鳥取で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

鳥取で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120070146
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 岡山事務所は、岡山市北区にあるのですが、岡山事務所を設立以来、鳥取市だけでなく、米子市、倉吉市、境港市などの鳥取県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

鳥取市内であれば、岡山までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

鳥取市からのアクセス方法

鳥取の主要駅である鳥取駅から電車でお越しになる場合は、JR特急スーパーいなばで乗り換えなしで最寄駅である岡山駅をご利用ください。岡山駅より6分の立地にございます。

また、車でお越しになる場合は、鳥取自動車道鳥取IC、西粟倉IC、佐用平福ICルートでお越しになられると便利です。

鳥取で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

鳥取県内や岡山県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、岡山事務所は鳥取県、岡山県だけでなく香川県徳島県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が岡山事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も鳥取県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

鳥取での債務整理の無料相談は岡山事務所

鳥取県にお住まいの方、お勤めの方は岡山事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。岡山事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

岡山事務所の電話番号・住所

  • 0120070146
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-070-146
住所 〒700-0821
岡山県岡山市北区中山下1-8-45
NTTクレドビル10F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 岡山事務所の外観

岡山事務所のアクセスマップ

岡山事務所の周辺地図

電車でお越しの方

郵便局前駅より徒歩2分
県庁通り駅より徒歩4分

車でお越しの方

岡山駅より車で6分でお近くにクレド岡山第二パーキング、クレドパーキング、タイムズ中山下第5、リパーク岡山中山下1丁目第3などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

天満屋バスセンターのバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 岡山事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する債務整理について

どうしても借金を返せない、返済が苦しいときには債務整理で借金問題を解決します。債務整理はおもに任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類があり,借金を減らしたり借金をなくすことができます。

債務整理をおこなうことで、生活を立て直すことができ精神的にも余裕を持つことができます。しかし債務整理について知識がないと損をしてしまうこともあります。

デメリットやメリットを理解して、自分にはどの手続きが合っているか知る事で借金問題解決への第一歩となるでしょう。

債務整理のデメリット・メリット

債務整理とは借金の返済がむずかしい時におこなう国が認めている借金問題の解決方法です。債務整理のメリットのひとつは、司法書士や弁護士に交渉を依頼することで貸金業者からの督促が止まることです。家族などに借金について知られたくなかったり督促がストレスに感じる人は、債務整理をおこなうことで心に余裕が生まれるでしょう。

一方、債務整理にはデメリットも存在します。債務整理をおこなったことで信用情報に事故情報が登録されます。信用情報に事故情報がのっていればクレジットカードの利用やローンが組めなくなります。信用情報に事故情報がのることをブラックリストにのるといいます。

債務整理の情報は一生登録されるわけではなく、手続きによって違いはありますが5~10年ほど登録されます。その間クレジットカードやローンの審査に通らない可能性が高いので注意が必要です。

また、債務整理をおこなった貸金業者からは今後2度と借り入れができない可能性が高いこともデメリットのひとつでしょう。一定期間すぎて信用情報から事故情報が消えれば、手続きをしていない貸金業者からお金を借りたりクレジットカードを作ることはできるので、一生お金を借りたりクレジットカードを作ることができなくなるわけではありません。

任意整理のメリット・デメリット

債務整理の中でもっとも利用者が多いのが任意整理です。任意整理は裁判所を通さずにかんたんに手続きをおこなうことができます。任意整理とは、貸金業者と話し合いをして将来発生する利息をゼロにしてもらい、残っている借金を無理のない金額で返済していく手続きです。

任意整理は貸金業者と交渉をおこなうため、交渉力があるかどうかがポイントになります。司法書士や弁護士へ依頼し手続きをおこないますが、任意整理の経験が豊富な司法書士や弁護士に依頼することで満足いく手続きをおこなうことができるでしょう。

任意整理には手続きする貸金業者を自由に選ぶことができるというメリットがあります。車のローンや連帯保証人がいる借金を手続きから除外することにより、車を手放したり連帯保証人に迷惑をかけずに手続きすることができ、自由度の高い債務整理です。

任意整理の途中で、払いすぎた利息(過払い金)があることがわかれば同時に手続きをすることができます。過払い金があった場合、借金へ充当することができるので借金が減ったり借金がなくなります。

借金よりも過払い金のほうが金額が高ければ、借金がなくなるうえに余った過払い金が手元に戻ってくるのもメリットといえるでしょう。取引期間が長い人は過払い金が発生している可能性が高いので、任意整理に向いています。

