過払い金請求でブラックリストに載る条件と載らない方法

過払い金請求をしたくてもブラックリストに載るリスクがあるため躊躇してしまうことがあります。しかし、過払い金請求をすると必ずしもブラックリストに載るわけではなく、載ってしまう条件と載らない条件があります。

ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードが使えなくなるなどのリスクもありますが、それ以上に過払い金請求をするメリットは大きいといえます。ここでは過払い金請求とブラックリストについての関係性を紹介していきます。

過払い金請求はブラックリストに載りません

過払い金請求は以下の場合、ブラックリストに載るリスクはありません。ただし、例外的にブラックリストに載ってしまう場合もあります。

ブラックリストとは

実は金融機関において「ブラックリスト」というものは存在しません。いわゆる「ブラックリスト」とは、信用情報機関に「事故情報」として載ってしまうことをいいます。

例えば、クレジットカードを作ったりローンを組む際は、顧客情報が「信用情報機関」に登録されるため、引き落としができずに遅延してしまった場合などは「事故情報」が載ってしまいます。事故情報が載ることで個人の返済能力に問題があるとされ、信用情報が傷つく、ブラックリストに載ると呼ばれたりします。

「事故情報(俗にいうブラックリスト)」に載ってしまう主な条件としては、以下のものがあります。

ただし、この事故情報は一度載ってしまったらずっと消えないわけではなく、一定期間を過ぎると自然に消えるようになっています。

過払い金請求でブラックリストに載ってしまう条件

完済後の過払い金請求についてはブラックリストに載ることはありません。しかし、以下のような場合はブラックリストに載ってしまう可能性があります。

過払い金請求をしても借金が残ってしまう場合

過払い金請求をしても借金がゼロにならない場合は、ブラックリストに載ってしまいます。それが例え1円だったとしても、事故情報として登録されてしまいます。

現在返済中の過払い金請求を考えていてブラックリストに載りたくないならば、借金完済後、もしくは、残債があっても過払い金で借金がゼロになるようにあらかじめしっかりと過払い金額を計算して確認する必要があります。

過払い金額を確認するためには、貸金業者から取引履歴を取り寄せて利息の再計算(引き直し計算)をする必要があります。杉山事務所では、いくらの過払い金が発生しているか無料で診断していますので、お気軽にご相談ください。

クレジットカードのショッピング枠の利用がある場合

クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能の2つの機能があります。キャッシング機能は、お金を借りることなので『借金』とみなされ過払い金請求が出来ます。しかし、ショッピング機能はクレジット会社が一旦立て替えてくれる『立替金』とみなされるため、過払い金は請求できません。

過払い金請求をして戻ってきた過払い金がショッピング枠の残高より多い場合は、ショッピング枠の支払いに充て残りが手元に戻ってきます。過払い金よりもショッピング枠の残高が多い場合は、ブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカードのキャッシングに関する過払い金請求では、ショッピング枠の支払いが残っていないか必ず確認してください。リボ払いの場合でも、過払い金請求できるのはキャッシング利用のみになります。

過払い金請求手続き中の場合

過払い金請求の手続きをおこなうと、借金返済中の場合は手続き中ブラックリストに載ります。完済している場合でも一時的に「債務整理(コード32)」という情報として、ブラックリストに載ってしまうことがあります。

これは最終的に過払い金返還の合意が認められると抹消されますが、お手持ちのクレジットカードの更新が来るタイミングであれば、更新不可となることもあるので注意が必要です。

ブラックリストに載っているのか確認する方法

日本の信用情報機関は以下の3つが挙げられます。

貸金業者やクレジットカード会社は信用情報機関に加盟していて、貸し付けの審査の際などに情報を共有しています。上記3つの信用情報機関は連携しているため、ほぼすべての金融機関の信用情報が共有されています。

信用情報機関には本人の申し出によって契約内容や支払い状況、信用情報を開示して確認することができる制度(本人開示制度)があります。それぞれの機関のサポートセンターにて手続きすることができるため、信用情報が心配な場合は問い合わせてみてください。

