香川で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

香川で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120070146
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 岡山事務所は、岡山市北区にあるのですが、岡山事務所を設立以来、高松市だけでなく、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市などの香川県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

高松市内であれば、岡山までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

高松市からのアクセス方法

香川の主要駅である高松駅から電車でお越しになる場合は、JR快速マリンライナーで乗り換えなしで最寄駅である岡山駅をご利用ください。岡山駅より6分の立地にございます。

また、車でお越しになる場合は、高松自動車道高松西IC、坂出JCT、瀬戸大橋坂出IC、瀬戸中央自動車道早島IC、ルートでお越しになられると便利です。

香川で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

香川県内や岡山県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、岡山事務所は香川県、岡山県だけでなく鳥取県徳島県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が岡山事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も香川県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

香川での債務整理の無料相談は岡山事務所

香川県にお住まいの方、お勤めの方は岡山事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。

岡山事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

岡山事務所の電話番号・住所

  • 0120070146
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-070-146
住所 〒700-0821
岡山県岡山市北区中山下1-8-45
NTTクレドビル10F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 岡山事務所の外観

岡山事務所のアクセスマップ

岡山事務所の周辺地図

電車でお越しの方

郵便局前駅より徒歩2分
県庁通り駅より徒歩4分

車でお越しの方

岡山駅より車で6分でお近くにクレド岡山第二パーキング、クレドパーキング、タイムズ中山下第5、リパーク岡山中山下1丁目第3などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

天満屋バスセンターのバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 岡山事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

法律で認められた借金問題の解決策「債務整理」

債務整理とは借金の返済が苦しい場合におこなう国が認めている法的な借金問題の解決方法です。

債務整理は、将来発生する利息をカットしてもらったり借金を大幅に減額してもらったり借金自体をなくしたりできます。債務整理はおもに任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類です。

最近CMや広告で目にする過払い金請求も債務整理の一種です。債務整理を考えている人はまず司法書士や弁護士に相談し、依頼して手続きするのが一般的です。

家族の借金を代理で債務整理できるか

債務整理は基本借金をした本人でないとおこなうことはできません。債務整理は個人情報を扱うので、本人の意思なしではたとえ家族であろうと手続きはできないのです。本人でなくてもおこなえる場合も特例としてあるので、どんな場合なら本人以外でも手続きが可能なのか解説します。

家族のつくった借金を代理で債務整理できるのか

債務整理する際には基本的に本人が自分で手続きする必要があります。債務整理にまつわる処理には個人情報をともなう書類も求められます。また司法書士とのやりとりでもかなり立ち入った内容を聞かれるでしょう。どんなに親しい人間でも基本的に代理人に選ぶのはおすすめできません。

そもそも借入情報とは非常に重要度の高い個人情報です。信用情報機関などに借入情報を問い合わせる際には絶対に本人かどうかの認証がおこなわれます。家族でも信用情報は簡単に開示してくれないでしょう。

しかし、例外もあり、借金をした本人が高齢により自分で判断ができない状態で、自分で司法書士や弁護士へ依頼できない場合です。このような事情がある場合、家庭裁判所に後見人を選出してもらうことで家族の借金を代理で債務整理をおこなうことができます。

家族の代理人となり、債務整理をおこなうことは可能でも司法書士や弁護士に依頼したほうがいい結果を得られます。

法律に詳しくない、いわゆる「素人」が債務整理を持ちかけたとしても貸金業者はまともに取り合ってくれる可能性は低いでしょう。家族のためによかれと思っておこなった行為が、結局返済時期を長引かせる事態にもつながっていきます。

家族のつくった借金を債務整理する方法

前提として家族が借金をつくったからといって、生活に必要な費用を借金したわけでなければ、親や子ども、兄弟にまで返済義務がまわってきません。たとえば家族にギャンブルが原因の借金の相談をされたとしても「見放す」選択をしても法律違反にはならないのです。

しかし大切な家族に対して何らかの力になってあげたいと考える人が大半でしょう。ただし、金銭面の援助をおこなってしまうと援助者の負担が大きくなります。また借金をした本人に甘えが芽生えてしまい借金を繰り返してしまう恐れもゼロではありません。家族に借金の相談をされて返済が一苦労だと判断したら債務整理を勧めるのが賢明です。

注意しなければいけないのは、家族が「連帯保証人」になってしまっているパターンです。借金をするときには状況に応じて連帯保証人を求められることがあります。うっかり連帯保証人になってしまうと、借金をした本人が返済できなくなった際に連帯保証人へ返済の義務がまわってきます。連帯保証人は借金と向き合わなければならなくなります。

生存中に家族のつくった借金を債務整理するには「代理交渉」「手続きの援助」に加え「債務整理後の援助」も求められます。代理交渉とは家族にかわって貸金業者と交渉をおこなう方法ですが、法律の知識があまりない人にはおすすめできません。

