レイクの借金を債務整理する前に知りたいデメリットとメリット

お金を借りる時は、無理なく返済できる金額に留めることが大前提です。
しかし、何らかの事情により返済がむずかしくなった場合は、債務整理をするという方法があります。

債務整理というと自己破産を思い浮かべる方が多いですが、債務整理には種類があり、それぞれ特徴があります。
また、それぞれの債務整理には条件があり、メリットやデメリットにも違いがあります。

ここでは債務整理とは何か、そしてレイク(新生フィナンシャル)の借金を債務整理する方法について説明します。

債務整理とはどんな手続きか?

債務整理とは

債務整理とは借金の返済ができなくなってしまった人を対象とした法的な救済処置です。
貸金業者に交渉して利息をカットしてもらったり、裁判所に申請して借金を減額してもらうなど、債務整理の手続きには4つの種類があります。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さずに利用者と貸金業者とが直接交渉をおこない、返済計画を見直す手続きです。

メリットとしては和解が成立すれば将来にわたる利息をカットしてもらえます。
和解後は借金の元本だけを3年~5年の分割払いで支払っていくことになります。

また、対象とする貸金業者を選べるという点もメリットとして挙げられます。
保証人に迷惑をかけたくないから保証人がついている借金を避ける、住宅ローンは残してそれ以外の借金を整理したいなど、事情がある人にとってはメリットが大きい手続きです。

ただし、交渉できる内容は将来利息のカットや毎月の支払い金額・分割回数の見直しなどが主なので、借金の元本そのものを減額することはできません。

過去に払いすぎた利息(過払い金)があった場合のみ、借金の元本を減額できます。

任意整理のメリットとデメリットをもっと詳しく知りたい方はこちら

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てをすることで、生活を立て直せるようにする手続きのことです。

これは民事再生法という法律に基づいた手続きで、借金総額の3分の1から5分の1程度まで減らすことが可能です。
原則すべての借金が対象となりますが、自己破産と比べて職業の制限がなく、住宅ローン特則を適用することで家を手放さずに大幅な借金の減額が可能です。

定期的な収入がある人が対象です。

持ち家をのこして借金を減らせる、個人再生についてもっと詳しく

自己破産とは

自己破産とは国が作った救済制度で、裁判所に借金の返済が不可能なことを認めてもらい、法律のもと、借金の返済を免除してもらう手続きのことです。

借金は帳消しになりますが、住宅や車などの高額な財産は手放すことになるなどデメリットもあります。
債務整理の中でも効力が1番高いですが、一部の職業につけなくなります。

今後の収入は生活費に当てることができるので、借金をなくして新たな生活をスタートさせたいという方にむいています。

自己破産したあとどうなる?こちらも合わせてお読みください

過払い金請求とは

過払い金とは、本来は支払わなくてもよいのにも関わらず、貸金業者に払いすぎた利息のことを指します。

利息制限法の上限である20%を超える金利に関しては、契約書を交わしていたとしても基本的に無効になります。
すでに完済している場合でも過払い金は返還請求が可能です。

特に2007年以前から借金をしていた場合は、過払い金請求ができる可能性がありますので、債務整理を検討している方は過払い金があるかどうかも一度確認してみるとよいでしょう。

過払い金請求にデメリットはない!過払い金請求の成功術はこちら

レイク(新生フィナンシャル)の債務整理の条件や基準

レイク債務整理の条件

任意整理の条件

任意整理は裁判所を介さない直接交渉による手続きなので、法的に決まった条件はありません。
しかし、レイクなどの消費者金融では3年から5年で残った借金を分割で返済することになります。

そのため、安定した収入がない場合や他社からも多額の借金をしていて、分割での返済ができないと判断された場合は、任意整理を断られる可能性があります。

個人再生の条件

個人再生は自己破産のように借金が全てなくなるわけではありません。
借金を減額してもらったあと、残りを返済する必要があるので、安定した収入があり、3年から5年での分割返済が可能なことが条件になります。

