オリコの任意整理に強い杉山事務所の無料相談

司法書士法人杉山事務所の実績

オリコの任意整理で杉山事務所が選ばれる5つの理由

  • 相談実績が月間10,000件以上

    貸金業者との交渉力とノウハウ

  • 消費者金融が恐れる司法書士No.1

    週刊ダイヤモンドで1位

  • 相談料が0円

    相談料無料、安心明朗な費用

  • 無料で出張相談もOK

    出張相談も無料

  • 過払い金診断が無料

    オリコの過払い金が発生しているかを無料で診断

株式会社オリエントコーポレーションが発行しているオリコカードのキャッシングやショッピングなどで借り入れが増え、返済が困難になってしまった時は、債務整理という方法で返済の負担を減らすことができます。

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがありますが、この中でよく利用されるのが任意整理です。任意整理とはどのような手続きなのか、よく分からないという方が大半だと思います。このページではオリコカードを利用している方に向けて、任意整理の方法や手順などをまとめています。

任意整理にはメリットがありますが、デメリットもありますので、よく理解しておくことが大切です。任意整理のメリットを最大限活かすためにも、正しい情報を得ましょう。

まずはオリコの過払い金診断(無料)

オリコの任意整理を検討中の方は、まずは過払い金診断でオリコの過払い金が発生しているか確認することをおすすめします。

過払い金が発生している場合、オリコの借金がなくなり任意整理をする必要がなくなるケースもあります。

特に以下のケースの場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。

  • 2007年3月31日以前にオリコが発行しているカードで借り入れ

杉山事務所の過払い金診断は無料で利用でき、過払い金の有無にかかわらず費用は一切かかりませんのでお気軽にご利用ください。

過払い金診断のご利用はフリーダイヤルかメールにて、オリコの過払い金診断を利用したいとお伝えください。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

オリコの任意整理について

オリコの任意整理について

任意整理とは、裁判所を介さずに債務者(契約者)と債権者(オリコ)が話し合って、今後の返済計画を見直す手続きのです。将来利息のカットや、過払い金があればその分を減額した上で、月々の返済額・分割回数を決めていきます。

司法書士や弁護士に依頼するのが一般的ですが、個人でもおこなうこともできます。裁判所を介さないので官報と呼ばれる日本政府の機関紙に情報が記載されませんので、会社や家族などにも秘密にできます。

また、司法書士や弁護士に依頼した場合は介入した時点で、オリコの返済はストップし、法的に債権者は債務者に直接の取り立てができなくなります。返済額が確定するまでの間は、元金だけでなく利息の返済もストップします。

ただし、ブラックリストに一定期間、載ってしまいます。信用情報機関によって異なりますが、任意整理したのち、完済後5年ほどは新たな借り入れやローンを組むことが難しくなります。オリコが発行するクレジットカードの利用もできなくなります。

オリコの任意整理の条件や基準とは

任意整理はオリコと直接交渉するため、特に条件というものはありません。ただし、任意整理後も返済は続きますので、収入がまったくない場合や、著しく低い場合は認めてもらえないケースもあります。

オリコは貸金業者の中でも比較的柔軟な対応をしてくれる傾向があります。しかし、債務者の状況によっては任意整理に応じてもらえなかったり、スムーズに手続きが進められない場合もあるのでご注意ください。

また、任意整理後は基本的に分割払いは5年以内という条件がありますが、債務者の収入や返済額が高額の場合は、6年以内の分割返済に対応してもらえるケースもあります。

オリコの任意整理のデメリットやリスクとメリット

メリット
今後支払う利息を減らす、利息をゼロにする
過払い金で借金がゼロになることもある
返済期間をのばすこともできる
督促がストップ
デメリット
ブラックリストにのる
オリコのサービスが利用できなくなる

オリコに任意整理をした時のデメリットやリスク

オリコの借金を任意整理した場合、まずオリコが発行するクレジットカードやローン専用カードが解約になり利用できなくなります。オリコ以外の貸金業者からの新たな借入れやクレジットカードの利用もできなくなります。

オリコの借金を任意整理すると、信用情報機関にその事実が事故情報として記録されるためです。これがいわゆる「ブラックリストにのる」という状態です。任意整理に限らず債務整理をすると必ずブラックリストにのります。