したがって、家族の借金問題を解決するときには「手続きの援助」が中心となるでしょう。

第1に援助者は家族の精神面を支えます。多額の借金は借金をした本人の心を荒ませ、あらゆる手続きをおこなうだけの気力を奪いがちです。身近な家族という存在だからこそできる励ましもあるでしょう。味方がいる状況を実感できると、なんとか気力をふりしぼれる可能性があります。

第2に援助者の返済状況の整理を手伝います。借金がふくらむと「いくら借りていくら返したか」という現状の把握さえもあいまいになるものです。複数の貸金業者からお金を借りていると、なおさら状況は複雑です。家族が債務整理の交渉につくために書類や返済履歴の整理を手伝ってあげましょう。

第3に債務整理に強い司法書士や弁護士を見つけてあげることです。家族のサポートは心強いものですが、法律の絡む場面になると「精神的な支え」以上に「経験」と「知識」が求められます。法律の素人だけで債務整理をおこなうとしても貸金業者に相手にしてもらえないケースも考えられます。

債務整理の実績があり依頼人に対して誠実な司法書士をリサーチしてあげると、家族の借金問題解決へと大きく近づきます。とくに高齢で情報収集が苦手な家族が借金に苦しんでいたら、インターネットなどで司法書士の情報を集めてあげましょう。

「頼られたからには自分がなんとかしないと」と抱え込みすぎるのは危険です。本格的な債務整理は専門家に任せ、自分はサポートに撤するようにしましょう。

借金をした本人が生きていれば家族に返済義務はありませんが、相続の際に借金が問題になる家庭もあります。借金をした本人が死亡して借金を完済していなかった場合、相続人は故人の借金もマイナスの遺産として相続する必要がでてきます。

相続人が借金から逃れるには相続放棄することが必要です。相続放棄をする場合、マイナスの遺産だけでなくプラスの遺産も一緒に放棄しなければなりません。価値のあるものだけ相続して、借金は放棄するということはできません。

相続する資産内容にもよりますが人によっては大きな悩みに立たされる人もいるでしょう。そんなときは債務整理によって故人の借金を減額できないか検討するのもひとつの方法です。

家族のつくった借金を債務整理する注意点

家族がつくった借金を債務整理するとき、さまざまな問題に直面します。「家族だから」「身内だから」という理由ですべてを抱え込む義務はありません。時には家族に厳しく接したり司法書士に任せたりする決断も迫られるでしょう。

たとえば家族のつくった借金の債務整理を手伝っている過程で借金をした本人が、援助してくれている家族に依存してしまうケースもありえます。「あれもしてほしい」「これもしてほしい」と要求が過剰になっていくことも考えられるでしょう。

長い借金生活で気力を失っている家族に対しやさしく接するのは当然のおこないです。しかし、「債務整理で借金が減額したからお金を援助してほしい」などと言われても要求を受け入れる必要はありません。「お金の援助はしない」などの絶対的な線引きをおこなってからサポートするのをおすすめします。

責任感を持ちすぎて暴走してしまう援助者もいます。借金をした本人に強く頼られると「自分しか頼れる相手がいない」と思い込み、なんでもしてあげる状態になってしまうのです。しかし依存を許してしまうと債務整理が成功したところで、家族に「借金を作ってもどうにかなる」という思いを抱かせがちです。

債務整理の手続き中、本人を甘やかすのではなく「どうしてこんな事態を招いたのか」と反省を促す厳しさも必要でしょう。借金とは癖になりやすいおこないです。無理のある借金をしてしまう本人の過ちを認めさせ2度と周囲に迷惑をかけないように責任感を持たせるのも家族の務めです。

債務整理について分からないことは「司法書士に聞く」のも債務整理の基本です。法律の知識がない家族のサポートには限度があります。時には家族からの精神的な支援以上に冷静で客観的な司法書士の経験が役立つ場面もあるでしょう。

確かに司法書士へ債務整理を依頼するとお金はかかります。しかし多額の借金を減額し、もしかすると過払い金が返金されるかもしれない可能性を考えると司法書士への費用で悩む必要はないでしょう。自力で債務整理をおこなわずにしっかりと専門家を頼ったほうが時間もお金も浪費しなくてすみます。

債務整理でトラブルを起こしがちなのがヤミ金との交渉です。ヤミ金とは非合法的な金利で営業している貸金業者の俗称です。ヤミ金は最初から任意整理などの交渉には応じない姿勢を明確にしています。

司法書士はグレーゾーン金利に対しては働きかけられますが、あからさまな非合法的な金利になると交渉がむずかしくなります。しかし、泣き寝入りする必要はまったくなく、複数の貸金業者からお金を借りていてでヤミ金のほか合法的な貸金業者からも借金をしていた人には司法書士も相談に乗ってくれます。

ヤミ金と対峙するにあたっては警察に届け出るのもひとつの手段です。ヤミ金とは存在自体が法律違反なので警察が介入すると過激な取り立てを止めてくれる可能性もあります。

司法書士や弁護士など、その道の専門家は日本中にたくさんいます。家族のつくった借金を債務整理する際、責任に押しつぶされそうになる人もいるでしょう。しかし法律機関という頼もしい味方がいることは大きな力になります。

