大分で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

大分で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120069034
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 福岡事務所は、福岡市博多区にあるのですが、福岡事務所を設立以来、大分市だけでなく、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市などの大分県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

大分市内であれば、博多までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

大分市からのアクセス方法

大分の主要駅である大分駅から電車でお越しになる場合は、JR特急ソニックの乗り換えいらずで最寄駅である博多駅をご利用ください。博多駅より徒歩1分の立地にございます。

また、車でお越しになる場合は、大分自動車道大分ICより、日出JC、長崎自動車鳥栖JCT、福岡高速2号太宰府線大宰府IC、福岡高速環状線月隈JCT、金の隈、半道橋のルートでお越しになられると便利です。

大分で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

大分県内や福岡県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、福岡事務所は大分県、福岡県だけでなく熊本県佐賀県山口県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が福岡事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も大分県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

大分での債務整理の無料相談は福岡事務所

大分県にお住まいの方、お勤めの方は福岡事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。

福岡事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

福岡事務所の電話番号・住所

  • 0120069034
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-069-034
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-1
アーバンネット博多5F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 福岡事務所の外観

福岡事務所のアクセスマップ

福岡事務所の周辺地図

電車でお越しの方

博多駅より徒歩1分

車でお越しの方

お近くにオレンジパーキング、いわきビル駐車場、パークロック博多駅東、里馨パーキングセンターなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

博多駅筑紫口、博多駅筑紫口(集合場所:BUS STOPラウンジ)、合同庁舎前(福岡県)、駅東二丁目のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 福岡事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する債務整理について

債務整理は国が認めている借金問題を解決するための手段で、借金を減額してもらったり返済義務を免除してもらえる方法です。

債務整理にはおもに任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類あります。払いすぎた利息分を取り戻す過払い金請求も債務整理の一種ですが、ほかの4つとは性質が異なります。

今回は、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停のメリット、デメリットについて解説します。

債務整理のデメリット・メリット

債務整理はケガや病気などで返済を続けられなくなったときや借金の総額が膨らんで自分の返済能力ではどうにもならなくなったときに利息をカットしてもらったり、借金を減額してもらったり全額免除してもらえるという大きなメリットがあります。

債務整理をしている間は返済や督促が止まるため、遅延や滞納をしている場合でも安心して手続きをおこなえることもメリットです。やり方によっては周囲に知られずに解決可能なのもメリットのひとつでしょう。

一方デメリットは、信用情報に事故情報が登録されることです。これを一般的にブラックリストにのるといいます。

手続きする方法によってブラックリストにのる期間に違いはありますが、ブラックリストにのると一定期間あらたにローンを組んだりクレジットカードを作る事ができなくなります。

すべての債務整理に共通するメリットとデメリットをお伝えしましたが、手続きそれぞれのメリットとデメリットも存在します。手続きの前に知っておくことによって、安心して手続きを進めることができます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は今後発生する利息をカットしてもらい、残った部分を3年~5年程度かけて返済する方法です。利息のカットや今後の返済計画を立て直すために貸金業者と交渉をおこないます。

任意整理は裁判所を通さずにおこなう手続き方法で、司法書士や弁護士へ依頼するのが一般的です。どれくらい減額できるかは貸金業者との交渉次第で変わるので、任意整理を得意とする司法書士や弁護士へ依頼することが重要です。

司法書士や弁護士へ依頼すると、貸金業者は借金をした本人へ直接連絡することができなくなり督促がとまります。貸金業者との窓口は依頼した司法書士や弁護士になるので、周囲に知られにくい手続きといえます。

任意整理のメリットは、今後発生する利息をカットできることです。利息をカットしてもらったら、元金のみを返済していくので負担が軽くなります。また、手続きをする貸金業者を自由に選ぶことができるのもメリットといえるでしょう。

任意整理のデメリットは、貸金業者と交渉しても成果が得られない場合があることです。貸金業者と直接交渉する方法なので、相手が交渉に応じてくれなければ減額できないまま終わってしまうこともあります。任意整理の経験が豊富な司法書士や弁護士へ依頼することでこのデメリットは避けることが可能です。

また、任意整理では5年程度ブラックリストにのります。ブラックリストにのっている間は、クレジットカードの契約やあらたな借入れなどができません。

ブラックリストにのるというのはデメリットですが、これ以上借金が増えることはないというメリットにもなります。精神的にも経済的にも楽になるので、前向きに生活を立て直すことができるでしょう。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生は裁判所を通して、借金を借金総額に応じて10分の1まで減額できる債務整理方法です。減額した借金を3~5年で返済していきます。

個人再生は借金の総額に対して減額するため、主に利息部分を交渉する任意整理より大きく減額することが可能です。減額後に返済できる安定収入があることが条件とされています。

