宮城で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

宮城で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120131025
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 仙台事務所は、仙台市青葉区にあるのですが、仙台事務所を設立以来、仙台市だけでなく石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市など宮城県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

宮城県内であれば、仙台までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所にご来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどをご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせください。
また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

宮城で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

宮城県内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、仙台事務所は宮城県だけでなく、福島県山形県秋田県岩手県を含めても、その中でもトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。
ご依頼いただきました相談者様より当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多くいただいております。

これは司法書士法人杉山事務所が、仙台事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。今後も宮城県にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードでご提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

宮城での債務整理の無料相談は仙台事務所

宮城県にお住まいの方、お勤めの方は仙台事務所にご相談いただけるとご来所される場合はアクセスがよいです。仙台事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

仙台事務所の電話番号・住所

  • 0120131025
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-131-025
住所 〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 仙台事務所の外観

仙台事務所のアクセスマップ

仙台事務所の周辺地図

電車でお越しの方

広瀬通駅より徒歩5分
あおば通駅より徒歩5分
勾当台公園駅より徒歩8分
仙台駅より徒歩10分

車でお越しの方

お近くにABパーキング青葉通り、セントレ東北駐車場、中央2丁目パーキング、NPC24H仙台一番町パーキングなどの駐車場がございます。

バスでお越しの方

電力ビル前、地下鉄広瀬通駅、広瀬通一番町、青葉通一番町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 仙台事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

知らないと損する債務整理について

債務整理は、複数貸金業者から借金をしていたり収入の減少などの理由で返済がむずかしくなった際に借金を減らしてもらったり借金をなくしてもらう、国が認めている借金問題の解決方法です。

債務整理には4種類の手続き方法があります。貸金業者と直接話し合い利息をカットしてもらう任意整理、マイホームを残したまま借金を大幅に減額できる個人再生、借金の返済義務を免除してもらう自己破産、裁判所を通して貸金業者と返済計画を立てなおす特定調停です。

特定調停は自分で手続きをおこないますが、ほかの債務整理の手続きは司法書士や弁護士へ依頼しておこなうのが一般的です。債務整理にはどれくらいの費用がかかるのか、相場について解説します。

債務整理の費用相場と支払い方法・支払いのタイミングについて

債務整理をするには、借金の総額や返済状況などに応じて自分にとって最適なのはどの手続きなのか判断しなければなりません。自分で判断するのはむずかしい場合が多いので司法書士や弁護士へ相談するといいでしょう。

債務整理をしようと思ったときに一番気になるのが費用でしょう。それぞれの手続きにはどのような費用がどのくらいかかるのか、いつ支払うのかしっかり確認しておくことが大切です。

債務整理の内容とそれぞれの費用相場

どの手続きをするかで費用は異なります。債務整理にかかる費用とは、司法書士や弁護士へ支払うものです。裁判所を通しておこなう手続きは裁判所へ申し立てる費用も別途かかります。

任意整理

任意整理は、将来発生する利息をカットしてもらい元本を3~5年かけて返済していく手続きです。ほかの債務整理の方法とは異なり、裁判所を通さずにおこないます。

自分でも手続きは可能ですが、貸金業者と直接交渉をしなければならないため司法書士や弁護士へ依頼するのが一般的です。司法書士や弁護士へ依頼することにより、自分の代理人として貸金業者との交渉や書類のやり取りをすべて任せることができます。

また、任意整理は手続きしたい借金を自由に選ぶことができるので、車や家のローン、連帯保証人がいる借金を手続きから除外することが可能です。

任意整理の途中で払いすぎた利息(過払い金)があることがわかれば、過払い金請求の手続きも一緒におこなうことができます。過払い金が発生していれば、借金に充当して借金を減らすことができます。借金よりも過払い金のほうが金額が多ければ、借金をゼロにしたうえで残った過払い金を現金で返還してもらえるので、取引期間が長い人に向いている手続き方法です。

