佐賀で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

佐賀で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120069034
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 福岡事務所は、福岡市博多区にあるのですが、福岡事務所を設立以来、佐賀市だけでなく、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市 、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、神埼市などの佐賀県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

佐賀市内であれば、博多までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

佐賀市からのアクセス方法

佐賀の主要駅である佐賀駅から電車でお越しになる場合は、JR特急かもめの乗り換えいらずで最寄駅である博多駅をご利用ください。博多駅より徒歩1分の立地にございます。

また、車でお越しになる場合は、長崎自動車道佐賀大和ICより、九州自動車道鳥栖JC、福岡高速2号大宰府線大宰府IC、福岡高速環状線月隈JC、金の隈JC、半道橋のルートでお越しになられると便利です。

佐賀で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

佐賀県内や福岡県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、福岡事務所は佐賀県、福岡県だけでなく熊本県大分県山口県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が福岡事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も佐賀県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

佐賀での債務整理の無料相談は福岡事務所

佐賀県にお住まいの方、お勤めの方は福岡事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。

福岡事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。

福岡事務所の電話番号・住所

  • 0120069034
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-069-034
住所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-1
アーバンネット博多5F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 福岡事務所の外観

福岡事務所のアクセスマップ

福岡事務所の周辺地図

電車でお越しの方

博多駅より徒歩1分

車でお越しの方

お近くにオレンジパーキング、いわきビル駐車場、パークロック博多駅東、里馨パーキングセンターなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

博多駅筑紫口、博多駅筑紫口(集合場所:BUS STOPラウンジ)、合同庁舎前(福岡県)、駅東二丁目のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 福岡事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する債務整理について

毎月返済してもちっとも減らないなど生活に暗い影を落とすのが借金の悩みです。いつの間にか膨れ上がってしまった借金は債務整理と呼ばれる法律で認められた方法で解決できることをご存じでしょうか。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停という4つの方法があります。将来発生する利息をカットしたり、借金の減額をしたり、借金をなくすことができます。

生活を立て直し、再び前向きに人生を送ることのできる債務整理は「知らないと損してしまう」といっても過言ではないでしょう。

家族の借金を代理で債務整理できるか

家族が借金をしている場合、家族の債務整理を代わりに手続きして借金問題を解決してあげることはできるのでしょうか。

いくら家族が心配だからといって勝手に債務整理をすることはできません。債務整理には本人の意思が一番重要です。

原則として本人が債務整理をおこなう

債務整理の手続きは、取引履歴など個人情報に関わる書類が必要となるため、原則として本人でなければおこなうことができません。

借金が問題でトラブルになるようなタイプの人は、お金の問題に関する意識が低い傾向にあります。「それほど深刻な問題だと思わない」「手続きがむずかしそうだし複雑で面倒だ」などの理由で債務整理に消極的な人もたくさんいます。

しかし、家計をひとつにする家族や、本人を心配する親、兄弟など周りの人にとって借金はとても大きな問題であり今すぐにどうにかしなければと考える人が多いです。

債務整理は家族が代理でおこなうことはできませんが、司法書士や弁護士などの専門家であれば、代理で手続きをおこなうことができます。ただし、ここで大切なのが「本人の意思」と「本人と司法書士や弁護士との面談が必須」という点です。そのため、たとえ本人が面談を嫌がっていたとしても、なんとか説得して司法書士や弁護士と話しをさせる必要があります。

債務整理は借金で苦しんでいる人が悩みから解放され、再び前向きに生活を送れるようになるための公的な手段です。しかし、債務整理は貸金業者にとって「貸したお金を返してもらえない」不利益なものです。そのため借金の減額や返済義務の免除を認めてもらうためには「本人が心から反省している」という事実が重要な要素になります。

本人に司法書士や弁護士との面談を受けさせ自身で司法書士や弁護士への依頼をおこなうことで、今後の生活のためにも本人が自分で借金をどうにかしようとする意志をもたせることが大切です。

本人が病気やケガなどで動けない場合は代理で依頼できる

なかには「病気で病院から出られない」「ケガをしていて動くことができない」「認知症になってしまい正常な判断ができない」などの理由で本人が司法書士や弁護士のもとへ行けないこともあるでしょう。このような場合は家族が代理で法律家へ債務整理の依頼をすることができます。

このケースでも重要になのは「債務整理をする」という本人の意思です。司法書士や弁護士は、依頼を受け手続きをおこなううえで本人の意思があるということを確認しなければなりません。

本人が認知症で正常な判断ができない場合は、裁判所で成年後見人として認められれば、家族が代理で債務整理の依頼をすることが可能になります。

成年後見人とは、病気や高齢などの理由によって判断能力がなくなった人の代わりに財産の管理や法的手続きをおこなうことができる人のことをいいます。成年後見人は、家庭裁判所で選出してもらう必要があり、勝手に「自分が成年後見人です」と名乗ることはできません。