信用情報機関の事故情報は、他の貸金業者なども見ることができるので、ブラックリストにのった場合は、クレジットカードや住宅ローン・車のローンの審査に通らなくなったり、新規の借入れをすることができなくなるというデメリットがあります。

任意整理をした場合のブラックリストにのる期間はおおよそ5年程度です。5年経過して登録が削除されればクレジットカードやローンの審査に影響はなくなります。

ただし、オリコが発行しているクレジットカードは審査が通らなくなりますので、ご注意ください。これはブラックリストとは関係なく、オリコが自社で独自に管理している情報によるものなので、オリコ以外のクレジットカードの審査に影響はありません。

任意整理をご検討中の方の中には、ブラックリストにのることを気にして、任意整理をためらう方もいらっしゃると思います。ブラックリストにのった場合でも、自分から言わない限り、周囲の人に知られることもほとんどありません。

また、ブラックリストにのることで新たな借り入れができなくなりますが、返済を遅延してしまうと事故情報が登録されるため、任意整理をしなくてもブラックリストにのってしまいます。

現在、毎月のオリコの返済が苦しい場合は、なるべく早く任意整理をすることで完済までのめどを立てることができるので、精神的にも楽になることができます。

オリコに任意整理をした時のメリット

オリコの任意整理する最大のメリットは、将来利息をカットできることです。オリコカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、任意整理の場合は、どちらでも将来利息をカットすることができるので、借金の総返済額を減額することができます。

オリコは比較的柔軟に任意整理や過払い金請求に応じてくれる会社なので、任意整理の交渉が長引いたり、遅延損害金を付加されることも基本ありません。返済が滞っている状態であっても、将来利息のカットや経過利息の不請求、長期分割払いなどを認めてもらうことができます。

また、任意整理をすることで返済期間も伸ばすことができます。一般的には、返済額に応じて36回~60回払いの分割返済になります。オリコの場合は、債務者の状況にもよりますが、80回払いにも比較的認めてくれる傾向にありますので、生活を立て直す良い期間となります。

オリコが発行しているクレジットカードのキャッシング枠を、2007年3月31日以前に利用したことがある場合は過払い金が発生している可能性があります。過払い金請求をすることで、過去にオリコに支払い過ぎていたお金を取り戻し、現在の借金の返済に充てることができます。

また、杉山事務所のような司法書士や弁護士に依頼することで、オリコの返済を一時的にストップさせることができます。オリコからの連絡は依頼した専門家が窓口になり、依頼者に連絡がくることはありませんので、精神的に余裕を持つことができこともメリットになります。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

オリコの任意整理にかかる期間と手続きの流れ

オリコの任意整理にかかる期間

オリコの借金を任意整理する場合にかかる期間は、一般的に約3ヶ月程度となっています。任意整理は裁判所を介さずに、債務者側とオリコ側で交渉をするため、明確な期間はなく交渉が決裂するか合意するまでおこなわれます。

そのため、債務者の状況や収入額によって任意整理の期間は異なるので注意が必要です。ご自身の状況ではどのくらいかかるかなど、詳しく知りたい場合は、杉山事務所の無料相談をご利用ください。

オリコに任意整理する際の手続きの流れ

オリコの借金の任意整理をご検討中の場合、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。個人でもおこなうことができますが、個人で行う場合、オリコが交渉に応じてくれず任意整理ができないケースもあります。

司法書士法人杉山事務所では、任意整理や過払い金請求などの借金問題に関しての相談は、何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。その際に、詳しくお悩みをお伺いし、最適な解決方法をご提案いたします。

その後、正式に専門家に依頼すると、専門家からオリコに対して受任通知が送られます。受任通知を送ることで、オリコの返済がストップし、オリコとの今後のやり取りは専門家がおこないます。

受任通知を送る際、同時にオリコの取引履歴も取り寄せます。取引履歴を取り寄せることでオリコの過払い金が発生していないか確認することができます。過払い金が発生している場合は、オリコの借金の返済に充てることができ、借金の元本を減額することが可能です。

交渉内容が決まったら、オリコ側の担当者と交渉を開始します。依頼者とオリコ側の双方で納得できたら、合意書を結んで終了です。これらの手順がすべて終わった後2週間ほどあけてから返済を再開する流れとなります。

