神奈川で口コミが多数ある債務整理に強い法務事務所

神奈川で債務整理

債務整理は無料相談をご利用ください。

  • 0120065039
  • 債務整理のお問い合わせ

司法書士法人杉山事務所 東京事務所は、新宿区にありますが、東京事務所を設立以来、横浜市だけでなく、川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区、緑区、中央区、南区)、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市など神奈川県の全域より債務整理のご相談、ご依頼をいただいております

横浜市内であれば、新宿までのアクセスは電車、バスなどの交通機関や車でのアクセスが便利ですが、事務所に来所される前に詳しい場所やお近くのコインパーキングなどを案内しますので気軽にお問い合わせください。

また、来所がむずかしい場合は無料での出張もおこなっておりますので遠慮なくお申し付けください。

横浜市からのアクセス方法

神奈川の主要駅である横浜駅から電車でお越しになる場合は、JR湘南新宿ラインで新宿駅にいき、そこから徒歩または地下鉄メトロ丸ノ内線で最寄駅である新宿三丁目駅をご利用ください。新宿三丁目駅より徒歩3分の立地です。

また、車でお越しになる場合は、神奈川1号横羽線東神奈川出入口、大師JCT、首都湾岸線昭和島JCT、首都中央環状線大井JCT、大橋JCT、初台南ルートでお越しになると便利です。

神奈川で司法書士法人杉山事務所が選ばれる理由

神奈川県内や東京都内には債務整理ができる司法書士や弁護士が非常に多くありますが、東京事務所は神奈川県、東京都だけでなく、千葉県埼玉県を含めても、その中でトップクラスのご相談、ご依頼をいただいております。

ご依頼いただきました相談者様は当事務所での対応にご満足いただき、その相談者様から口コミや、ご紹介などによってご依頼いただくケースが非常に多いです。

これは司法書士法人杉山事務所が東京事務所だけでなく、全国8事務所でご依頼をいただき、毎月3,000件以上のご相談を対応してきた実績や、貸金業者との交渉力やそのノウハウをたくさん蓄積してきた結果だと自負しております。

司法書士法人杉山事務所は、日本を代表するビジネス誌である週刊ダイヤモンドで、司法書士事務所における過払い金の回収額が日本一の実績によって、消費者金融が恐れる事務所として選出されました。

今後も神奈川にお住まい、お勤めのご相談者様ごとに最適なご提案を最善のスピードで提供させていただきます。

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融が恐れる司法書士日本一」に選ばれました

神奈川での債務整理の無料相談は東京事務所

神奈川県にお住まいの方、お勤めの方は東京事務所にご相談いただくと来所される場合はアクセスが便利です。

東京事務所では、正式にご依頼いただくまでに債務整理のリスクやデメリットをきちんと説明して納得いただいた上で依頼をしていただいております。

一円でも多く借金を減らしたい、今すぐ取り立てをストップさせたいなどご相談者様の要望に沿うように最善の方法を提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

東京事務所の電話番号・住所

  • 0120065039
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-065-039
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-12
住友不動産新宿御苑ビル5F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 東京事務所の外観

東京事務所のアクセスマップ

東京事務所の周辺地図

電車でお越しの方

新宿三丁目駅C7出口より3分
新宿駅より徒歩7分
西武新宿駅より徒歩7分

車でお越しの方

お近くにブルーパーキング歌舞伎町第2駐車場、ブルーパーキング歌舞伎町第1駐車場、GSパーク新宿ピカデリー、新宿マルイメン駐車場などの駐車場がございます。

バスでお越しの方

新宿五丁目、新宿伊勢丹前、新宿追分、歌舞伎町のバス停が最寄となります。

最寄駅、駐車場、バス停までのアクセス、最寄駅、駐車場、バス停からのアクセスがご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
杉山事務所 東京事務所の詳細はこちらからご参照ください。