個人再生をおこなうときは、すべての借金を対象にしなければなりません。しかし例外があり、住宅ローンは一定条件を満たすことにより手続きから除外することができます。家を失うことなく、借金を大幅減額できるのが個人再生の特徴です。

個人再生のメリットは借金を大幅に減らせることです。利息のカットだけではあまり減額が見込めない場合でも大きく減額できます。元金も利息もまとめて減額できるため、利息が元々低いものでもその後の返済が楽になるというメリットがあります。

最大のメリットは、住居などの資産を持ったまま債務整理ができることです。利用には条件がありますが、住宅ローンが残っている場合には住宅ローン特則という制度を利用することができます。

住宅ローン特則を利用すれば、手続きから住宅ローンだけを外すことが可能です。住宅ローンは引き続き返済をしなければなりませんが、住居を手放さずに済みます。他の返済で家計全体に余裕がなくなっているなら、個人再生をすることで余裕ができ住宅ローンの返済も楽になります。

一方、個人再生にはデメリットもあります。個人再生は、借金総額が100万円以下の場合は減額されません。借金を大幅に減らしたいが、100万円以上の借金はないという人にとってはデメリットでしょう。借金総額が100万円以下の人はほかの債務整理をおこなうことをおすすめします。

また、個人再生をおこなうと国が発行する機関紙である官報に掲載されます。一般の人は通常、目にすることは少ないものですが、気になる人にとってはデメリットです。

ブラックリストにのることもデメリットですが、5~10年の間だけなので、現金で生活をする癖をつければ気にならないでしょう。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産は借金の返済義務が免除されるものです。手続きはすべての借金に対しておこなうので、どれかひとつだけ除外することはできません。自己破産は手続き後に返済をすることはないので、仕事を失ったり返済自体ができなくなったときに有効な債務整理といえるでしょう。

自己破産には管財事件と同時廃止の2つがあります。管財事件と同時廃止どちらをおこなうかは、おおまかに財産があるかどうかで決まります。財産がある場合は管財事件、財産がない場合は同時廃止になります。

自己破産のメリットはすべての借金がゼロになることです。さらに手続きを開始した時点で返済と督促が止まります。すでに何回か滞納していて督促がきている状態なら、督促が止まることによって穏やかに生活をすることができるでしょう。

自己破産はすべての資産を失うという印象を持っている人がいますが、実際はそうではありません。必要と判断されたものは手元に残しておくことができます。当面の生活費として現金も99万円以下であれば残すことが可能です。

デメリットになるのは20万円以上の価値がある資産を手放して返済に充てなければならない点です。

土地や住居などの不動産はまず売却の対象になると思っていいでしょう。住むところがなくなるのはデメリットですが、現金が99万円までは保護されるので引っ越しは可能です。保険や株券なども金額に応じて対象になります。

官報への掲載やブラックリストにのることもデメリットのひとつです。しかしブラックリストは自己破産の場合でも10年で削除されます。

自己破産は資産の売却やブラックリストがデメリットとしてあげられることが多いためためらってしまう人もいますが、実際には住居をなど大きな資産を持っている人でなければデメリットになることはあまりありません。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停とは、裁判所を通して今後の返済計画を貸金業者と交渉していく方法です。手続きの内容は任意整理と変わらないように思えますが、裁判所を通しておこなうところが大きく違います。

借金をした本人が自分で書類を作成して裁判所で手続きをします。裁判所が貸金業者との間に入って話し合いを進めてくれます。裁判所で調停委員が選出されて交渉をおこない、調停調書が作成されます。交渉のすえ、お互いの合意が得られれば調停調書に書かれた通りに返済していきます。

特定調停のメリットは費用の安さです。貸金業者1社当たりおよそ500円という費用で債務整理ができます。債務整理をしたくても費用がないという人にとっては大きなメリットです。

特定調停は、任意整理と同じように手続きをする貸金業者を選ぶことができるので、車や住居など生活に必要な大切な資産を手放さずに債務整理ができます。

必要な書類を自分で揃え、何度も裁判所へ出向く必要があり、間がとれない人や書類をまとめることが苦手な人にとってデメリットになるでしょう。

裁判所は平日しか開いていないため、仕事や予定の都合をつけなければなりません。その際に、周囲の人に手続きが知られてしまう可能性もあります。周囲に内緒で手続きをおこないたい人は気をつけましょう。

債務整理を依頼する大分にお住まいの方

大分市は人口およそ116万人(2015年国税調査)の瀬戸内海西部に位置する九州地方の県です。福岡県に熊本県、そして宮崎県と隣接しています。14の市と3つの群に3町1村から成る大分県の県名は国府が大分郡に置かれたことに由来すると言われています。大分県は別府温泉や由布院温泉に代表される温泉地が多いことで知られ1年を通して温泉を中心とした観光客が訪れる地域です。県の名物にはユズやカボス、そして豊後牛があります。竹材生産量は日本一を誇っており県内のあちこちで竹細工が盛んです。