オリコの任意整理に対する姿勢は比較的柔軟であり交渉もスムーズに進んでいくケースが多いです。将来利息のカットはほとんどのケースで可能です。ただし過払い金請求の返還額を満額で臨む場合は訴訟になることもあり、長引く場合もあります。任意整理後の返済は、返済額によりますが60から90回ほどの分割で5年から7年ほどかけて返済することになります。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

オリコの任意整理の弁護士・司法書士選びのポイント

債務整理を得意としている、実績が豊富にある事務所を選ぶ

司法書士や弁護士の業務には、債務整理や過払い金請求などの借金問題や、相続、交通事故など多岐にわたり、それぞれの事務所で得意としている業務が異なります。そのため相談や依頼をする際には、ご自身のお悩みに特化している事務所を選ばなければ思わぬ失敗をしてしまう可能性もあります。

オリコの任意整理を司法書士や弁護士などの専門家に依頼する場合、その事務所が任意整理や自己破産などの債務整理や、過払い金請求を得意としているか、オリコの任意整理の実績はあるかが重要になります。

任意整理は、依頼した事務所とオリコが交渉をして借金の減額幅や、その後の返済方法や期間を決めるため、オリコに対しての実績がある事務所を選ぶのが最適です。

また、オリコは2007年3月31日以前まで、グレーゾーン金利で貸し付けをおこなっていました。そのため、2007年3月31日以前にオリコから借り入れをしている方や、今も返済中の方は過払い金が発生している可能性があります。過払い金が発生している場合は、過払い金請求をすることでオリコの借金を減額することができます。

司法書士法人杉山事務所は、オリコをはじめ多くの貸金業者に対しての実績が豊富にあります。借金問題のご相談は何度でも無料でおこなうことができ、オリコの過払い金が発生しているかも無料で診断することができますので、お気軽にご利用ください。

任意整理の費用や支払い方法を必ず確認する

オリコの任意整理にかかる費用は事務所ごとに設定しているため、いくらかかるかは依頼前に必ず確認してください。費用をどのタイミングで支払うかも事前に確認しておくことが大切です。

任意整理の費用は相談をした際に、しっかり説明をしてもらい不明確なところがないか確認してください。この確認を怠ると、後で追加費用が発生したりとトラブルになる恐れがあります。

過払い金請求・債務整理のご相談なら借金問題に強い杉山事務所の無料相談へ

オリコについて

オリコは株式会社オリエントコーポレーションの略称で、東京都千代田区麹町5丁目2番地1に本社がある日本の大手信販会社です。代表者は飯盛哲男氏で、資本金は1,500億円となっています。日本の信販会社大手4社に数えられ、オートローンやショッピングクレジットは業界トップクラスで、クレジットカードの有効会員数は2019年3月時点で1,094万人を超えています。

特にオートローンでは、利用件数155万件とトップクラスの実績があり、最短30分程度で契約の可否をおこなう審査のノウハウ、中古車ディーラーに営業社員を訪問させるフォロー体制などが整っています。

連結子会社に、株式会社オリコエステート、株式会社オリコフォレントインシュア、株式会社オリエント総合研究所、株式会社スタッフオリコ、株式会社オリコ ビジネス&コミュニケーションズ、株式会社CAL信用保証などがあります。

みずほ銀行や伊藤忠商事が株主になっているため、経営状況は比較的安定しており、任意整理の対応も比較的にスムーズにおこなうことができます。

オリコの任意整理は杉山事務所の無料相談

オリコの任意整理は個人でもおこなうことができますが、個人でおこなった場合、オリコが任意整理に応じてくれないケースもあります。また、過払い金が発生している場合、個人では満額回収するのは非常に難しいです。

司法書士法人杉山事務所は、オリコに対しての任意整理や過払い金請求の実績が豊富にあります。ご相談は何度でも無料で、オリコの過払い金診断も無料でお受けしています。

借金問題は人それぞれお悩みや解決方法が異なります。司法書士法人杉山事務所では、お一人お一人に最適なアドバイスをご提案していますので、お気軽に無料相談をご利用ください。

過払い金請求・債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 過払い金請求・債務整理のお問い合わせ

page top