しかし、これは本人が病気や高齢などの特別な理由があった場合の話で、借金をした本人が元気で動くことができる場合には本人が司法書士や弁護士と一度会い面談をする必要があります。家族が債務整理を望むのであれば、まずは本人を説得して債務整理について理解してもらうことから始めましょう。

たとえば任意整理の場合、将来発生する利息をカットしてもらった上で月々の返済額を減らしてもらうなど、債務整理には借金を抱える人にとってとても大きなメリットがあります。

本人の同意を得て任意整理ができれば、督促や取り立ても止まりますし、誰にも知られずに借金を整理することが可能になります。

家族として本人が債務整理に前向きになるようメリットを伝えるなどして説得することが重要です。本人がやる気になったときに適切なフォローができるよう家族の方が債務整理の知識を蓄えておくのもおすすめです。

本人に代わって代理人になれるのは司法書士か弁護士

本人に債務整理をするという意思があり委任状の提出ができれば、司法書士や弁護士などの専門家が代理人となり債務整理の手続きをおこなうことができます。

依頼する司法書士や弁護士を選ぶ際は、費用が安いかどうかで判断するのではなく、依頼者のサポートをしっかりとおこなってくれるかどうかを見極めることが大切です。事務所のもうけを優先するのではなく債務整理に関して貸金業者との交渉や返済計画の作成、依頼者とのやり取りなど対応をきちんとおこなってくれる事務所を選ぶようにしましょう。

よい事務所選びをするためにも無料相談を利用して、信頼できる事務所かどうか確認し納得のいく選択をするようにしましょう。

司法書士や弁護士の選び方

債務整理をおこなう際に、司法書士や弁護士などの代理人選びも重要なポイントになります。「事務所選びを失敗して取り返しのつかないことになってしまった」などといったことのないように事務所を探す際のチェックポイントをおさえておきましょう。

面談をしてくれる事務所かどうか

司法書士や弁護士が面談しない事務所には注意が必要です。事務所の中には「面談必要なし・書類郵送のみでOK」とアピールしているところや、面談や依頼手続きにいたるまで事務スタッフが対応をおこない、依頼者と司法書士や弁護士が面談をおこなわないまま解決までいたることもあります。

司法書士や弁護士との面談がないと依頼者がきちんと内容を理解していなかったり費用の面で認識違いが生じたりするなど依頼者にとって不利益なことが生じるケースも出てきます。

不要なトラブルや取り返しのつかない事態になることを避けるためにも依頼者との面談を大切にしている事務所を選ぶようにしましょう。

手続きをスムーズに対応してくれるか

人手が足りずに忙しい事務所に依頼をしてしまうと、なかなか債務整理の手続きが進まず解決に長い時間がかかってしまうことがあります。とくに依頼者への連絡がルーズだったり返信が遅かったりすると何度も同じ書類を準備させられるなど債務者の手間が倍増してしまうこともあります。

たとえば債務整理をおこなう場合、手続きによっては依頼する側が住民票などの書類を準備する必要がありますが、住民票には「発行日から3カ月以内のものを使用すること」といった有効期限が設けられています。そのため事務所の対応が遅いと書類の有効期限が切れてしまい、何度も同じ書類を準備するはめになってしまいます。

実際に忙しい事務所かどうかを見分けるのはむずかしいです。「問い合わせのメールをして翌営業日までに返信が届くか」「初回相談日の日程を1週間以内に設定できるか」などの項目をチェックしてみましょう。これらをクリアできる事務所であれば、対応も早めである可能性が高いといえるでしょう。

かかる費用が明確か

初めて相談したときに料金体系について明確に説明してくれる事務所を選ぶことも大切です。債務整理を依頼する際には多くの事務所では相談料や着手金など費用明細が記載された一覧表を提示してもらうことができます。

また正式に依頼することが決まった際に費用のことをきちんと明記した契約書を作ってくれるかどうかも大切なチェックポイントです。中には料金体系をうやむやにしたり契約書を作らなかったりして後から高額な追加費用を請求してくる事務所もあるようです。

費用に関するトラブルを避けるためにも「料金体系を明確に提示してくれるか」「契約時にはきちんと契約書を作成してもらえるか」といったことも大切なチェックポイントです。

債務整理を得意としているか

債務整理などの法律的な手続きに不安を感じている人が、つい安易に選んでしまいがちなのが、知り合いの司法書士や弁護士の事務所です。

債務整理の手続きは複雑なため「お金をいつごろ借りたか」「当時の利息はどれくらいか」「借金の金額はいくらなのか」など依頼者の状況によってベストな選択が異なります。

たとえ知り合いの司法書士や弁護士に依頼したとしても債務整理に関する経験が浅い場合、経験不足により正しいアドバイスができない可能性もあります。債務整理は間違った手続きをおこなってしまうと後戻りができない可能性もあるのです。借金問題を解決するには、債務整理の実績がある司法書士や弁護士に早めに相談することが大切です。

