イオンカードの任意整理に強い杉山事務所の無料相談

イオンカードを含む司法書士法人杉山事務所の債務整理の実績

イオンカードの任意整理で杉山事務所が選ばれる5つの理由

  • 相談実績が月間10,000件以上

    イオンカードなど多くの貸金業者との交渉力とノウハウ

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週刊ダイヤモンド誌にて過払い金の返還額で1位

  • 相談料が0円

    相談料無料、安心明朗な費用

  • 無料で出張相談もOK

    出張相談も無料

  • 過払い金診断が無料

    イオンカードの過払い金が発生しているかを無料で診断

イオンクレジットサービスが発行しているイオンカードのキャッシングで借り入れが増えてしまい、毎月の返済が苦しい場合、任意整理をすることで返済の負担を減らすことができます。

任意整理は利息のカットや返済期間の延長など大きなメリットがありますが、ブラックリストにのってしまうなどのデメリットもあります。

このページでは、イオンカードの任意整理についての解説や、任意整理のメリット・デメリットなどをご紹介しています。イオンカードの借金でお悩みの方は、参考にしてください。

まずはイオンカードの過払い金診断(無料)

イオンカードの任意整理を検討中の方は、まずは過払い金診断でイオンカードの過払い金が発生しているか確認することをおすすめします。

過払い金が発生している場合、イオンカードの借金がなくなり任意整理をする必要がなくなるケースもあります。

特に以下のケースに当てはまる場合は、過払い金が発生している可能性が高いので必ず確認してください。

  • 2007年3月10日以前にイオンカードのキャッシングを利用

杉山事務所の過払い金診断は無料で利用でき、過払い金の有無にかかわらず費用は一切かかりませんのでお気軽にご利用ください。

過払い金診断のご利用はフリーダイヤルかメールにて、イオンカードの過払い金診断を利用したいとお伝えください。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

イオンカードの任意整理について

任意整理とは債務整理のひとつで、裁判所を介さずに債務者と債権者(イオンカード)が直接交渉し、将来利息のカットや返済期間の延長などをしてもらう手続きです。

イオンカードの任意整理について

自己破産や個人再生などの他の債務整理では、裁判所を利用するので官報と呼ばれる日本政府の機関紙情報が記載されますが、任意整理の場合は官報に記載されないので、家族や会社に知られずに手続きをすることが可能です。

また、任意整理は個人でもできますが、司法書士や弁護士に依頼するとすべての手続きを代理でおこなってもうことができます。他にもイオンカードの返済がストップする、法的にイオンカードは債務者に対して取り立てができなくなるなどのメリットがあります。

ただし、任意整理に限らず債務整理をおこなうと信用情報機関に事故情報が登録されます。この状態をブラックリストにのるといいます。ブラックリストにのると一定期間、新規の借り入れやローンを組むことなどが難しくなります。

イオンカードの任意整理の条件や基準

任意整理は貸金業者(イオンカード)と任意で交渉をする手続きなので、明確な条件が定められているわけではありません。しかし、任意なので貸金業者が交渉に応じない場合は、任意整理ができません。

イオンカードは任意整理には協力的な対応をとってくれます。債務者の状況を考量したうえで、将来利息のカットや返済期間の延長をしてもらえます。

返済期間は原則5年(60回払い)まで延ばしてもらうことができ、状況によっては6年まで延長してもらえる可能性もあります。

イオンカードの任意整理のデメリットやリスクとメリット

デメリット
ブラックリストにのる
イオンクレジットが利用できなくなる
メリット
今後支払う利息を減らす、または、利息をゼロにする
過払い金で借金がゼロになることもある
返済期間をのばすことができる
返済・督促がストップ

イオンカードの任意整理をした場合のデメリットやリスク

イオンカードの任意整理をした場合、ブラックリストにのってしまうデメリットがあります。ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が登録されている状態のことで、実際にブラックリストというリストがあるわけではありません。

信用情報機関に登録されている情報は、登録しているすべての貸金業者が閲覧することができ、新規の貸し付けやローンの審査、クレジットカードを作成する際の審査に使用されます。

そのため、ブラックリストにのっている間は、イオンカード以外の貸金業者からも新たな借り入れや、ローンを組む、クレジットカードを作成することがむずかしくなります。貸金業者によっては利用することができますが、ほとんどの場合できないと思ってください。

信用情報機関の事故情報は、原則5年で削除され、この後は問題なく利用することができます。しかし、任意整理をおこなった貸金業者は、独自に債務整理をおこなった人のリストを保有しているため、事故情報が削除された後も利用できません。

イオンカードの任意整理をした場合のメリット

イオンカードの任意整理をする最大のメリットは将来利息をカットしてもらえることです。将来利息をカットすることで、返済額を抑えることができます。そのうえで、無理なく返済できるように返済期間を3~5年に延長することができます。