小規模個人再生の手続きには債権者(貸金業者)の同意が必要なため、レイクなどの消費者金融に小規模個人再生を認めてもらうには、安定した収入があることに加え、住宅ローンを除いた借金の総額が、5000万円を下回っている必要があります。

自己破産の条件

自己破産で借金を免除してもらうには、裁判所に破産を宣告してもらい、加えて免責の手続きが必要になります。

レイクなど消費者金融に対し自己破産をするためには、裁判所に支払い不能の状態であることを宣告してもらう必要があります。

収入や財産の有無、借金の総額などから返済能力を判断してもらい、破産宣告と免責許可の二つが揃うことで、自己破産として借金が免除になります。

過払い金請求の条件

過払い金請求とは、利用者が貸金業者に対して、支払いすぎていた利息の返還を求める手続きのことです。
一般的には弁護士や司法書士に依頼しておこないます。

レイクは、2007年12月2日以前まで、利息制限法を超える高金利で貸し付けをおこなっていました。
そのため、2007年12月2日以前にレイクから借金をしていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。

新生銀行に買収されて以降は、経営状態が安定しているため、過払い金請求に対しての対応は柔軟で、戻ってくる金額も他の消費者金融より多い傾向があります。

レイク(新生フィナンシャル)の債務整理のデメリットやリスクとメリット

レイク債務整理のデメリット・メリット

レイクに債務整理をするデメリットとリスク

レイクに債務整理をする際には、デメリットもあります。

債務整理をおこなうと、信用情報機関に事故情報が登録されます。
俗に「ブラックリストにのる」といわれるものですが、ブラック入りすると新たな借入れができなくなります。
ローンを組むことやクレジットカードの利用もできなくなります。

ただ、もうこれ以上新たに借金を増やせなくなることは、前向きに考えてメリットと捉えることもできるでしょう。

5年~10年で信用情報の登録は削除されるので、削除されてからであればローンやクレジットカードの審査に影響はありません。

信用情報から事故情報が削除されてもレイクからの借り入れは一切できなくなる可能性があります。
これは信用情報機関に関係なく、レイクが自社で管理する社内情報で、レイクに債務整理をした利用者が記録されているためです。

レイク(新生フィナンシャル)に債務整理をするメリット

レイクに債務整理をするメリットとして、借金が減額や免除になるため、借金返済に追われて何もできない生活を立て直すことができます。

債務整理をおこなった際に過払い金が発生していることがわかれば、過払い金請求をすることができます。
過払い金請求ができれば、取り戻した過払い金で借金の元本返済に充てることができます。
場合によっては完済したうえでお金が戻ってくることもあります。

また弁護士や司法書士に依頼をすると、取り立てや催促をとめることができます。
一時的ではありますが生活に余裕ができるので、この期間に生活を立て直す準備を整えることもできます。

レイク(新生フィナンシャル)の債務整理の手続きの流れと期間

レイク債務整理の期間

任意整理の手続きの流れと期間

レイクの借金を任意整理するときの手続きの流れとしては、一般的には司法書士や弁護士などの専門家に依頼することになるので、最初に任意整理の委任契約を専門家と結びます。

その時点で専門家からレイクに受任通知が送られるので、利用者への借金の催促は止まります。

次に、専門家はレイクから取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づく金利にて利息の再計算をおこないます。
過払い金があれば借金から差し引いて、残りの借金額を出します。

その後、専門家がレイクと直接交渉することになります。
交渉が成立すれば、将来利息のカット、返済計画の見直しなどがおこなわれますが、交渉期間はスムーズにいって3ヶ月程度、交渉が長引いた場合は6ヶ月程度かかります。