大阪事務所(主たる事務所)の電話番号・住所

  • 0120066018
  • 債務整理のお問い合わせ
電話番号 0120-066-018
住所 〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波2-3-7
POSCO大阪ビル8F
営業時間 9:00~19:00
※ご予約いただければ時間外も対応いたします。
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
司法書士法人杉山事務所 大阪事務所の外観

司法書士法人杉山事務所 大阪事務所
代表社員 杉山一穂

大阪司法書士会 第3897号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第512093号

借金を減らせる・なくせる「債務整理」について

借りたお金をどうしても自力では返せなかったり返済が苦しい場合、債務整理という手段があります。債務整理はおもに任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。

債務整理をすることで、将来発生する利息をゼロにしたり、借金を減額したり、なくしてもらうことができます。

債務整理は基本的に司法書士や弁護士のサポートを受けながらおこないます。専門家のサポートを受けることでスムーズに手続きを進めることができます。

債務整理のデメリット・メリット

将来の発生する利息がゼロになったり、借金を減らしたり、借金をなくすことができるのが債務整理のメリットです。債務整理をすると精神的にも経済的にもかなり楽になります。

しかし債務整理をすると個人の信用情報に事故情報がのってしまい、5~10年の間はクレジットカードを作ったりローンが組めなくなったりするデメリットがあります。債務整理をすると金融機関やカード会社などから返済能力がないとみなされてしまいます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は債務整理の一種で、利息のカットや借金の減額、今後の返済計画を司法書士や弁護士へ依頼し、貸金業者と交渉して月々の負担を軽くする方法です。

取引期間が長い場合、利息の額が利息制限法の上限を超えた金利となっているケースがあります。利息制限法の上限を超えて支払っていた利息は、本来払う必要のなかった払いすぎた利息(過払い金)です。

過払い金があれば借金と相殺し、借金額を減らすことが可能です。また、過払い金が借金よりも多く発生していた場合、相殺して余った過払い金は手元に戻ってきます。

任意整理は、債務整理の中でももっとも気軽におこなえる手続きで利用者が一番多いです。返済が苦しいと感じたら、まずは任意整理を検討しましょう。

任意整理にもメリットとデメリットがあるので、その両方を正しく知っておく必要があります。

任意整理のメリットには借金が減ったり将来発生する利息をゼロにすることができる点です。利息がなくなることにより、返済した金額がそのまま元本に充てられます。借金の減りを実感することができるでしょう。

いくつもの貸金業者から借入れをしている場合でも、自分が任意整理をしたいと思った貸金業者のみと交渉できるのもメリットといえるでしょう。手続きをおこなう貸金業者を選ぶことができるので、住宅ローンや車のローン、連帯保証人がいる借金は手続きから外すことができます。

任意整理にはデメリットもあります。任意整理をおこなうと信用情報機関に事故情報が5年ほど登録されます。ブラックリストにのっている間はローンを組んだりあらたに借入れをおこなえませんが、ブラックリストを恐れるよりも、今ある借金問題を解決することを優先しましょう。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生は裁判所に借金の返済がむずかしいことを認めてもらい、大幅に減額してもらう手続きです。減額してもらって残った借金は3~5年で返済をします。基本的にすべての借金を対象に手続きをおこないますが、一定条件を満たすことにより住宅ローンを対象から外すことができます。

借金の総額によってどのくらい減額してもらえるか決まっており、100万円以下の借金は、減額されないため他の手続きをおこなうことをおすすめします。

100万円以上500万円以下の最低弁済額は100万円、500万円以上1,500万円以下では借金総額の5分の1、1,500万円以上3,000万円以下では300万円が最低返済額です。3,000万円以上5,000万円以下では10分の1を返すだけでよく、借金総額が多くなればなるほど免除される額が大きくなっていきます。

個人再生は5,000万円を超える借金を抱えている人は個人再生をおこなうことはできません。

個人再生のメリットは借金を大きく減額できて、自宅を失うことなく手続きをおこなえることです。貸金業者による督促もやむため、精神的にも楽になるのが大きなメリットといえます。

