愛知で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

愛知で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120068027
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所は、名古屋市中村区にありますが、名古屋事務所を設立以来、名古屋市だけでなく豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市など愛知県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

愛知県内であれば、名古屋までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどを案内いたしますので気軽にお問い合わせください。 また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

愛知で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

愛知県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、名古屋事務所は愛知県だけでなく、静岡県長野県岐阜県滋賀県三重県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応に満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が、名古屋事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額によって「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選出されました。

今後も愛知にお住まい、お勤めの相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

愛知での債務整理の無料相談は名古屋事務所

愛知県にお住まいの方、お勤めの方は名古屋事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。名古屋事務所では、正式にご依頼いただくまでに過払い金のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

名古屋事務所の電話番号・住所

  • 0120068027
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-068-027
住所 〒453-0015
愛知県名古屋市中村区椿町1-16
IMONビル3F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所の外観

名古屋事務所のアクセスマップ

名古屋事務所の周辺地図

電車でお越しの方

名古屋駅より徒歩2分
名鉄名古屋駅より徒歩7分
近鉄名古屋駅より徒歩8分
亀島駅より徒歩8分

車でお越しの方

お近くにリパーク名駅西第17、エスカ駐車場、ウィングスカイパーキング、リパーク名駅西第2などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

名古屋駅(太閤通口)、名古屋駅西口(集合場所:ゆりの噴水前)、名古屋駅(新幹線口)、名古屋駅(大阪バス)のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 名古屋事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

借金を減らせる・なくせる「債務整理」について

ショッピングやキャッシングなどでいつのまにか膨らんでしまった借金。節約しながら毎月少しずつ返済をしていても、借金を返すのがなかなかむずかしいという人もたくさんいます。

借金問題の解決方法として債務整理があり、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。「マイホームを手放したくない」「借金をなくしたい」など個人の状況や考え方にあわせて最も適した方法を選ぶことができます。

ここでは債務整理をおこなう際に気をつけたい点や、債務整理でおこる詐欺やトラブルの例などについて詳しくご紹介します。

債務整理の詐欺、トラブル

債務整理でおこる詐欺の例

債務整理で聞かれる詐欺の例に「着手金詐欺」と呼ばれるものがあります。債務整理を司法書士や弁護士に依頼する際は、手続きのための費用として着手金が必要になる場合があります。

着手金とは司法書士や弁護士へ依頼した時点でかかる費用で、依頼された案件が解決するかどうかに関係なく発生します。なかには着手金をもらうだけで、まったく仕事をしない司法書士や弁護士もいるといわれています。債務整理を依頼したのに借金の悩みが一向に解決せず、ほかの司法書士や弁護士へ依頼しなおすことになり着手金がムダになってしまう可能性もあります。

複数の貸金業者から借入をしている人を狙って詐欺をおこなう「便利屋」「整理屋」と呼ばれる怪しい業者もあります。複数の貸金業者から借入をしている人に対し「知り合いの凄腕の司法書士や弁護士を紹介するから」といって手数料などの名目でお金をだまし取ろうとしてくる業者です。

このような業者の特徴は表向き法務事務所や法律事務所を名乗っていても営業実態がなく、ペーパーカンパニーのような状態になっていることが多いです。関係者として司法書士や弁護士の名前があっても、悪徳司法書士や悪徳弁護士が名前を貸している場合もあるので決して安心してはいけません。

債務整理をおこなう際に報酬を受け取ることができるのは司法書士や弁護士のみで、専門資格を持たない人が報酬を受け取ることは法律で禁止されています。司法書士や弁護士と借金をした本人の間に入って斡旋や交渉などをおこない借金をした本人から報酬を受け取るのは「非弁行為」と呼ばれ違法行為になります。このような業者は相手にしないようにしましょう。

債務整理でおこるトラブルの例

債務整理をおこなうには法律に関わる専門知識が必要になります。そのため司法書士や弁護士と借金をした本人の間に認識違いがあったり借金をした本人に理解不足があったりすると人によっては「詐欺」と感じられ、トラブルになってしまうこともあります。

たとえば任意整理をおこなうと、将来かかるはずだった利息がカットされ借金の元本を3~5年の間で返済していきます。リボ払いを利用して毎月最低返済額のみを支払っていた人などの場合、債務整理をおこなった後の方が、毎月の返済額が増えてしまうこともあります。

今後発生する利息をカットできるので総返済額は減り、借金が目に見えて減っていくという任意整理によるメリットはあるといえるのですが、毎月の返済額が増えたことで「だまされた」と感じてしまう人もいるようです。

悪徳司法書士や悪徳弁護士事務所の例

司法書士や弁護士といった有資格者の中にも、残念ながら悪徳司法書士や悪徳弁護士が少なからずいるのは事実です。

悪徳司法書士や悪徳弁護士は、借金をした本人の味方のように装い、大々的な広告宣伝をおこなっている場合があります。実際は、いいかげんな仕事をしたり過大な報酬を受け取って預かり金を着服していることがあります。