債務整理を依頼する香川にお住まいの方

香川県民の人間性は穏やかで親しみやすいといわれています。そのため出張や転勤などで香川を訪れたビジネスマンは香川県民の人柄に触れて感動することも珍しくありません。香川県は古くから「農業のさかんな地域」として発展してきました。また寺社や歴史的建造物、観光名所が多いのも特徴です。中でも有名なのは「屋島の戦い」でしょう。平安時代末期に繰り広げられた源平合戦のハイライトでもある「屋島の戦い」は弓の名手、那須与一が海上に置かれた的を見事に射抜いたという逸話が残っています。現代でも多くの観光客が屋島の峰を訪れ、当時に想いを馳せています。

一方で、かつて「讃岐」と呼ばれた香川県は「流刑地」としても名を知られていました。勢力争いに破れた数々の貴族や武士が讃岐に流され、一生を終えたとの記録が残されています。本土から離れ、農耕中心の生活で華やかな都の文化とは切り離されていた讃岐は「未開の地」としての印象が強かったのでしょう。しかし室町時代あたりから長宗我部氏の支配化に置かれるようになると讃岐は情勢が安定していきます。明治時代に「香川県」という形になり近代文明を受け入れるようにもなりました。

香川県の代表的な特産物はなんといっても「うどん」でしょう。独特のコシが魅力的な讃岐うどんは全国にチェーン店が展開するほどの人気食品となっています。香川県内には讃岐うどんの工房がそのまま食堂をかねているパターンも多く見られます。人気食堂が集中的に拠点を置いている地域もあり観光客は美しい農村地域をドライブがてら讃岐うどんの食べ歩きすることが定番の観光コースとなっています。

香川県の都市として有名なのは高松市、丸亀市、三豊市です。とくに高松市は県庁所在地として香川県一の人口を誇る市町村です。街の中心部には有名企業の本社、支店も数多く、香川経済の核として機能しています。

観光地としては松原、エンジェルロードなど数々の絶景がある香川県ですが、老若男女が足を運ぶスポットとなっているのは金刀比羅宮でしょう。通称「こんぴらさん」として知られている金刀比羅宮。参拝客はもちろん景色を楽しみたいハイキング客からも圧倒的な支持を受けています。

香川県は高松市などの一部都市をのぞくと人口は減少傾向があり決して経済状況が成長中とはいえません。むしろ、小さな市町村では過疎化が深刻な問題となっています。一方で人口が集中しがちな都市部では消費活動もさかんにおこなわれており、多くの消費者金融が拠点を置くようになりました。アイフル、プロミスといった消費者金融の大手も香川県内には支店があります。また、わずかではありますがヤミ金の存在も確認されています。多くの他県の都市と同様、ギャンブルなどの遊びやショッピング依存、経済的なトラブルなどで多額の債務を負ってしまう消費者は少なくありません。

メンターエージェントのデータによれば2016年における香川県の司法書士の数は168人でした。これは四国で2番目に多い数字です。また香川県司法書士大全の名簿によれば、香川県内の認定司法書士の数は80人でした。法務省発表「法曹人口に関する基礎的資料」によれば、2012年の時点で香川県の「弁護士会別の弁護士の数」は168人で四国2位でした。弁護士1人あたりの人口は138人と愛媛につぐ数字でした。香川県は四国内で司法書士や弁護士の数が充実している側の県だと考えられます。

WEBサイト「司法書士事務所の検索&口コミ」によれば香川県では86の司法書士事務所があります。また、同じサイトによれば香川県内には68の弁護士事務所があります。 香川県内に本社がある貸金業者で規模が大きいのはキャッシングアルセでしょう。1万~800万円と限度額の広さが人気です。所在地は香川県高松市瓦町です。クレジットカードで有名なJCB系列として株式会社百十四ジェーシービーカードも香川県内に本店を置いています。所在地は香川県高松市田町です。24時間申し込み可能、即日融資を宣伝文句にしている株式会社セシールクレジットサービスです。所在地は香川県高松市観光町です。リースなどの事業も展開しているのがコンコルド・リース・アンド・ファイナンス株式会社です。所在地は香川県高松市新田町です。そのほか、大小さまざまな貸金業者が香川県に本店をかまえています。やはり香川県最大の都市である高松市内にオフィスが多く活動を展開しています。

香川県は穏やかな風土と県民性が評判の都道府県ではありますが、都市部になると消費活動が激しくなるのは他の地域と同様です。また貸金業者も都市部に集中しているため、高松市などでは多額の借金に悩まされている消費者も多いでしょう。しかし香川県は四国の中でも司法書士・弁護士数が比較的充実している地域です。手に負えなくなった借金に苦しんだら家族に相談するのもいいですが、やはり法律の専門家を頼って解決の糸口を見出しましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top