なお、すでに信用情報に事故情報が載っていたとしても、過払い金請求や任意整理の手続きはできます。

ブラックリストに載ってしまうと発生するリスク

貸金業者は貸し付けなどの審査で事故情報などを確認しています。信用情報機関に事故情報が載っている(ブラックリストに載っている)場合には新たな借り入れやローンが組めなかったり、新しくクレジットカードも作れなくなる可能性が高くなります。

また、すでに持っているすべてのクレジットカードも更新のタイミングで利用できなくなる可能性があります。

新しくローンが組めない

「住宅ローン」「自動車ローン」「教育ローン」などの各種ローンの審査に通る可能性が極めて低くなり、ブラックリストに載っている期間はローンを組めなくなります。

新しくローンを組めないからといって「ブラックリストに載っていてもお金貸します」などといって勧誘してくる業者は、ヤミ金融業者の可能性もあるので、必ず金利を確認してから利用するようにしてください。

借入額に対する上限金利(年利)

借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

新しくクレジットカードが作れない

ブラックリストに載ってしまうと、新規クレジットカードの作成は困難になります。「返済能力がない」とみなされると審査に非常に不利ですが、必ずしも落ちてしまうわけではありません。審査基準はクレジットカード会社によって異なりますから、新しくカードが作れる場合もあります。

既存のクレジットカードが使えない可能性がある

原則として、過払い金の返還請求を行なったクレジットカードは解約され使えなくなってしまいます。請求先以外のクレジットカードも、更新のタイミングで「事故情報」を確認するため使えなくなる可能性が高くなります。キャッシング枠だけでなく、ショッピング枠も使えなくなります。

水道光熱費や家賃の支払いなどをクレジットカード決済している場合はカードが使えなくなる前に支払い先を変更しておく必要があります。公共料金や携帯代も滞納してしまうとブラックリストに載ってしまいますので注意が必要です。

過払い金請求をしてもブラックリストに載らない方法

借金を完済した後に過払い金請求をおこなう

完全に借金を完済した状態での過払い金請求は、ブラックリストに載ることはありません。複数の貸金業者から借金をしている場合でも、完済した貸金業者のみ過払い金請求することでブラックリストに載ることを回避することができます。

完済後の過払い金請求がブラックリストに載らない理由

過払い金請求をすると信用情報機関に「契約見直し(コード71)」が登録され、ブラックリストに載ってしまうリスクがありました。しかし、2010年4月19日に金融庁からの方針で「契約見直し(コード71)」が廃止されたことで、完済後の過払い金請求はブラックリストに載らなくなりました。

また、過去に過払い金請求で「契約見直し」としてブラックリストにすでに載ってしまっていても、現在はデータベースから削除されています。

貸金業者の合併には要注意

賃金業者には合併されているところもあるので、要注意が必要です。

例えば、A社とB社それぞれに借金をしているとします。返済中にA社はB社を吸収合併したあとに、A社に対して過払い金請求をした場合、完済の範囲はB社にも及ぶことになり、過払い金でA社及びB社の借金を完済しないとブラックリストに載ってしまいます。

2010年に法律が改定されてから、過払い金請求をする人々が増え、その結果、多くの賃金業者は倒産または吸収合併することになりました。

倒産した貸金業者の例
倒産した年 業者名
2009年 マキコーポレーション
2010年 武富士
2011年 SFコーポレーション、丸和商事
2012年 クラヴィス、NISグループ
2014年 クロスシード
2016年 栄光
2017年 ネットカード
吸収合併した貸金業者の例
吸収合併した年 吸収された貸金業者 吸収した貸金業者(現会社)
2009年 DCキャッシュワン アコム
2010年 新生カード アプラス
2010年 ポケットバンク プロミス
2011年 ライフカード(一部債権) アイフル

利用した貸金業者が吸収合併しているのか知りたい方は、杉山事務所までお気軽にご相談ください。

過払い金で借金を完済する

現在借金を返済中でも、戻ってきた過払い金で借金を完済できた場合はブラックリストに載ることはありません。その上、戻ってくる過払い金が多ければ手元に残るお金もあります。

過払い金で返済中の借金が返済できるかは、過払い金がいくら発生しているかを正確に計算する必要があります。杉山事務所ではいくらの過払い金が発生しているのかお調べすることができますので、お気軽に無料相談にてお問い合わせください。