大分県は子育て満足度の推進や障害者雇用の推進、そして移住者や定住者の促進にも力を入れています。大分県には貸金業者の本社は見られませんが、アコムやレイクといった貸金業者のカードローンを利用する人は少なくありません。パソコンやスマートフォンを使用して契約が簡単にできるものが多いのも利用者が増えている要因と言えるでしょう。このほかにもアコムやレイクなどの貸金業者のカードを契約するには無人契約機などがあります。無人契約機はだれにも会わずに契約が可能な上に貸金業者や条件によっては即日の利用も可能で現金の引き出し方法も実に簡単です。このような手軽さが債務を増やしてしまう原因のひとつになっています。

また昔は繁華街の一角などに置かれることの多かった無人契約機ですが、銀行と提携している貸金業者は銀行のATMコーナーに置かれるというケースも増えています。こうした状況から老若男女利用しやすい環境に変化していることがうかがえます。アコムやアイフルなどは初回に限り無利息で利用できるタイプもあります。また全体的に見られる特徴のひとつは非常に低い返済額です。月額2,000円からの返済に応じているケースも見られます。しかし無利息期間を設けていたり毎月の返済額が低かったりしても金利自体は高いことに変わりはありません。毎月の返済額が低いとどこか得をしたような感覚に陥ってしまう人もいるでしょう。もちろん余裕があるときにはまとめて返済することも可能です。ただ実際には余裕を持たせたいために少額で返済する人が多く見られます。そのため利息部分だけを払っているということも珍しくなく元金がいつまで経っても減らないということも多い傾向です。気づいたときにはかなりの額を払っていたという人もいます。大分県でもこのようなことは例外ではありません。

定期的にカードローンでキャッシングを繰り返すようになったら債務整理が必要です。しかし返済がどうにか間に合っているうちは自分ではなかなか気づきません。中には返済で家計が圧迫されると違う貸金業者を利用してしまう人もいます。当然ですが返済先が増えてしまうためその分金利も増えることになります。

危険なのは借金を増やしていることに抵抗を感じなくなってしまうことです。債務整理に踏み切った人の多くが「もっと早く判断できていれば」という考え方に変わっています。これは債務整理を行った多くの人が持つ感想です。一般的には失業や病気など事情を抱えて返済がむずかしくなったときに債務整理を考える人が多い傾向が見られます。しかし実際にはもっと早く専門家に相談するのが理想的と言えます。個人であれば元金が60万円を超えた時点で債務整理を考えるべきでしょう。できるだけ早く判断して整理を始めた人はその後の生活再建もスムーズになります。判断が遅くなればなるほど選択しは狭まると思っておきましょう。例えばマイホームを購入したばかりの人なら、できる限り住居は保護されるような方法で債務整理をおこなうべきです。そのためには任意整理か個人再生を選ばなければなりません。しかし債務が膨らんでしまってはそれすらむずかしくなります。大分県でも仕方なく自己破産を選択したというケースもあります。また、そこまでになってしまうと家族にも周囲にも知られることになります。判断が早いか遅いかでリスクは大きく変わることを覚えておきましょう。

借金を増やしてしまう人の中には真面目な性格の人も多いのが特徴です。自分の力で返そうとがんばり過ぎてしまうことも債務を増やす原因になります。借金というと浪費というイメージは強いかもしれませんが、やむを得ず借りなければならないこともあるでしょう。だれでもさまざまな事情を抱えています。返済が困難だと感じたら早めに専門家に相談することが懸命な方法です。

大分県司法書士会には2017年時点でおよそ190名の個人と22の法人が登録されています。認定司法書士の数は公表されていませんが、県全域にわたって司法書士が充実していると言えるでしょう。これに対して大分県弁護士会に登録されている弁護士の数は2017年時点で161名です。大分県司法書士会では定期的に無料相談会の実施をしています。債務整理について相談してみたいと考えているものの費用の捻出がむずかしい人におすすめです。また債務整理が必要かどうか判断に迷っている場合も無料相談なら気軽に相談することも可能でしょう。借金問題はデリケートな問題です。どんな事務所に相談するか迷ったときには口コミや評判を参考にするのもいいでしょう。自分の悩みに沿ってくれる司法書士や弁護士を選ぶことがポイントです。借金は迷っているうちに金額が大きくなってしまうこともあります。返済が苦しいと感じたり金利に疑問を持ったりしたときには早めに証書氏や弁護士に相談をし、できるだけ早めに適切な方法で債務整理をおこないましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top