一方でデメリットとしては、ブラックリストに5~10年のることです。その間に生活を立て直せるよう前向きに過ごしましょう。

また、官報という国が発効する機関紙に個人再生をした事実がのります。一般人はあまり見る機会がないので、官報にのったから個人再生をしたことが周囲に知られてしまうということはあまりありません。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産は、どうしても借金が返済できないというときにおこなう最終手段といえる手続きです。支払いを続けるのが不可能だと裁判所で認められると、借金の返済義務を免除されます。誰でも自己破産ができるわけではなく資産、収入、借金額などを総合的に見て返済が不可能と判断されなければなりません。

自己破産のメリットは、借金の返済義務が免除され借金がゼロになることです。ただし税金などは免除の対象にならないため、自己破産をしたからといって何に対しても支払いを免れるというわけではありません。

自己破産をすると不動産などは処分しなければなりませんが、生活に必要なものやある程度の現金は手元に残しておくことができます。自己破産をしたからといってすべてを取り上げられるわけではないというのも自己破産のメリットとなっています。

自己破産にはもちろんデメリットもあります。自己破産はブラックリストにのる期間が長くなります。10年ほど信用情報機関に事故情報が登録されるため、登録されている間はあらたな借入れやローン、クレジットカードの利用ができません。国が発効している官報にも名前がのります。

また手続き中は、一部の職業に就くことが制限されます。警備員や金融関係の仕事、旅行業など一部の職業に就くことができなくなります。手続きが終われば、職業の制限はなくなりますので安心してください。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停は任意整理と手続きが似ていますが、大きな違いがあります。特定調停は、任意整理とちがい、裁判所を通して貸金業者と話し合いをおこないます。

特定調停をするメリットは今後発生する利息をカットしたり無理のない返済計画を立て直せることです。特定調停は任意整理と同じように手続きをおこなう借金を選ぶことができるので、住宅ローンや車のローン、連帯保証人がいる借金を手続きから外せます。

特定調停のデメリットは、手続きの途中で過払い金があっても過払い金請求の手続きは別でおこなわなければいけない点です。任意整理は、過払い金があれば発生していた過払い金を借金に充当することができますが、特定調停の場合はステップをひとつ多く踏むため手間も時間もかかります。

また、特定調停も他の手続きとおなじようにブラックリストにのります。ブラックリストにのる期間は5年程度です。

特定調停が成功すると調停調書が作成されます。調書通りに返済ができなかった場合は、給与の差し押さえなどの強制執行がおこなわれます。

まず返済の可能性があるかどうかを見極めてから特定調停をするかどうかを決めることをおすすめします。自分では判断がむずかしいので、司法書士や弁護士などの専門家へ相談しましょう。

債務整理を依頼する神奈川にお住まいの方

神奈川県は南と東はそれぞれ相模湾と東京湾に接し、西は山梨県と静岡県に接しています。そのため、ひとつの県で山のアクティビティと海のアクティビティが両方楽しめます。 住むにも観光するにも大変魅力的なエリアとなっています。神奈川県の北側は東京都に接しているため、日中東京へ仕事に行き夜は神奈川の自宅で休むという、いわゆるベッドタウンとして発展してきた歴史があります。しかし本当は神奈川県の歴史はもっとずっと古く、現在の神奈川県鎌倉市付近には歴史の教科書でもおなじみの鎌倉幕府が建てられていました。鎌倉市には鶴岡八幡宮や大仏など、鎌倉時代前後に建てられたものが今も残っています。神奈川県は首都東京の衛星都市や京浜工業地帯の主要エリアなどとして現在は認識されることが多いですが、歴史的には一度幕府の中心地になったこともあり、文化的にも優れたエリアだということができます。現代の神奈川県にも文化の香りが色濃く残っており、政令指定都市である横浜市には港町らしい多国籍文化が根付いています。代表的なものに横浜の中華街があります。中華街といえばグルメを目的に行く人が多いですが、横濱関帝廟や横濱媽祖廟など、中国文化を感じられるスポットもあるので見どころが豊富です。神奈川県は近年ベッドタウンとして発展した歴史があるからか、特に横浜市をはじめとして子育て世代に優しいエリアといえます。行政は待機児童ゼロに力を入れており、働く女性を応援しています。