任意整理のデメリットは、ブラックリストに5年程度のってしまう

また、任意整理は話し合いで借金問題の解決を目指すため、思っていたほど毎月の返済額が減らなかったり期待していたほど手続きの効果が感じられない可能性があります。これは任意整理を得意とする司法書士や弁護士へ依頼することにより避けられるデメリットなので、正式に依頼するときにしっかりと相談するようにしましょう。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生は、裁判所を通して大幅に減額してもらい残った借金を3~5年で返済していく方法です。借金の減額は借金総額によって決まっており、100万円以下の場合は減額されず全額返済しなければなりません。そのため、借金総額が100万円以下の場合はほかの手続きをした方がいいでしょう。

100万~500万円未満の借金は100万円、500万~1,500万円未満の借金は借金総額の5分の1、1,500万~3,000万円未満は300万円、3,000万~5,000万円未満は10分の1まで減額されます。借金総額が大きいほど減額される金額は大きくなります。

個人再生は裁判所を通して手続きしますが、自己破産のように資産を差し押さえられる心配がないのがメリットです。また個人再生の手続きがはじまると、貸金業者による給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなるのもメリットです。すでに督促で苦しんでいる場合、早めに手続きすることで精神的にも楽になります。

個人再生は基本的にすべての借金を対象に手続きをおこなう必要があります。しかし、特例として、一定条件を満たせば、住宅ローンを手続きから除外することができます。住宅ローンを手続きから除外することにより、持ち家を手放すことなく借金の減額を受けることができるので、持ち家がある人にとっては大きなメリットになります。

デメリットは、ブラックリストに5~10年のることと官報という国が発行する機関紙に住所と氏名がのることです。

官報を普段からチェックしているという一般人はあまりいません。周囲の人に、官報にのったせいで個人再生をしたことが知られてしまうということはほとんどないので気にならないでしょう。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産は、裁判所に返済ができないことを認めてもらい借金の返済義務を免除してもらう手続きです。

借金が返済できなければ自己破産するしかないというイメージがあるかもしれません。自己破産には借金を返済する必要がなくなるという大きなメリットがある一方、デメリットも大きいです。最低限、生活に必要なものは手元に残せますが、資産と呼べるものはほとんど没収されます。

自己破産のデメリットとして、職業の制限があげられます。手続きが開始されると一時的に就けない仕事が出てきます。司法書士や行政書士などの士業、生命保険の外交員、古物商、警備員など多岐にわたる職業選択の自由が奪われます。手続きが終われば職業の制限はなくなります。

また、ブラックリストに10年のってしまったり個人再生と同じように自己破産した事実が官報にのることもデメリットです。

資産を隠していたりギャンブルで借金を作っていたりなどの理由で自己破産が認められなければ、借金が残ってしまう恐れもあります。そのため、依頼した司法書士や弁護士に借り入れ理由を正直に話すことが大切です。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停は、裁判所を通して今後発生する利息をゼロにしてもらい今後の返済計画を立て直す手続きです。手続きする貸金業者を自由に選ぶことができたり、任意整理と手続きの内容は似ていますが、任意整理は司法書士や弁護士に依頼するのに対し特定調停は自分で手続きを進めます。

特定調停のメリットは、費用が安い点です。自分で手続きを進める特定調停は数千円の手数料で手続きをおこなうことができ、債務整理の中で一番費用を安く抑えることができます。

裁判所が間に入るため、貸金業者と直接顔を合わせることがないので安心して手続きを進めることができることもメリットです。

一方、デメリットとしてブラックリストに5年のることや、必要な書類をすべて自分で準備し裁判所へ出向かなければならない点があげられます。時間や手間がかかるので、特定調停をおこなえる人は現実的に限られます。

また、裁判所を通しておこなう手続きのため手続き後の返済が滞った場合は、貸金業者により給与の差し押さえなどの強制執行がおこなわれる可能性があります。無理のない返済計画を立てることが強制執行を免れるポイントです。