(1)相談料

司法書士や弁護士へ依頼する前の相談で発生する費用です。相談料をとらない事務所も多いので、相談料無料の法務事務所や法律事務所を探して相談してみましょう。

(2)着手金

司法書士や弁護士へ依頼した時点でかかる費用です。手続きの結果にかかわらず支払う費用なので、途中で別の司法書士や弁護士へ変えた場合、着手金は戻ってきません。相場は貸金業者1社あたり3~5万円です。

(3)報酬金

任意整理が成功したときに貸金業者1社ごとに発生する解決報酬金です。原則1社あたり2万円以下までと決められています。着手金が高い場合、報酬金はかからないという事務所も多いです。

(4)減額報酬

任意整理をおこなって実際にいくら減額することができたかによって金額が変わります。減額報酬の上限は10%と決められているので、手続きの結果10万円の減額に成功した場合1万円までの減額報酬がかかります。

(5)過払い金返還報酬金

借金を返済中でも過払い金が発生している可能性があります。手続きの途中で過払い金が発生しており、借金の金額よりも多ければ借金に充当したうえで残った過払い金を現金で返してもらうことができます。その場合、発生していた過払い金に対して過払い金返還報酬という費用がかかります。相場は発生していた過払い金の20%です。

個人再生

個人再生は、裁判所に返済がむずかしいことを認めてもらい借金を3分の1〜10分の1まで減額してもらう手続きです。

借金の総額によって減額される金額は変わります。借金の金額が100万円未満の場合は減額されないので、ほかの債務整理を選びましょう。借金の金額が100万円以上500万円以下の場合は100万円まで、500万円以上1500万円以下の場合は借金総額の5分の1まで、1500万円~3000万円以下の場合は300万円まで、3000万円以上5000万円以下の場合は10分の1まで減額されます。

手続きをおこない借金を減額してもらったあとも返済をしなければならないので安定した収入を求められます。

個人再生はすべての借金に対して手続きをおこなわなければなりませんが、住宅ローン特則という制度を利用することにより住宅ローンを手続きから除外することができます。マイホームを残したまま借金を大幅に減額できることが個人再生の最大の特徴です。

(1)相談料

司法書士や弁護士へ依頼する前の相談で発生する費用です。相談料をとらない事務所も多いので、相談料無料の法務事務所や法律事務所を探して相談してみましょう。

(2)基本報酬

司法書士や弁護士によってちがいはありますが、相場は30~60万円です。高額のように思えますが、報酬は分割払いに対応している事務所がほとんどなので安心してください。住宅ローン特則を利用すると通常の基本報酬に5~10万円プラスされることが多いです。

(3)申立費用

個人再生は裁判所を通す手続きなので、裁判所へ申立をおこなう際に必要になります。総額およそ20万円程度かかります。内訳は、収入印紙代1万円、官報掲載費用1万2000円程度、郵便切手代1600円+貸金業者数×2×120円、個人再生委員への報酬15万円程度です。

自己破産

自己破産は、裁判所で返済が不可能であると認められると税金等を除くすべての借金の返済義務を免除してもらえる手続きです。返済が不可能であることを認めてもらうので、自宅や車など20万円以上の価値があるものや99万円以上の現金は手放す必要があります。

職業の制限もあるため、手続き開始から手続きが終わるまでの期間は、警備員や金融関係、旅行業関係などの一部職業に就くことができません。

自己破産は、本人に33万円以上の現金や20万円以上の価値がある資産がない場合におこなう同時廃止と、本人が33万円以上の現金や20万円以上の価値がある資産を持っている場合や借金の原因がギャンブルなどが原因の場合におこなう管財事件の2種類あります。得られるメリットも大きいですが、失うものも多いので債務整理の最終手段といわれています。