神奈川県は横浜以外にも、全国的に知名度の高い市町村がたくさんあります。京浜工業地帯の主要都市である川崎市は、石油化学コンビナートなどの重化学工業が盛んなエリアです。藤沢市には江ノ島があり、とりわけ夏場は海水浴客でにぎわいます。江ノ島は湘南地域にあるため、湘南といったほうがわかる人が多いかもしれません。湘南の海岸でのサーフィンは季節を問わず行えるため、サーファーのメッカになっていることでも有名です。横須賀市には米軍基地や自衛隊基地があり、特に海軍は全国的に知名度が高いでしょう。横須賀海軍カレーとしてもおなじみになっています。このように神奈川県には魅力的な都市がたくさんあります。神奈川県全体では33の市町村があるので、神奈川県を隅々まで訪れて、自分にとっての魅力的なエリアを探してみてはいかがでしょうか。

神奈川県の面積はそれほど大きくはないものの都道府県の中でもたくさんの人口を抱えたエリアです。そのため司法書士や弁護士もたくさんいます。神奈川司法書士会に所属している司法書士の数は1,000を超えており神奈川県弁護士会に登録している弁護士の数は1,500を超えています。司法書士も弁護士も大都市のみに集中しているわけではなくバランス良くさまざまな市町村で活動しています。司法書士や弁護士もさることながら司法書士事務所や弁護士事務所も神奈川県にはたくさんあります。司法書士事務所の数は県内で380以上、弁護士事務所の数は330以上あるとされており、数ある司法書士や弁護士の中から自分にあったところを見つけられる選択肢が用意されています。これほど多くの司法書士事務所や弁護士事務所があるということは需要がたくさんあるということを意味しています。神奈川県には多くの人々が住んでいることから消費者金融の本店や支店もまたたくさんあります。例えばカード会社のひとつライフカード株式会社は神奈川県横浜市に本社があります。アコムやアイフルなどの貸金業者の支店は都市の規模が大きくなればなるほど多いことは容易に予想されますが、貸金業者が増えればそれだけ債務に関するトラブルが増えることもまた簡単に想像できるでしょう。したがって貸金業者とのトラブル解決を手助けする司法書士や弁護士の数もまた多くなっていくのです。

債務整理に司法書士や弁護士は欠かすことはできません。司法書士や弁護士に依頼すると手数料を支払う必要が出てきますが、任意整理など特に債権者との交渉が必要となる場面では力を貸してくれます。任意整理は過払い金で借金がゼロになったり、かなり余裕を持った返済プランに変更できたり、これ以上高い利息を支払わずに済んだりするメリットがあります。司法書士や弁護士に依頼せず自分で交渉をおこなっても思うような結果を得られないこともあるので司法書士や弁護士は依頼する価値がある存在といえます。ただし、それ以上に司法書士や弁護士に債務整理を依頼したくなる理由があります。それは、司法書士や弁護士はあなたの味方であり、あなたの側に立ってサポートをしてくれるからです。債務整理に直面したとき多くの人は不安になったりストレスを感じたりしますが、司法書士や弁護士はメンタル面でもあなたを助けてくれます。もちろんすべての司法書士や弁護士が心のケアまでおこなってくれるとは限らないので口コミを検索して評判の良い人や事務所を見つけてください。貸金業者との間でトラブルを抱えたときは、迷わず司法書士や弁護士に相談するとよいでしょう。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top