和解成立後は返済計画に基づいて借金の返済が開始されますが、過払い金が借金元本を上回っている場合は、完済することができます。

個人再生の手続きの流れと期間

レイクの借金で個人再生手続きをする流れとしては、司法書士や弁護士などの専門家に依頼し委任契約を結びます。

その時点で専門家からレイクに対して受任通知書を送付するので、依頼者に対して借金の取り立ては止まります。

その後、裁判所へ申立をおこない、裁判所により個人再生委員が選出されます。
依頼者は個人再生委員と面接をおこないます。

面接により個人再生の要件が揃っていることが確認されれば、申立て手続きの開始が決定され、債権の届け出がおこなわれます。
確定した債権額(借金額)をもとに再生計画案が作成されます。

裁判所により再生計画案が認可されれば、その後、再生計画案に従い返済していくことになります。
一般的に、個人再生の申立をしてから確定するまでは約4ヶ月から6ヶ月の期間がかかります。

自己破産の手続きの流れと期間

自己破産をおこなう場合の手続きも、専門家に依頼するのが一般的です。

まず地方裁判所に対して破産手続きの開始と免責の申立をおこないます。
その後、裁判所が債務者に対して借金をした経緯などのヒアリングをおこない、同時廃止になるか破産管財になるかが判断されます。

裁判所の判断により、債務者が借金の支払い不能であることが確認されると、破産手続きが開始されます。

管財事件となった場合は、破産管財人によって、破産者の財産の処分がおこなわれ、債権者(貸金業者)への配当として配分されます。

破産手続きが終了すると、破産者に対して裁判所の面接があり、その結果により免責許可の決定を出すかを判断します。
免責が決定し、債権者の異議申し立てがなければ、免責決定書が送付されます。

手続きにかかる期間としては、同時廃止の場合4ヶ月~5ヶ月、少額管財事件の場合は5ヶ月~7ヶ月です。

過払い金請求の流れと期間

レイクに対する過払い金請求は個人でもできますが、手間と時間がかかるため、司法書士や弁護士などの専門家に依頼する人のほうが圧倒的に多いです。

レイクに対して、取引履歴の開示請求をおこないます。
取引履歴が届いたら、法定利息に基づき、違法に払いすぎた利息を計算する「引き直し計算」をします。

過払い金が判明した場合は、レイクに交渉し過払い金請求をおこないます。

期間としては、自分で過払い金請求をおこなった場合は約4ヶ月〜8ヶ月かかります。
司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合は、約1ヶ月〜3ヶ月程度です。

もし、レイクとの話し合いによる交渉で金額に納得ができなかった場合は、裁判に訴える手段もあります。
その場合には、約6ヶ月〜1年の期間がかかります。

レイク(新生フィナンシャル)について

レイクについて

レイクは、かつては貸金業法に基づく貸付をおこなっていた消費者金融業者でしたが、新生銀行に吸収されたことで、新たに銀行カードローンとして生まれ変わりました。

金利面では消費者金融と同等の利率が適用されていますが、貸付の法的な根拠は銀行法となるので、総量規制の対象外です。

審査次第では、年収の1/3を超える貸付も可能となります。
審査に際して求められる収入証明書の提出は、法律に則ったものではなく、新生銀行の規定に基づき必要と判断された場合のみです。

まとめ

レイク債務整理についてまとめ

債務整理をおこなえば、レイクをはじめ、消費者金融やクレジットカード会社からの借金返済の負担を減らすことが可能です。

どのくらい借金を減らすことができるか、費用はどの程度か、どのくらいの期間で手続きが終了するかは債務整理の方法や依頼する専門家によって異なります。

債務整理のデメリットとして共通しているのは、信用情報に債務整理をした事実が登録されるということです。
俗にブラックリストといわれるものですが、5年~10年程の間、クレジットカードの利用やローンの審査が通らなくなります。

当面は現金払いの生活になりますが、これ以上借金を増やさずにすむということはメリットと捉えることもできます。

債務整理は、自身の収支を見直し、生活を立て直すための手段であるという正しい認識を持つことが大切です。

債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ
ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 債務整理のお問い合わせ

page top