(1)相談料

司法書士や弁護士へ依頼する前の相談で発生する費用です。相談料をとらない事務所も多いので、相談料無料の法務事務所や法律事務所を探して相談してみましょう。

(2)申立費用

同時廃止の場合は1万5000円程度、管財事件で財産の管理や処分をおこなう管財人が選出される場合は20万円程度の予納金が必要です。

(3)報酬

司法書士や弁護士によって多少のちがいはありますが、相場は30~50万円程度です。借金をしている貸金業者数によっても金額が変わります。

特定調停

特定調停は、裁判所を通して今後の返済計画を立て直したり利息をカットしてもらう手続きです。任意整理と同じような手続きですが、直接貸金業者と話し合う任意整理とは異なり特定調停では裁判所を通して手続きをおこないます。

話し合い自体は裁判所が間に入ってくれますが、必要な書類を準備したり裁判所へ出向くのは自分自身でおこなわなければなりません。自分で手続きを進める分費用は安くおさえられますが、時間と手間がかかります。

また、手続きの途中で払いすぎている利息(過払い金)が発生していることがわかっても別で過払い金請求の手続きをしなければなりません。

(1)相談料

司法書士や弁護士へ依頼する前の相談で発生する費用です。相談料をとらない事務所も多いので、相談料無料の法務事務所や法律事務所を探して相談してみましょう。

(2)司法書士や弁護士へ依頼した場合の報酬

特定調停は自分でおこなえる債務整理ですが、司法書士や弁護士へ依頼した場合の相場は、司法書士が5~20万円、弁護士が10万円~30万円程度となっています。

費用がなくても安心!債務整理の費用は分割払いできる

債務整理をおこなうには費用がかかります。債務整理を考えるくらい借金問題で悩んでいるのに、費用を捻出するとなるとなかなか踏み切れない人もいるでしょう。

債務整理の目的は、借金を抱えた人が暮らしに余裕を持ちながら生活を立てなおすことです。多くの司法書士や弁護士は、費用の分割払いに対応しています。いくら分割払いだといっても費用の支払いを滞納してしまうと辞任されてしまう可能性もあるので、ムリなく自分が払っていける金額で分割払いにしてもらうようにしましょう。

費用の支払いができないと債務整理をあきらめている人は、借金の返済を滞納する前に無料相談などを利用して司法書士や弁護士へ相談することが大切です。

債務整理の費用を払うタイミング

気になる費用を払うタイミングですが、相談料がある場合は相談した当日に支払います。相談料無料の法務事務所や法律事務所も多く存在するので、相談料無料の場合は相談の段階で支払う費用はありません。

着手金がある場合は正式に契約をする際に一括で払います。依頼する事務所が分割払いに対応していれば分割払いも可能なので、正式に依頼する前にしっかり確認しておきましょう。手続きの途中で減額報酬など金額が確定するものに関しては、確定してから後払いで請求されることになります。こちらも分割払いに対応している場合が多いので安心してください。

債務整理を依頼する宮城にお住まいの方

宮城県は人口およそ232万人、太平洋に面した東北地方に位置する県です。県庁所在地である仙台市の七夕祭りは東北三大祭りのひとつで、毎年開催時期には多くの観光客でにぎわいます。仙台市を中心に松島や秋保温泉などが観光地として知られています。宮城県は縦に長い形をしており、秋田県に岩手県、福島県、そして山形県の4県が隣接しています。 宮城県には石巻漁港と塩釜漁港、気仙沼漁港といった主要漁港など主要漁港をはじめ140を超える漁港が存在する漁業の盛んな地域です。カキやフカヒレ、マグロなどの海産物が有名な一方でイチゴやナシなど農作物にも力を入れている宮城県には、牛タンや笹かまぼこといった食の名物がたくさんあります。宮城県は防災や子育て支援など命を守る環境作りに力を入れているのが特徴です。夜間の子どもの病気に対応する専用の窓口を設けるなど、子育て世帯には安心できる県と言えるでしょう。

