊ダイヤモンドで1位

  • 相談料が0円

    相談料無料、安心明朗な費用

  • 無料で出張相談もOK

    出張相談も無料

「アイフルを任意整理するデメリットないの?」と相談されることがよくあります。

任意整理にはデメリットがありますが、アイフルを返済することがむずかしくなってしまった場合、任意整理することで利息をカットして毎月の返済額を減らすことができて、それでも返済がむずかしい場合は返済期間を3~5年に延ばすことで毎月の返済額をさらに減らすことができます。

もし任意整理することで過払い金があることがわかれば、過払い金で借り入れをより減額することや、借り入れをゼロにすることができて、過払い金が借り入れより多ければ、その分の過払い金を現金として取り戻すことも可能です。

どうしてもデメリットが心配な方は、杉山事務所に相談いただければデメリットへの対策方法や、相談者様に最適な解決方法をお伝えしていますので、お気軽に無料相談をご利用ください。

借金が減る?返済がラクになる?任意整理とは一体何か

任意整理とは

任意整理とは債務整理の一つであり、お金を借りた人あるいはその代理人が、貸金業者に対して利息のカットや分割回数、月々の返済額の見直しなどの交渉をおこなう方法です

裁判所を通さずにおこなうため、官報に掲載されることはなく、他人に債務整理したことが知られるということがありません。

任意整理の交渉がまとまれば、利息を無くすことで毎月の返済額を減らすことが可能で、それでも返済が厳しい場合は返済期間をを払いすぎた利息である過払い金があることがわかれば、借り入れを大幅に減額することまたはゼロにすることが可能です。

アイフルの任意整理の条件や基準とは

アイフル任意整理の条件は?

任意整理とは、あくまで貸金業者との交渉で借り入れを減額することですので、基本的にはどなたでも任意整理することが可能ですが、場合によっては貸金業者と交渉しても任意整理で合意することがむずかしい場合もあります。

例えば、収入がなかったり収入が安定しない場合や、3~5年かけても返済できそうにないケースでは、任意整理することがむずかしいです。

そのため、将来利息のカットや過払い金の分を減額したあと、残った借金を3~5年かけて返済できるかどうかが任意整理できるかの条件になります。

アイフルは任意整理できるかどうかは借入額や、お金を借りた方の収入や返済状況によっても変わるので、一度弁護士や司法書士に相談して確認するとよいでしょう。

アイフルの任意整理のデメリットとメリット

アイフル任意整理のデメリット・メリット

アイフルに任意整理をした時のデメリットやリスク

アイフルに任意整理をするといくつかのデメリットが生じます。

ひとつは任意整理した事実が信用情報機関に登録され、完済後5年の間はアイフルをはじめとする貸金業者から新たな借入れができなくなります。
世間一般で「ブラックリストにのる」といわれる状態がこれにあたります。

信用情報機関とは銀行や消費者金融、クレジットカード会社など多くの金融業者が加盟している顧客の情報データベースで、加盟している貸金業者はいつでもそのデータベースを閲覧できるようになっています。

また信用情報機関に任意整理をおこなったという情報が登録されると向こう5年間はクレジットカードの作成ができなくなってしまうというデメリットもあります。
クレジットカードを頻繁に利用する人にとっては不便かもしれません。
他にも住宅や車などのローンを組むこともむずかしくなります。

ただし、信用情報機関に登録されている情報は本人以外が閲覧することはできないので、任意整理が家族や勤務先など周囲に知られることはありません。

ブラックリストと聞くとマイナスイメージばかり先行してしまいがちですが、悪いことばかりではありません。
もうこれ以上、新たな借金を増やすことができなくなることは、収支を見直して生活を立て直す絶好のチャンスです。

ローンを組めないことやクレジットカードが使えないデメリットよりも、月々の借金返済がラクになることや、完済へのめどが立つことのメリットのほうが大きいと思いませんか?
これを機に、現金払いの生活に切り替えて、借金と無縁になりましょう。

アイフルに任意整理をした時のメリット

アイフルで任意整理をすると様々なメリットもあり、ひとつは将来利息や経過利息をカットしてもらうことで毎月の返済額を減らすことができます。

経過利息とは、任意整理の受任通知を送付してからアイフルとの交渉によって和解が成立する間に発生する利息のことで、一方、将来利息はアイフルとの和解成立から完済するまでの間に発生する利息をカットできるのです。

それでも返済が苦しい場合は、返済期間を3~5年に延ばして、毎月の返済額をさらに減らすことができます。

アイフルで過払い金が発生した場合、過払い金請求をすることができます。
返還された過払い金を使って元本を減らすことができるほか、過払い金のほうが多ければ借金が0円になるケースもあり、余った過払い金は手元に返ってきます。

さらに無理なく返済ができるよう月々の返済額・分割回数を見直すことができるので、生活がラクになるというメリットもあります。
収支のバランスを見直して生活を再建することが可能です。