悪徳司法書士や悪徳弁護士の例として、まず「依頼者と面談をおこなわない」という事務所は信頼できないので避けましょう。面談は、司法書士や弁護士と借金をした本人の双方が債務整理の手続きについてきちんと理解し費用などについて合意するための重要なステップです。面談をしないと債務整理のメリットやデメリットなどについて正しく理解できない可能性があります。さらに誤解や認識不足が生じていても司法書士や弁護士に伝わらないことも考えられます。

面談をしなかったことで後日思わぬ費用が発生しトラブルへとつながるケースもあるでしょう。債務整理の依頼を受ける際に、病気やケガをしているなど特別な理由がないかぎり、面談をおこなわなければなりません。

面談をおこなわずに債務整理の依頼を受ける司法書士や弁護士は規定に反しているといえるのです。規定に反しあえて面談をせずに債務整理を受けるような司法書士や弁護士は何か事情があることが多く、その1つとして悪質な業者と提携している可能性があります。

悪質業者と提携している司法書士や弁護士は面談をおこなわなかったり、面談を短時間で済ませようとすることが多いです。また悪質業者と提携していないとしても面談する手間を省き、すべて事務員に対応させようとすることで、たくさんの事案をさばき金もうけをしようとしている可能性も考えられます。いくら事務員がベテランでも正しい判断をできるとは限りません。面談や手続きを事務員任せにすると、何かあったときに多大な不利益を被る可能性もあります。

悪徳司法書士や悪徳弁護士の中でもとくに悪質性が高いのが悪徳NPO法人などの業者と提携しているケースです。借金を抱えている人はお金に困っているという背景があり、司法書士や弁護士に頼むと費用が高くなってしまうのではないかと思い込んでいる人もいます。「なんとなく安く相談できそう」という理由で依頼先として選択肢に挙がってくるのがNPO(非営利法人)です。

NPO法人の中には営利を目的とせず、きちんとした事務所を置いて仕事をしているところもあります。しかし、なかには借金問題に悩む人の心につけ込み不当な費用をだましとって金もうけをしようと考える悪徳NPO法人もあるのです。

悪徳業者は「いい司法書士や弁護士を紹介してあげる」と言って実際に司法書士や弁護士を紹介します。このとき登場するのが悪徳司法書士や悪徳弁護士で形ばかりの面談をおこない、すぐに去っていきます。そして後日、借金をした本人は費用を支払うように促されますが、悪徳司法書士や悪徳弁護士は消費者金融などの貸金業者に受任通知だけを送るだけで、実際に何もしていません。

受任通知を送ると貸金業者からの督促が止まるので、借金をした本人は債務整理の手続きが進んでいると思い費用を払い続けます。ところが受任通知を貸金業者へ送っただけでは何の解決もされず、借金問題の解決に至らないというケースもあります。

詐欺やトラブルにあわないように注意する点

債務整理を依頼するときに悪徳司法書士や悪徳弁護士の被害に遭わないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

最初の相談のときに司法書士や弁護士が対応せず、その後も顔をあわせなかったりメールや電話のやり取りのみで済ませようとしたりする事務所は警戒が必要です。また正式に債務整理の依頼をしたときに契約書を作成しない事務所には注意しましょう。

通常、案件を正式に依頼したときには委任契約書が作成されます。これは司法書士や弁護士へ案件を依頼するときに作成される契約書のことで事件の内容やそれにかかる費用の種類、金額や支払い方法などが記載されています。このような契約書を事前にきちんと作成しておくことで、その後両者の間での「聞いた、聞いていない」といった無用な言い争いを避けることができます。

契約書を作成しないような事務所では途中で何か費用が発生しても「あとから追加で請求すればいい」と考えていたり費用の明細や内容をあいまいにして高額な追加費用を支払わせたりする可能性があります。

相談の際に費用についてきちんと説明せず依頼しても見積書をきちんと明示しない事務所にも注意が必要です。債務整理を司法書士や弁護士に依頼する場合、当然費用がかかります。

債務整理の費用は、どんな手続きをするかによって異なりますし項目も「着手金」「報酬金」「追加費用」などと細分化されていてわかりにくくなっています。そのため債務整理を依頼するときは、これらの費用についてしっかりと理解しておくことが重要です。

きちんと理解していないと、あとから思わぬ追加費用を請求されてトラブルになる可能性があります。悪徳事務所は、最初は費用があまりかからないかのような話をし、費用についてきちんと説明をしない傾向にあります。

案件が進むにつれ「○○という費用を支払わないと先へ進めることができない」などと言って高額な追加費用を請求してくることもあります。そのため相談の時に費用の説明をせず見積書を提示しないような事務所には十分に注意するようにしましょう。

債務整理を依頼する際は事前にしっかりとリサーチをしておくのがおすすめです。詐欺やトラブルに遭わないようにするためにも依頼を考えている事務所のホームページを読んでおき債務整理を扱った実績について調べておくようにしましょう。評判の悪い事務所はインターネットですぐにヒットしますので目星のついた事務所の名前は事前に調べておきましょう。