過払い金があるのか調べるだけではブラックリストに載りません

過払い金請求は以下のような流れで手続きをおこないます。

ブラックリストに関わってくるのは、借金を完済している場合は、過払い金請求書を送った段階(③賃金業者に過払い請求をする)、返済中の場合で司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合は、受任通知を送った段階(①賃金業者から取引履歴を取り寄せる)からになります。個人で取引履歴を取り寄せ、過払い金が発生しているか確かめるだけではブラックリストには載りません。

返済中の借金でも、過払い金で完済できるかどうかが分かるので、事前に調べておくことはとても大切です。過払い金請求の手続きは自分でおこなうこともできますが、利息の計算を1円でも間違えてしまうと、過払い金請求を出来なくなることもあるので、注意が必要です。

過払い金請求はしないほうがいい?よくあるブラックリストの勘違い

インターネット上には、カードが作れなくなる、借り入れが出来なくなるといった誤情報が多いですが、必ずしもそうではありません。現在の法律では、過払い金請求で借金がゼロ(完済)になるのであれば、ブラックリストに載ることはありません。

借金を返済中に司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合、受任通知を送った時点で異動情報が登録されますが、過払い金の和解が成立した時点か返還された時点で異動情報は消え完済扱いになります。

周囲にバレることはない

過払い金請求の手続きを専門家の司法書士や弁護士に依頼すれば、家族や友人、職場にバレることはまずありません。ただし、ご自身で手続きを行なった場合や、過払い金請求に慣れていない事務所にお願いした場合は郵送物や電話での連絡、訪問などでバレてしまう可能性が高くなります。

杉山事務所ではプライバシー管理を徹底していますので、家族に内緒で手続きをしたい場合はご相談時にお伝えください。

過払い金請求をしても家族カードは発行できる

「家族カード」とは、自分の家族にだけ作れるクレジットカードのことで、配偶者、両親、子供が利用でき、契約者がまとめて支払いをおこないます。過払い金請求は家族に影響されません(借金の保証人の場合は除きます)ので、配偶者のクレジットカードから「家族カード」を発行することができます。

また、口座から直接引き落としがかかる「デビットカード」や、4万円の保証金を支払うことでETCのみで利用できる「ETCパーソナルカード」も過払い金請求をしていても発行することができます。

ブラックリストは5年程度で消える

万が一ブラックリストに載ってしまったとしても、5年〜10年経つと消えるようになっています。信用情報機関によって期間は異なりますので、以下を参考にしてください。

信用情報機関 任意整理 個人再生 自己破産
JICC 5年 5年 5年
CIC 記載なし※ 記載なし※ 5年
KSC 5年 10年 10年

※:司法書士や弁護士に依頼すると、受任通知が貸金業者に届いた時点で返済が止まるので、「延滞した」として異動情報が載ります。

なお、ブラックリストを早く消す方法などの情報がネット上でよくみられますが、早く消す方法はありません。金利の高い新しい借り入れやカードローンに誘導されることが多いため、注意してください。

ブラックリストに載っても影響を受けないもの

以下の場合は、通常通りの手続きが可能となります。

ブラックリストに載ると、日常生活に多くの支障が出ると思っている方も多いですが、個人の返済能力が関わっていること以外については全く影響ありません。

過払い金請求でブラックリストが心配なら

過払い金請求でブラックリストに載ることは基本的にありませんが、借金が残ってしまう場合はブラックリストに載ってしまいます。

現在返済中の方でブラックリストに載ってしまうことを心配しているならば、なるべくリスクのない方法で借金を減らせる手続きができる過払い金の専門家に相談することをおすすめします。

杉山事務所は月3,000件以上の相談・依頼があり、過払い金請求においては消費者金融が恐れる司法書士事務所としてビジネス誌「週刊ダイヤモンド」に掲載されました。ブラックリストについての相談も毎月多く寄せられております。

過払い金がどのくらい発生しているのかの診断や相談は無料でおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

過払い金請求・債務整理は無料相談をご利用ください。

ひとりで悩まず、まずは相談ください。 0120066018 0120068027 0120065039 0120069034 0120067009 0120070146 0120131025 0120678027 過払い金請求・債務整理のお問い合わせ

page top