債務整理を依頼する鳥取にお住まいの方

鳥取県は砂丘で有名な日本海に面した中国地方の県です。鳥取は東西およそ120キロメートルと横に長い県であり東は兵庫県、西は島根県に隣接しています。面積は3,507平方キロメートルと比較的小さく人口も約59万人というミニマムなのが特徴です。鳥取県は長い歴史を持つエリアであり古事記には鳥取の名前の由来が登場するほど昔から日本において重要な場所でした。妻木晩田遺跡や青谷上寺地遺跡など遺跡が数多く存在し、その歴史の長さを今に感じさせてくれます。鳥取県といえば砂丘がイメージされるほど砂丘が観光地として全国的に知名度が高いですが、それ以外にも景勝地として知られる浦富海岸や西日本最大級のブナ林である大山のブナ林など豊かで美しい自然を感じさせてくれる場所がたくさんあります。

また鳥取県には沼や沢などが多く県名からわかるようにたくさんの鳥が集まるエリアです。2005年にラムサール条約に指定された中海と米子水鳥公園にはコハクチョウが越冬を目的として毎年たくさん飛来し鳥取県の見どころのひとつとなっています。鳥取県は過疎化が進行している都道府県のひとつであるため、内にこもるのではなく積極的に外へ開いていく政策をとっています。そのため何か新しいことにチャレンジしてみたいと考える人にとっては大きなチャンスがある場所といえます。また子育てと仕事が両立できるよう地域全体で子育てを応援する空気があり子育て世代にとっては暮らしやすい政策がとられているのも特徴です。

鳥取県には4つの市と5つの郡があります。鳥取市は鳥取県の県庁所在地で県の中央より東に位置しています。鳥取市は県の心臓部ともいえ県全体のおよそ3分の1に相当する20万人の人たちが暮らしています。米子市は県西部にある自然豊かな市であり山陰の味覚を随所で味わえるのが特徴です。松葉がにや干しガレイ、二十世紀梨など、鳥取の味覚を堪能できます。倉吉市は県中央にある都市であり白壁土蔵の街として風光明媚な雰囲気をたたえています。伝統織物の倉吉絣が今も変わらない美しさを見せてくれる文化的なエリアです。境港市は半島のように突き出た場所にあり多くが日本海に接している面積の小さな都市です。都市名から見て取れるように水産業が盛んです。

鳥取県は規模が小さな県にもかかわらずたくさんの司法書士や弁護士がいます。鳥取県司法書士会に所属している司法書士は100人近くおり、そのうち認定司法書士はおよそ80人ほどです。司法書士のおよそ8割が認定を受けているため、選択肢が豊富に提供されているのが魅力的です。また鳥取県に構えている司法書士事務所の数はおよそ60で、鳥取市を中心として各都市にバランス良くあります。どのエリアに住んでいても比較的近くに司法書士事務所があるので、ちょっとしたことでも相談しやすくなっています。一方、弁護士も鳥取県にはたくさんいます。弁護士事務所の数は20以上あり鳥取県弁護士会に所属している弁護士の数はおよそ60名ほどです。司法書士にしても弁護士にしても債務整理に強い人を選ぶと貸金業者との間でトラブルが発生したときに心強い味方となってくれます。債務整理に強いかどうか見分ける方法のひとつに、その司法書士や弁護士の実績や経歴があります。多くの司法書士や弁護士はウェブサイトに自身の経歴や成果を書いています。また実際に興味がある司法書士や弁護士に依頼した経験がある人の口コミで評判を知ることも大切です。いかに実績が高く腕があったとしてもフィーリングが合わなければ会うたびにストレスを感じてしまいます。口コミで「きちんと話を聞いてくれた」「親身になってアドバイスをしてくれた」などの評判が良い司法書士や弁護士であれば借金トラブルの解決だけではなく、きっとあなたの心の負担も減らしてくれることでしょう。

鳥取県には都市部を中心にアコム、アイフル、レイクといった貸金業者の支店や扇信販、山陰信販株式会社などの地元の貸金業者あります。またクレジットカードを持っていれば街中にあるATMでも借金は発生します。鳥取県には名産品や景勝地がさまざまにあるので、お金を使う機会は必然的に多くなるでしょう。もし返済が苦しくなって債務整理の文字が頭に浮かんだら鳥取県で活動している司法書士や弁護士に依頼してトラブル解決に努めていきましょう。病気でも借金でも早い内に対処することで解決もより簡単かつスピーディーにおこなえます。債務整理の多くは家族や周りに知られずに実行可能なので1人で悩まずにまずは司法書士や弁護士に相談してみましょう。解決できる悩みでストレスを抱えるのは人生を損しているので、ぜひ気の合う司法書士や弁護士を見つけてお金の悩みにさようならを告げましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top