債務整理を依頼する愛知にお住まいの方

愛知県には有名武将ゆかりの歴史遺産やトヨタ自動車に代表されるものづくりをテーマにした産業観光資源、自然の景勝地などがたくさんあります。岡崎城や犬山城、清洲城など数々の城郭も現存しているため、歴史好きな方には魅力的なエリアといえるでしょう。名古屋市内で楽しむことができるのは黒潮大水槽やオーシャンシアターで人気の名古屋港水族館です。さらに高速鉄道技術の展示を楽しめるリニア鉄道館、名古屋のランドマークとして誕生したJRセントラルタワーズなどの近代的な観光スポットもあります。山や海などの自然も豊かなため、南知多ビーチランドや愛知牧場で動物と触れ合ったり三河エリアの湯谷温泉や香嵐渓などで美しい景観を楽しんだりすることもできます。

県庁所在地である名古屋市は人口約230万人と中部地方で最大の人口を擁しています。愛知県では総人口数の多さに比例して弁護士・司法書士も多く存在しています。県内にはおよそ1,800人の弁護士がおり弁護士の数の多さは東京・大阪に次いで全国で第3位となっています。アコムやアイフルなどの貸金業者に対し支払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求をはじめとする債務整理を得意とする弁護士・司法書士も多く存在しています。愛知県は自動車産業をメインとする工業のイメージが強いですが、商業や農水産業も盛んで農業産出額は2014年で全国7位となっています。

愛知県は戦国武将を輩出したエリアとしてのイメージが強いですが、およそ2万年のものと思われる多数の遺跡が発掘されており、旧石器時代にはこの地にすでに人が住んでいたことがうかがえます。古墳時代には、当時の豪族たちが県内のいたるところに古墳を作りました。そのうちの1つである犬山市にある青塚古墳は、4世紀半ばに作られたとみられる前方後円墳で、すぐそばにあるガイダンス施設「まほらの館」では、当時の生活用品を復元したさまざまな展示物を見ることができます。7世紀頃になると、このあたりは尾張・三河(もしくは三川)と呼ばれるようになったとみられており、戦国時代には織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などの有名武将が活躍しました。江戸時代以降、尾張は尾張徳川家の領地となり三河には多くの大名が配置され1871年に廃藩置県が行われると尾張は名古屋県、三河は額田県と名称を変更したのです。1872年には名古屋県が愛知県の名称になり額田県と合併して現代の愛知県となりました。

愛知県の自治体は38市7郡14町2村、県庁所在地がある名古屋市は千種区や東区など16区に分かれています。一宮市や春日井市、海部郡や知多郡などとあわせ尾張地方全体では500万人の人口を擁しています。西三河地方には岡崎市や豊田市、東三河地方には豊橋市などの中核市が存在し刈谷市や安城市、蒲郡市などと合わせ三河地方全体の人口は160万人程度となっています。尾張地方・西三河地方・東三河地方をあわせた愛知県の総人口は750万人となっておりアイフルやレイクなどの大手消費者金融から街の中小消費者金融まで多数の貸金業者が存在している傾向です。そのため県外からの利用者も多くいると言われています。

愛知県には弁護士がおよそ1,800名、司法書士がおよそ1,200名いると言われています。大手ではアイフルやモビット、中小消費者金融ではダイレクトワンなど貸金業者に過払い金請求をする際に愛知県内で債務整理に強い弁護士や司法書士を探すのは、それほどむずかしくないといえるでしょう。愛知県内には弁護士・司法書士事務所が全部で620ありますが、県内でも特に名古屋市内に多く集中しています。そのため名古屋市以外のエリアに居住している場合は名古屋市内の弁護士・司法書士も含めて探すといいでしょう。愛知県内には貸金業者の本社が多く存在しています。例えば愛知県稲沢市に本社を置く株式会社UCSです。UCSは旧ファミリーマートがユニーグループホールディングスを吸収合併する形で発足したユニーファミリーマートホールディングス株式会社の子会社になります。名古屋市中区に本社を置き東海地区に存在する38の信用金庫の母体として1984年に設立されたのが銀行系クレジットカード会社である中部しんきんカードです。信用金庫の顧客ニーズに応えるため、利便性の高いVISAカードやJCBカードの普及活動を続けています。愛知トヨタをはじめとするトヨタグループ系13社で構成される「ATグループ」の一員である愛知クレジットサービスは名古屋市昭和区に本社を置いています。自動車ローンや自動車リース、金銭貸し付けなどの事業のほか不動産賃貸業務もおこなっています。また同じトヨタ系で愛知県刈谷市に本社を置くのが、消費者金融や事業者金融などの貸金業をおこなうリビングサポート株式会社です。トヨタ系企業に勤務する社員の豊かな暮らしを応援するために設立された会社で主に住宅ローンを提供しています。借金でお悩みの方は個人の状況や考え方に合わせ任意整理や自己破産など法律で認められた債務整理をすることにより悩みを解決することができます。愛知県で債務整理を検討している方は口コミで評判のいい法務事務所で1度相談してみることがおすすめです。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top