イオンカードは任意整理に協力的な業者なので、将来利息のカットは問題なくでき、返済期間も原則5年まで延ばすことが可能です。債務者の状況によっては、6年まで延長してもらえる可能性があります。

さらに任意整理を司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合は、「イオンカードの返済がストップする」「督促が止まる」「すべての手続きをおこなってもらえる」などのメリットを受けることができます。

現在、イオンカードの返済が苦しい方は、専門家に依頼するだけで返済や督促を止めることができるので、大きなメリットといえます。この間に生活を立て直すことができます。

また、専門家に依頼すると過払い金の調査も同時でおこなってもらえます。過払い金が発生していれば、取り戻した過払い金をイオンカードの借金に充て減額することができるので、完済までの道のりが短くなります。

このようにイオンカードの任意整理は、専門家に依頼することで最大限のメリットを受けることができます。杉山事務所は、任意整理のご相談は何度でも無料でお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

イオンカードの任意整理の手続きの流れと期間

イオンカードの任意整理をする手続きの流れ

イオンカードの任意整理をする場合、まずは司法書士や弁護士などの専門家に相談してください。任意整理を専門として扱っている事務所で、相談料が無料の事務所は多くあるので費用をかけずに相談することができます。

相談時にどのくらい借金を減額できるのか、手続きの期間はどれくらいか、費用はいくらかかるか、などを必ず確認してください。事前に詳細を確認しておくことで後々のトラブルを回避することができます。

相談後、正式に依頼すると司法書士や弁護士からイオンカードに対して受任通知という書類が送られます。この時点でイオンカードへの返済がストップし、イオンカードは債務者に督促ができなくなります。

受任通知を送る段階で取引履歴の開示請求も同時におこない、イオンカードから取引履歴を取り寄せます。取引履歴が届いたら利息制限法に基づく引き直し計算をし、過払い金が発生しているか調査します。

過払い金が発生していた場合は、イオンカードの借金を減額することができます。そして、引き直し計算で算出された金額を基に、イオンカードと直接交渉をします。

交渉の内容としては、将来利息のカット、返済期間の延長がメインとなります。交渉後、イオンカードと合意が得られた段階で合意書を作成し、任意整理が終了します。任意整理後は、交渉でまとまった返済計画どおりに返済を開始します。

イオンカードの任意整理にかかる期間

イオンカードの任意整理にかかる期間は、平均すると3ヶ月程度となっています。イオンカードは任意整理に対して協力的な対応をしてくれるため、比較的にスムーズに手続きをすることができます。

ただし、債務者の状況や収入額によって任意整理の期間は異なります。ご自身の状況ではどのくらいかかるかなど、詳細を知りたい方はお気軽に杉山事務所の無料相談をご利用ください。

イオンカードの任意整理の弁護士・司法書士選びのポイント

債務整理に特化している、実績が豊富にある事務所を選ぶ

イオンカードの任意整理を司法書士や弁護士に依頼する場合、司法書士や弁護士はそれぞれ得意としている業務が異なるため、まずは債務整理に特化しているか確認してください。

また、任意整理はイオンカードと交渉をする手続きなので、債務整理の実績が豊富にある事務所を選んでください。実績が豊富にある事務所なら、イオンカードの対応の仕方や、クレジットカードの専門知識があるので、スムーズに対応してもらうことができ、借金の減額にも期待が持てます。

任意整理にかかる費用や支払い方法を確認

イオンカードの任意整理にかかる費用は、事務所ごとに設定されているため、いくらかかるかは事前に必ず確認してください。大体の場合、事務所のホームページに記載されていますので、そちらを確認し、相談時にも間違いがないか確認してください。

費用の確認を怠ると、不明確な費用を請求されたり、高額の費用を請求されてしまうケースもあります。後々のトラブルを回避するためにも、事前に費用の確認をしてください。

また、費用の支払い方法も併せて確認してください。分割払いや後払いができれば、毎月の負担を減らすことができます。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

イオンカードについて

イオンカードはイオンクレジットサービス株式会社が発行するクレジットカードです。イオンクレジットサービスは、1981年に大手スーパーのジャスコの子会社「日本クレジットサービス株式会社」として誕生しました。その後、1994年8月に商号変更し、現在のイオンクレジットサービス株式会社になりました。

イオンカードには「イオンカードセレクト」「イオンJMBカード」「イオンSuicaカード」「イオンKitacaカード」「イオンSUGOCAカード」などがあり、イオンという名称が使用されていることが多いです。

イオンカードの任意整理は杉山事務所の無料相談

イオンカードの任意整理は司法書士や弁護士に依頼することで、最大限のメリットを受けることができます。特に現在、毎月の返済が厳しい方にとっては、非常に大きなメリットとなります。

杉山事務所は、任意整理の相談は無料でお受けしていますので、イオンカードの借金のお悩みやご質問はお気軽にご相談ください。

過払い金請求・債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 過払い金請求・債務整理のお問い合わせ

page top