宮城県は14の市と10の郡、20町1村で成っています。夏は特に高温と言えるほど気温の上昇は見られないものの、冬の積雪量もそれほど多くありません。東北の中では比較的温暖で暮らしやすいでしょう。不景気が続いたことでマイホームの返済が家計を圧迫するという世帯は全国的に多いですが、宮城県も例外ではありません。家計の補填にカードローンや新たな借り入れをする人も多くアコムやアイフル、レイクといった貸金業者の利用も増加しています。

しかし、これらの貸金業者やカードローンやなどは繰り返し利用する傾向が強まるため、債務整理をおこなう人が増えはじめています。アコムやアイフル、そしてレイクにプロミスなど貸金業者の特徴のひとつはいつでも利用しやすいことです。だれにも会わずに契約できる無人の契約機を設置しているところも少なくはありません。家族にも知られずにカードを作ることも可能です。そういった気軽さも利用者が増加する理由のひとつでしょう。 アコムやレイク、プロミスといった貸金業者のもうひとつの特徴は利用限度額が低めであるということです。使い過ぎを抑えて無理な返済を回避するとも考えられますが、一方で本来必要な借入額に届かないという問題もあります。そのため不足分をまた新たな貸金業者から借りるという問題が起こりがちです。宮城県でもこのような流れで多重債務に陥ってしまい、その結果ますます家計が苦しくなるという人は珍しくありません。

またアコムやアイフル、レイクなどの貸金業者は金利が高めであることも債務を増やしてしまう原因のひとつです。月々の返済額も非常に低い設定を可能としているのも落とし穴と言っていいでしょう。返済額が2,000~7,000円といったものは負担が少なく楽に返済できるようなイメージを持ちます。しかし冷静に見てみると元金はなかなか減らずに実際は利息だけを支払っているというのが多い傾向です。結果として返済期間がそれだけ長くなり多くの利息を払うことになります。こうした事態から抜け出すには素人ではなかなかむずかしいのが現実でしょう。そのため宮城県でも弁護士や司法書士に依頼して債務整理をおこなう人が増えているのです。

弁護士や司法書士を介して債務整理をおこなう人が増えた背景には経営の悪化による失業など働けない事情も背景にあります。災害による一時的な影響も考えられますが、親の介護なども理由にあげられます。こうした社会の変化や個人的に抱える事情によって返済額が膨らんでしまう場合は、できるだけ早めに債務整理をすることをおすすめします。債務を抱えてしまう人は、生活を軌道に戻そうとして借り入れを増やしてしまう場合もあります。 しかし、これは冷静に考えると生活再建を遠ざけることになっていないでしょうか。収入が減少したり失業したりする期間が数カ月程度の限られたものなら、借り入れることで解決は可能かもしれません。またボーナスなどが入る前の一時的な利用であれば問題はないでしょう。しかし繰り返して借りなければ生活が成り立たないようなら、すでに破綻していると考えたほうが健全です。債務整理をするほうが健全で安心できる方法で生活をやり直すことができます。

宮城県では約330名の司法書士が「宮城県司法書士会」に登録しています。「宮城県弁護士会」に登録している弁護士はおよそ440名です。無料相談日を設けたり個別に債務相談をおこなっている司法書士や弁護士も多いので、最寄りの事務所に相談してみましょう。複数名いることで選択に迷ったら、口コミや評判を参考にすることもおすすめです。相談は事前予約をするほうが確実ですが、あらかじめ相談日をホームページで公表している場合でも確認してみたほうが安心できます。債務に関する悩みを抱えてしまうことは決してめずらしいことではありません。むしろ債務整理をする人は増えています。借金というとどこか後ろめたい印象があるかもしれませんが、やむを得ない事情を抱えてしまう人は多いものです。返済で悩んでいるならできるだけ早い段階で最寄りの司法書士または弁護士に相談し現実的で安心できる債務整理をはじめましょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top