また、いくら優秀で相談件数が多い事務所だったとしても司法書士や弁護士が横柄で偉そうな態度で接していたり気軽に相談しにくい雰囲気の事務所は考えものです。法務事務所は相談者の目線に立ってじっくりと話を聞くことが求められる、いわばサービス業ともいえる存在です。

債務整理には短くて3カ月、長ければ1年ほどの長い時間がかかります。事務所とはこの間、2人3脚で問題解決にあたる必要がありますので苦手意識を感じるようなところは避けた方が良いでしょう。

いい司法書士や弁護士を選ぶには過去にトラブルを起こしたことがないかどうかについても調べておくことも大切です。評判の悪い事務所の場合、インターネットで検索するとすぐに名前がヒットします。

トラブルの情報がのっているからといって悪い事務所とは限りませんが、問題の内容をしっかりと吟味して判断するようにしましょう。また過去に弁護士会や司法書士会から懲戒を受けたことがある事務所は避けた方がいいでしょう。

債務整理を依頼する佐賀にお住まいの方

およそ400年の伝統を持ち、透き通るような磁器の美しさで人気の有田焼で有名な佐賀県。唐津市にある、4kmに及ぶ松林が青い海に沿って弧を描く虹の松原は、日本三大松原のひとつにも選定されています。98棟の弥生時代の建物が復元された吉野ケ里遺跡は国の特別史跡に指定されており、豊臣秀吉が朝鮮出兵時に出兵拠点とした名護屋城址や七ツ釜など、その他の史跡も豊富にあります。佐賀県では唐津くんちや伊万里トンテントン祭りなどイベントも多く開催されています。唐津くんちは唐津神社で行われる秋のお祭りで力強くりりしい雰囲気が特徴です。国の重要無形民俗文化財にも指定されており漆工芸品でもある14台の重厚な曳山が、笛や太鼓の音色に合わせて町内を練り歩きます。獅子やかぶとなどを形取った独創的な曳山で1台1台の形が異なるため、とても見ごたえがあるといえるでしょう。

佐賀県では旧石器時代の遺跡がいくつか発掘されており狩猟に特化した石器が出土しています。平安時代になると荘園が形成されるようになり室町時代にかけては高木氏、綾部氏などの氏族が配置されていました。戦国時代の1500年代後半、豊臣秀吉による九州平定が行われ、現代の佐賀県とほぼ同じエリアが家臣である龍造寺氏の領下となりました。その後は、もともと龍造寺家に仕えていた鍋島家が実権を掌握。このことで恨んで龍造寺家で飼われていた猫が鍋島家に化けて出たという話は、のちに鍋島化け猫騒動として有名になっています。その後は明治維新へと時代が移りますが、佐賀県は長崎に近かったことから当時は考え方が先進的で柔軟な人物が多くいました。そのため明治維新のころには早稲田大学を創設し第8・17代内閣総理大臣を務めた大隈重信や、尊王攘夷運動に奔走し明治政府の政治組織を定めた政体書の起草に尽力した副島種臣など、時代を動かした人物を多く輩出しています。

2017年時点での佐賀県の人口はおよそ82万人で、およそ3割が佐賀市に在住しています。そのためアコムやアイフル、レイクなど大手消費者金融の多くは佐賀市内に店舗や自動契約コーナーを設置しています。佐賀県の面積の広さは全国で第42位と小さな県ですが、人口密度は九州で2番目に高く、20歳前後で進学や就職のため佐賀県を離れる人が多いのが特徴です。

2004年時点では佐賀県には7市8郡38町4村がありましたが、2007年までに市町村合併が行われ、自治体の数は10市6郡10町(2017年時点)と半分以下になりました。 佐賀県内には、2016年時点で102人の弁護士と120人の司法書士がおり債務整理や借金返済について相談することができます。債務整理では、さまざまな選択肢の中から法律家が債務者にマッチするものを選択する必要があります。そのため債務整理をスムーズに進めるには法律家が専門的な知識を持っていることだけでなく豊富な経験や実績があるかどうかもポイントになります。より良い条件で債務整理をおこなうには借金問題に特化し豊富な経験や実績を持つ弁護士・司法書士事務所に依頼するのがおすすめです。

佐賀県内には、2014年時点で47の弁護士事務所と149の司法書士事務所が存在しており、その多くが佐賀市内に集中しています。債務整理に強い事務所を探す際は、佐賀市内の事務所を中心に探すか、または全国展開していて佐賀市でも対応可能な事務所を探すようにすると良いでしょう。

佐賀県の県庁所在地である佐賀市には、株式会社佐賀アセットファイナンスや株式会社アテナファイナンスなど、10社以上の貸金業者の本社があります。佐賀市だけでなく、唐津市にも有限会社橘リースやタクト、株式会社昭和ファイナンスなどの貸金業者が本社を置いています。佐賀県で債務整理を検討している方は、口コミを参考にするなどして司法書士や弁護士の事務所を選び相談をしてみてはいかがでしょうか。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top