他にも弁護士や司法書士に任意整理を依頼すれば、取立てや督促がすぐに止まるので、督促におびえる必要がなくなります。

アイフルの任意整理の手続きの流れと期間

アイフル任意整理の手続きの流れと期間

アイフルの任意整理にかかる期間

任意整理は裁判所を介せずにおこなう交渉なので、明確なスケジュールや期間が決められているわけでありません。

過払い金が発生していてアイフルに過払い金請求をした場合は、和解が成立するまでに早くて1~2ヶ月程度、過払い金の入金は半年程かかるのが平均的です。

アイフルへ任意整理をする手続きの流れ

任意整理をおこなう際は、まずアイフルからの借入額を専門家に伝えます。
その際、アイフル利用時のカードや契約書、明細書がなくても問題ありません。

依頼を受けた専門家は、受任通知書(任意整理の依頼を受け、介入する旨を記したもの)を債権者であるアイフルに送ります。
それと同時に、ご相談者がいつからアイフルに借り入れがあって、いついくら返済していたかがわかる取引履歴の開示請求をします。
受任通知書がアイフルに届くと、取り立て行為が完全にストップするのでひとまず安心できるでしょう。

その後、送られてきた取引履歴を元に債務額(借金額)を算出します。
過払い金が発生していた場合、返還請求をおこない、借金が0になる可能性もありますが、残金があった場合は将来の利息をカットし、残った元金をどのように返済していくかを交渉します。

アイフルが和解に応じれば、晴れて任意整理の手続きは完了となります。
返済計画に沿って返済がスタートします。
この一連の流れがアイフルへの任意整理の手続きとなります。

専門家が直接アイフルとやり取りをしてくれるため、依頼者は一切顔を合わせることはありません。
専門家の事務所から数回の連絡がありますが、相談時や契約時、書類提出時など以外は事務所に出向くことはあまりないでしょう。

アイフルの任意整理の弁護士・司法書士選びのポイント

任務整理の司法書士・弁護士の選び方

信頼できる実績や専門性のある事務所を選ぶ

法律事務所で取扱可能な業務内容は多岐に渡るので、弁護士であれば民事だけでなく刑事を専門としている所も少なくありません。
司法書士であれば、不動産登記が専門ですから、債務整理を必ずしも得意としているとは限らないわけです。

任意整理は、債権者(貸金業者)1社ごとに法的知識を活かした粘り強い交渉が必要となるので、債務整理を専門とした法律事務所を選ぶことが望ましいです。

アイフルとの任意整理では、経過利息について減額交渉が難航することがあるので、交渉力が強く任意整理を得意としている専門家に任せる必要があります。

弁護士と司法書士のどちらに依頼する場合であっても、アイフルとの交渉経験が豊富な法律事務所に依頼すれば、納得いく解決に近づけるでしょう。

費用や支払い方法も確認をする

任意整理を依頼する弁護士や司法書士は、各法律事務所によって料金体系が異なります。
借金額と総支払額の減額見込みを総合的に考慮した上で、任意整理を任せる法律事務所を選ぶ必要があります。

任意整理では、債権者1社あたりの着手金と成功報酬が明確となっている事務所に依頼しましょう。
杉山事務所では、任意整理の費用の分割払いが可能です。

任意整理を依頼する段階で返済が苦しくお金がない状態と弁護士や司法書士も分かっているので、無理のない支払い方法を提案してもらえます。

アイフルについて

アイフル任意整理について

アイフルは、1967年から創業している独立系の消費者金融業者です。
顧客のニーズに合わせるために、消費者金融事業やクレジットカード事業、事業者金融事業など金融事業の多角化に努めています。

アイフルでは、もともと28.835%という高い金利で貸し付けをおこなっていたため、2010年以前に借入れをしていた場合は過払い金が発生している可能性があります。
アイフルの場合、過払い金元本の3割から5割の和解案を提示されることが多いです。
過払い金の返金については、任意交渉(話し合い)の場合は3ヶ月程度、裁判をした場合は6ヶ月程度かかります。

まとめ

アイフル任務整理まとめ

任意整理とは、債務整理の1つで、司法書士や弁護士が将来利息のカットや返済計画の見直し、過払い金請求などの交渉することにより、毎月の返済金額を減らすことができる手続きです。
アイフルの月々の返済が困難になった時が、任意整理のタイミングです。

アイフルの借金を任意整理すると、一定期間は借入れやクレジットカードの利用ができなくなります。
しかし、返済のために新たな借金を繰り返して自転車操業をしているような場合、ずっと悪循環が続くことになります。
一日でも早く任意整理して悪循環をリセットすることをおすすめします。

司法書士法人杉山事務所では、債務整理の相談をメインに承っており、設立以来多くの借金問題を解決してきました。
借金のお悩みは一人で悩まず、杉山事務所の無料相談をご利用ください。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top